金正恩が横田めぐみさんの息子?2人が親子という噂の真実を徹底調査

北朝鮮の独裁者「金正恩」

そして、拉致された日本人「横田めぐみ」さん

インターネット上では「2人が親子である」という噂がされているようです。

真実を調査して、報告いたします。


スポンサーリンク

「生臭寺院」にようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

この記事をざっくり言うと

・横田めぐみさんが「金正恩」の母という噂が広まっている

・「金正恩の母が日本人」という噂が、以前からささやかれていた

・横田めぐみさんが帰国できないのは、金一族の秘密を知ってしまったから・・・と噂されている

 

■目次

金正恩が横田めぐみさんの息子という噂!その真相は?

なぜこんな噂が広まったのか?

金正恩の母は、日本人?

横田めぐみさんの真実!帰国できない理由と彼女が握った秘密

北朝鮮の最新動向を解説!「悪魔の化身」がアメリカ大統領補佐官に就任

まとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

■金正恩が横田めぐみさんの息子という噂!その真相は?

1977年11月15日、新潟の町から、当時13歳の横田めぐみさんが「北朝鮮」へ不当に拉致されました。

そんな横田めぐみさんが、2018年4月現在の北朝鮮トップを務める「金正恩」委員長の「母親では?」という噂がされています。

結論から言えば、「横田めぐみ」さんが金正恩の母という説は、笑い話にもならない酷いガセです。

金正恩が産まれたのは、1984年で、母親は「高英姫(コ・ヨンヒ)」という人物。

この「高英姫」という人は、金正恩の他にも、「金正哲」と「金与正」という2人の子供を出産しています。

ちなみに「金正恩」の父「金正日」には、7人の子供がいます。

長女「金恵敬」

長男「金正男」

次女「金雪松」

三女「金春松」

次男「金正哲」

三男「金正男」

四女「金与正」

金正日には、生涯に「4人の妻」がいました。その内「高英姫」氏は「四番目の妻」でした。

高英姫氏が出産したのが、「金正恩」氏なのです。

横田めぐみさんが「金正恩の母」なんていうのは、あり得ない話なのです。


sponsored link


■なぜこんな噂が広まったのか?

それにしても、どうして「横田めぐみさんが金正恩の母」なんて噂が広まったのでしょうか?

おそらくですが、それは「金正恩の母」である「高英姫」氏の生い立ちが関係していると思われます。

実は金正恩の母「高英姫」氏・・・大阪で暮らしていた人なのです。

彼女は1952年に大阪で産まれました。

そこから北朝鮮に渡り、北朝鮮の平壌芸術大学へ進学。その後「喜び組」に入団して金正日のお気に入りになった・・・とのことです。

実は高英姫氏・・「日本人なのでは?」という噂があったのです。

そのため、息子の「金正恩」氏にも、「日本人の血が流れている」と噂されていました。

おそらくですが、「金正恩には日本人の血が流れている」という噂が独り歩きしたのです。

「日本人の血」というキーワードに、不当に拉致された「横田めぐみ」さんが引っかかり、「横田めぐみさんと金正恩が親子」なんていう意味不明な話が出来上がったのでしょうね。

何度も言いますが、金正恩の母は「高英姫」氏であり、横田めぐみさんではありません。

金正恩と横田めぐみさんには、ある接点があるという噂はありますが、親子なんてあり得ないです。

ちなみに2人の接点については、後述いたします。


sponsored link


■金正恩の母は、日本人?

ところで、「金正恩には日本人の血が流れている」という噂・・・本当なのでしょうか?

実は、金正恩の母「高英姫」氏は「大阪出身」なのです。

とはいえ日本人ではありません。彼女は「在日朝鮮人」でした。

高英姫氏は1952年産まれ。彼女の父親は1929年に日本へ渡っています。

そして1962年に、当時の帰国政策で、高英姫親子は北朝鮮へ帰国。

その後「平壌芸術大学」を卒業して、金正日に気に入られた・・・というわけです。

彼女はどうやら「金正日」に相当気に入られていたようです。

1998年に乳がんと診断され、抗がん剤治療を開始。しかし2004年に入院先の「フランス・パリ」で亡くなっています。

その知らせを聞いた金正日は、泣き崩れたとのこと・・・。

金正日は、彼女のことを「あゆみ」と、日本風に呼んでいたみたいですね。


sponsored link


■横田めぐみさんの真実!帰国できない理由と彼女が握った秘密

横田めぐみさんと、金正恩の間に、親子関係はない・・・ということははっきりしています。

しかし、二人の間に「何の関係もない」というわけではないのです。

実は「横田めぐみ」さんと「金正恩」には、ある繋がりが噂されています。

それは「先生」と「生徒」という関係。

これが、「横田めぐみさんがいつまで経っても帰国できない理由」ではないか?とも言われています。

横田めぐみさん・・・・北朝鮮の工作で亡くなったことにされ、北朝鮮が亡くなった証拠として送ってきた遺骨は「全くの別人のものだった」ということがありましたよね。

彼女を返すことが出来ない事情・・・参議院議員の「青山繁晴」さんが、教えてくれました。


sponsored link


横田めぐみさんが知ってしまった「金正日の子供」の真実

横田めぐみさん・・・金正恩の「日本語の家庭教師」をしていた・・という情報があります。

金正恩金正哲金与正の母「高英姫」が、金正日に対して

「子供達に日本語を勉強させたい」

と頼んだことがありました。彼女は日本育ちですから、子供達にも、自分が幼い頃から使っていた『日本語』を学ばせたかったのでしょう。

とはいえ、高英姫は事実上のファーストレディでしたので多忙。自分で教えるわけにもいかなかったのです。

金正日は最初、それを断りましたが、何度も頼み込まれて根負け。

北朝鮮にいる「日本人」を探してみたところ、「横田めぐみ」さんが「家庭教師」として採用されることとなったのです。

なぜ彼女が?

