流星刀の切れ味や価格が気になる!展示場所はどこ?

 明治の偉人「榎本武揚」が所有していた「流星刀」

隕石に含まれる鉄「隕鉄」で製造されたこの「流星刀」

切れ味とお値段は?

どこにいけば、流星刀を目にすることが出来るのか?

判明しました!!


スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

流星刀の切れ味は?

価格は?

展示場所はどこ?

まとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

■流星刀の切れ味は?

 

流星刀を奉納

明治の偉人「榎本武揚」の子孫が、北海道・小樽市にある「龍宮神社」へ、「流星刀」を奉納しました。

流星刀とは、「隕石に含まれた鉄(隕鉄)」を利用して制作された「刃渡り19cmの日本刀」のこと。

元江戸幕府の家来だった「榎本武揚」が、家宝として保管していた刀。

彼は「対ロシア」の外交官として相当に優秀な人物でしたが、ロシアに赴任していた際に「隕鉄で制作した刀」を目の当たりにし、あこがれを抱いて隕石を購入。

その隕鉄から「5本」の日本等を制作し、一本は行方不明となりましたが、天皇家・東京農業大学などにあると言われています。

意外とナマクラ?

この流星刀の切れ味は?

残念なことに意外と「切れ味はよくない」と言われているようです。

なぜなら、それは「隕鉄」の質がそれほどよくないから。

「宇宙からやってきた鉄」ということで「ロマン」には溢れていますが、威力は伴っていないみたいです。

残念ですが、「アニメ」や「ファンタジー」並みの威力は「流星刀」には備わっていません。

■価格は?

流星刀のお値段は、いくら位なのでしょうか?

「榎本武揚」が所有していた「5本」の刀には、値段がついていません。

例えば、有名な「岡崎正宗」作の刀「正宗」は、国宝級であり、現在個人で取引すれば、「数億円規模」と言われています。

隕鉄で制作された刀、と言うのは、希少価値が高いとは言え、現在でも製作可能です。

実際、北アメリカ大陸の局地に生息している先住民は、鉄を作り出す技術が無く、仕方ないので「隕鉄」を使って「鉄器」をつくっていたと言われています。

現在では制作不可能な「正宗」と、一応「隕鉄」さえあれば制作できる「隕鉄の刀」。

おそらくその値段は「正宗」ほどではないと思われます。

実は、2006年に「大野義光」という刀工が制作した「隕石刀」は、「刀の蔵」というサイトで販売されていたみたいです。

なんとそのお値段は2015年時点で「180万円

案外お手頃価格ですね・・・。

それほど人気ではないのかもしれません。


sponsored link


■展示場所はどこ?

「流星刀」はどこに展示されるのか?

実は、流星刀が奉納された「龍宮神社」では、展示を予定していません。

とはいえ、「織田信長」や「今川義元」が所有していた「義元左文字」という刀も、建勲神社に奉納された後、度々博物館などで展示されていますので、そのうち「流星刀」の展示も行われるかもしれません。

龍宮神社に奉納された「流星刀」の他にも、同じ隕鉄から制作された刀が、他に「4本」ありましたよね。

「天皇家」「東京農業大学」にて保管されているのですが、1本は戦争で行方不明。

残りの一本は「富山市科学博物館付属・富山市天文台」に保管されています。

名前は同じく「流星刀」。全長29cmで、龍宮神社に奉納された代物よりも10cmほど長いです。

この流星刀ですが、2017年4月~5月7日までの間、展示されていました。

2015年には「東京の森美術館」で「流星刀」が展示され痛そうです。

現在「展示」の予定はどこでも行われていないようですが、おそらく「富山市科学博物館付属・富山市天文台」での展示が最も可能性が高いでしょう。

「レプリカ」でしかありませんが、どうやら「東京農業大学・実学の杜」というところに「流星刀」が展示されているみたいですね。


sponsored link


■まとめ

本日の記事をまとめますと

・榎本武揚の子孫が「隕鉄」から製造した日本刀「流星刀」を奉納した。

・流星刀の切れ味は、イマイチ。

・流星刀の値段は不明。隕石刀のお値段は「180万円」

・展示の予定はないようだが、「富山市科学博物館付属天文台」で一時展示されていた。

・「東京農業大学」にて、レプリカが展示されている。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ
「加計学園問題まとめ!最新情報を随時更新・黒幕と真相を徹底解明!」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る