河村正剛プロフィール!なぜタイガーマスク伊達直人は正体明かした?

2010年、全国で話題になった寄付活動「タイガーマスク運動」。

そのタイガーマスク運動を開始した男性「河村正剛」さんが素顔と正体を明かしました。

なぜ彼は「タイガーマスク運動」を開始したのか?

そしてなぜ今、彼は正体を明らかにしたのか?


スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

下のリンク記事は別タブで開きます。

「大島薫って誰?ホリエモンと本当に交際しているのか?」の記事はコチラ

■目次

タイガーマスクの正体「河村正剛」がリングイン!

タイガーマスク運動とは?

「河村正剛」プロフィール!なぜタイガーマスク運動を開始したのか?

なぜ今リングに上がって素顔を明かしたのか?

本日のまとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。


目次にもどる

■タイガーマスクの正体「河村正剛」がリングイン!

2016年12月7日、後楽園ホール「リアルジャパンプロレス」の興行「初代タイガーマスク35週年記念大会」。

この佐山聡のプロレス復帰大会で、一人の男性がリングに上がりました。

彼の名前は「河村正剛」。

2010年のクリスマスに児童養護施設にランドセルを寄付し、「伊達直人」と名乗って話題になった人物。

彼の寄付活動は全国に波及し「タイガーマスク運動」と呼ばれました。

その「伊達直人」の正体、「河村正剛」さんが「リアルジャパンプロレス」のリング状でコメントしたのです。

「子どもたちのために泣き、子どもたちのために笑う。子どもたちのために生き、死んでいった伊達直人。

そして今から6年前。2010年のクリスマス。僕はランドセル10個を用意して、群馬県前橋市にある中央児童相談所というところに、伊達直人の名前を添え、メッセージをつけて、入り口でプレゼントさせていただきました。」

彼はその後、初代タイガーマスク佐山聡さんが理事長を務める「初代タイガーマスク基金」の理事として活動しているみたいです。

佐山聡さんは、2005年3月に「リアルジャパンプロレス」という団体を設立した頃から、児童支援の活動をなさっておられます。

そして2011年11月、佐山聡さんは「初代タイガーマスク基金」を設立しています。

ちなみに、「初代タイガーマスク基金」とは別に、2011年3月1日、「タイガーマスク基金」が設立されています。

河村正剛さんはリング上で最後にこうおっしゃっておられます。

「全ての子供達へ。生まれてきてくれてありがとう。健やかに成長してくれることを願っています。これからもがんばってね」

子どもたちのために、という信念を貫いて活動してきた河村正剛さんが言うと、言葉に重みを感じます。

タイガーマスク運動・・・・まずはこの運動をおさらいしてみましょう。


sponsored link


目次にもどる

■タイガーマスク運動とは?

タイガーマスク運動とは?

それは2010年のクリスマスから始まりました。

2010年クリスマスの朝、群馬県前橋市の群馬県中央児童相談所の前にランドセル10個が置かれていました。

それをきっかけとして、全国の児童養護施設に寄付が相次ぎ、一連の寄付活動は「タイガーマスク運動」、又は「タイガーマスク現象」と言われるようになりました。

寄付された物品は「ランドセル」「プラモデルなどのおもちゃ」「文房具」「現金や金塊」など様々。

しかも、寄付する人は「伊達直人」という名前のみならず「矢吹丈(あしたのジョー)」「スピードワゴン財団静岡支部(ジョジョの奇妙な冒険)」などの漫画キャラクターや組織名を名乗った寄付も存在していたらしいです。

東日本大震災の時には、「ルパン三世」を名乗る寄付もあったとか。

挙句の果てには「寒ぶりを愛する男」なる人が、「寒ぶり2尾」「現金1万円」を寄付したそうです。

2010年のクリスマスに始まったこの「タイガーマスク運動」。

2011年1月15日時点で、全国への寄付は1000件以上。

寄付されたランドセルは750個。

現金や商品券は3200万円。

2010年の寄付総額は4000万円だったので、2週間で1年分に相当する寄付が集まったことになるとか・・・・。

ただ、児童養護施設からすると、ランドセルは子供の好みに合わせて新品をプレゼントしたいということと、学用品はそれほど困っていないので、寄付なら現金がありがたいとしていました。

とはいえ、このタイガーマスク現象で、寄付が一気に集まったことも事実です。

河村正剛さんのランドセル10個には大きな意味があったということでしょう。


sponsored link


目次にもどる

■「河村正剛」プロフィール!なぜタイガーマスク運動を開始したのか?

河村正剛さんのプロフィールをご紹介させて頂きます。

ただ、一般人ということもあって、不明な点も多いので、そこんところはご勘弁下さいませ(T_T)

名前・・・・・・河村 正剛

年齢・・・・・・43歳(2016年12月現在)

出身地・・・・・福岡県(出生地は大分県??)