その理由は、「金正日の母親に顔立ちが似ていたから」と、一説によると言われています。

はっきりとはしていませんが、「横田めぐみ」さんは、金正哲・金正恩・金与正へ日本語を教えることに・・。

そこで彼女は、ある秘密を知ってしまったのでした。

彼女は金正日の子供達に「日本語」を学ばせるとともに、それ以外のことも教えたと考えられています。

参議院議員の青山繁晴さんが言うには、そこで彼女は金一族の秘密を知らされる事となったらしいです。

それは、「金正日の子供達の中に、反乱分子がいる」という事実。

横田めぐみさんは、素晴らしい人格の持ち主で、それに心酔した「金正日の子供の1人」が、本心を彼女に打ち明けてしまうのです。

それは

「北朝鮮国民を飢えさせている父・金正日を許せない」

「父を尊敬できない」

ということ・・・。

誰が言ったのか、はっきりしていませんが、おそらくこの言葉は、北朝鮮トップの「金正恩」や「金与正」ではなく、「金正哲」が放った言葉でしょう。

「金正哲」は、その行方が明らかになっていない日陰の存在。おそらく「反乱分子」であったがため、後継者候補から外されて、現在も行方がはっきりしないのだと考えられます。

彼女は、「金一族の中に、北朝鮮の独裁体制を批判する人物がいる」ことを知ってしまったため、帰国出来ずにいる・・・・・ということです。

何と言っても、北朝鮮では神にも等しい「金正日」を、その血を継ぐ子供が否定してしまった・・・しかも否定させたのが、日本から拉致した1人の女性・・・・。

それほど金一族は弱々しい存在だ!と知られるわけにもいかないですし、彼女が日本へ帰国したら、「金一族を改心させた英雄」として扱われ、北朝鮮への「プロパガンダ(政治的宣伝)」に利用されます。

北朝鮮としては、彼女を絶対に帰国させるわけにはいかないのです。

とはいえ、横田めぐみさん・・・日本人の手で、絶対に救出しなくてはならない方です。それがならなくては、日本は「国民を守ることも出来ない、もはや国家ではない」というところまで堕ちてしまうことを意味するのですから。


sponsored link

 

■北朝鮮の最新動向を解説!「悪魔の化身」がアメリカ大統領補佐官に就任

実は北朝鮮、2018年現在、非常に追い詰められています。

その理由は「悪魔の化身」と呼ばれた男が、アメリカの大統領補佐官に就任したから。

悪魔の化身「ジョン・ボルトン」・・・・イラク戦争の際に、「大量破壊兵器」という有りもしない名目で戦争開始を主張し、「独裁者サダム・フセイン」を葬り去った主要人物。

「嫌いな戦争はない」

と豪語し、自らのデスクには「手投げ弾」をオブジェ代わりに飾っていた「超武闘派」

この人物に対して北朝鮮は、恐怖した歴史があるのです。

イラク戦争の際に、北朝鮮のトップ「金正日」が、突然行方不明になったという有名な話があるのです。

なぜ行方不明になったのか?その理由は、何の名目も口実もない「イラク戦争」を起こしてまで、1人の独裁者を葬ったアメリカに恐怖し、地下深くのシェルターで震えていたとのこと。

ジョン・ボルトン・・・この名前は、北朝鮮のトップ達に深く記憶されることとなったのです。

そのジョン・ボルトンが、トランプ大統領の「大統領補佐官」に就任

「悪魔の化身」と呼ばれたボルトンに北朝鮮は震えているでしょう。

公式チャンネル「BBC News Japanチャンネル」より

この人事は、トランプ大統領からの北朝鮮へのメッセージです。

「2018年5月末までに予定されている『米朝首脳会談』で、非核化が実現しなかったら、今度こそ戦争だ!次はない」

ジョン・ボルトン・・・・間違いなくトランプ大統領に『戦争』を勧めています。

北朝鮮で開戦する前に、拉致被害者を全員救出しなくてはなりません。

拉致被害者まで危機にさらされる可能性があるのですから。今が正念場と言っていいでしょう。

こんなときに「森友・加計学園問題」なんて、やっていてはいけないのです!!!


sponsored link


■まとめ

本日の記事をまとめますと

・横田めぐみさんと金正恩は、親子ではない

・金正恩の母「高英姫」氏は、大阪出身の在日朝鮮人

・横田めぐみさんは、金正日の子供に日本語を教え、思想を変えさせたため、帰国できないと言われている

・2018年現在、米朝の緊張状態は、非常に高まっている

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も、ぜひお役立てくださいませ。

リンク記事は別タブで開きます。
↓↓↓↓↓

「北朝鮮戦争秒読み2018年4月最新情報!100%の確率で夏に開戦?」の記事はコチラ
「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る