住所・・・・・・群馬県前橋市

引用元ウィキペディアより

河村正剛さん・・・・職業は会社員。

彼は幼い頃に母親を病気で亡くされ、父とは縁を切ってしまったそうです。

そして幼い頃は、親戚の家を渡り歩く日々を送っていたらしいです。

その生活はかなり過酷だったとか。

預けられた親戚の家で、

「お前の存在のせいで家庭がぎくしゃくする」

と言われ

「生まれてきてごめんなさい」

と無理矢理謝罪をさせられた事もあったみたいですね。

彼はその体験をきっかけに、自分と同じ子どもたちを助けたいと志したのだそうです。


sponsored link


その後、彼は上京して就職。

足立区の施設に対して寄付を開始したのですが、そこに入所する前の「一時保護所」にいる子供は学校にいけないことを知りました。

河村正剛さんは自宅近くの児童相談所に、深夜にランドセルを並べて置いてきたとか。

彼は、この行動が後に「タイガーマスク現象」と呼ばれる活動に発展するとは想像すらしていなかったと言っています。

ちなみに、この河村正剛さんが置いたランドセルについて、児童相談所の職員は、当初、「パチンコ屋がやったこと」だと思っていたそうです。

それは「タイガーマスク」を題材にした「パチンコ台」が当時話題だったことと、前橋市にはパチンコ関連の工場などが多かったことが理由。

実際には会社員の河村正剛さんだったんですね。

河村さんは2012年、佐山聡さんと出会い、彼が行っている「初代タイガーマスク基金」に理事として参加しています。

そして、2016年12月7日、彼は「リアルジャパンプロレス」のリング上でコメントしたのです。

ところで河村正剛さんは、なぜこのタイミングで正体を明かしたのでしょうか?


sponsored link


目次にもどる

■なぜ今リングに上がって素顔を明かしたのか?

河村正剛さん。どうして今、正体を明らかにしたのか?

その理由は「タイガーマスク現象」が沈静化してしまったから。

ちなみに文部科学大臣だった元プロレスラー「馳浩」さんは

「この運動を一過性のものにしてはいけない」

とおっしゃっておられましたが、2011年2月頃には「伊達直人」を名乗る寄付はほとんどなくなってしまったらしいですね。

河村正剛さんは、タイガーマスク運動が以前の様にされていないことを残念に思っているのだそうです。

「タイガーマスク現象」は2011年1月下旬頃にピークとなって、2月下旬にはほとんどなくなったという地域もあるということです。

しかし、全国には、その後も「タイガーマスク運動」が続けられている地域もあるみたいですが・・・。

河村正剛さんの「正体を明かす」という行動には、ネット上で賞賛の声が多数上がっていました。

「素晴らしい」

という声が圧倒的でしたね。

中には

「正体を明かすべきではなかった」

という声もありましたが、河村正剛さんのこの行動は、おそらく「タイガーマスク運動」を思い出させるきっかけとなるでしょう。

河村正剛さんは、正体を明かす前に、「顔を明かすべきかどうか」を考えたのではないでしょうか。

それでもなお、正体を明らかにすることを選んだということは、きっと想像を絶する覚悟で、本気で「タイガーマスク運動」を活性化させようと思っておられるのではないでしょうか。

その覚悟は賞賛を受けるべきものなのかもしれません。


sponsored link


ちなみに、ある作家さんが

「寄付するのなら、自分で稼いだ金で行うのが筋というもの。

未成年が保護者にもらった金を寄付して、いいことをしたと勘違いするのはイカン」

というようなことをおっしゃっておられたとか。

かなり以前耳にしたことで、定かではありませんが、マザー・テレサに対して、小さな子供が自身のおやつを集めて寄付したことがあったそうです。

たとえお小遣いだろうが不労所得だろうが、施設の子供たちのために利用できるなら、それは問題ないのではないでしょうか。

「いいことをした」と自己満足に浸ることにも、何の問題もないと拙僧は思います。

その時に経験した誇らしい気持ちが、大人になった時に「自らの所得による寄付」という形につながれば、幼いころの不労所得による寄付も大きな意味を持つことでしょうしね。

もちろん違法行為をして手にしたお金を寄付されると問題があるとは思いますが・・・・。

河村正剛さんほどの高潔さ。拙僧も見習わなければと思い、自らを恥じるばかりです・・・・。

最後に河村正剛さんが理事を務めておられる「初代タイガーマスク基金」のサイトへのリンクを貼っておきます。

リンク記事は別タブで開きます。

「初代タイガーマスク基金」のサイトはコチラ

 

 


sponsored link


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・「タイガーマスク運動」の火付け役「河村正剛」さんが自らの正体を明らかにした。

・タイガーマスク運動とは、アニメ「タイガーマスク」の主人公「伊達直人」を名乗った寄付運動。

・河村正剛さんは福岡県出身で、幼いころに親戚の家で辛い経験をしたらしい。

・彼が正体を明かしたのは、タイガーマスク運動の活性化のため。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「ほっしゃんが引退を即撤回したのはなぜ?干された原因はなに?」の記事はコチラ

「真珠湾攻撃の真実をわかりやすく説明!日本軍は卑怯ではなかった?」の記事はコチラ


sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る