北朝鮮の経済状況を解説!漂流してでも冬の海へ漁に出ないと餓死!

北朝鮮の経済状況は、どんな状態なのだろうか?

2017年11月、北朝鮮からの漂着船が増加しましたが・・・。

なぜ北朝鮮からの船が増えたのか?その原因とは?


スポンサーリンク

「生臭寺院」にようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

この記事をざっくり言うと

・北朝鮮は、アメリカや中国の経済制裁で、飢餓・貧困に追い込まれている

・日本への漂着船が増えたのは「飢餓」と「プロパガンダ」が原因

・それでも、北朝鮮は崩壊しない

 

■目次

北朝鮮の経済状況はギリギリの状態

日本への漁船漂着が増加している理由

それでも北朝鮮は崩壊しない!なぜ?

まとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

■北朝鮮の経済状況はギリギリの状態

公式チャンネル「BBC News Japanチャンネル」より

北朝鮮には経済制裁は通用しない

そういう噂をよく耳にします。

しかし、北朝鮮に何の効果もないわけではないみたいです。

北朝鮮を、これまで影で支え続けてきた「中国」が、本格的に北朝鮮に対して経済制裁を適用。

アメリカ・中国が連携して北朝鮮を包囲する形となっています。

平昌オリンピックを政治利用して、北朝鮮との融和を演じている「韓国」が、人道支援の名目で北朝鮮へ資金を提供しようとしているため、包囲網には風穴が開いているものの、それでも北朝鮮は苦しい状況です。

北朝鮮の中国への輸出は止められ、更には石油の輸入も減ってきていると言われています。

2018年・・・北朝鮮は苦しい状況に追い込まれていることがわかります。

石油の密輸や、日本への漂着漁船の増加・・・これらの事実から予想するに、北朝鮮の経済状態はかつてないほどにボロボロ・・。

主要輸出品だった「中国への石炭輸出」も、停止されています。


sponsored link


■日本への漁船漂着が増加している理由

2017年11月・・・北朝鮮から日本の日本海側へ、複数の北朝鮮船舶が漂着しています。

どうやらそのほとんどが「漁船」のようです。

なぜいきなり、北朝鮮の漁船が日本へ漂着しだしたのか?

脱北するつもりはないみたいで、乗組員たちはその後、北朝鮮へ帰国していきました。

原因は簡単で「貧困」「飢餓」が、日本への漂着増加の理由です。

北朝鮮では、経済制裁によって食料が更に乏しくなっています。

そのため金正恩や国民は、食料確保に必死。

「厳冬期の海に出て漁をする者は英雄である」

というプロパガンダ(政府による宣伝)を、北朝鮮政府は強く押し出しており、それを受けて漁師たちは、厳しい日本海へ無理な漁へ出ている・・・というわけです。

日本の排他的経済水域・通称「大和堆」という漁場に、北朝鮮の漁船が殺到。

そのため、日本の漁師たちにも深刻な被害が出ているとも言われていますね。

北朝鮮は、この冬でかなりの人数が餓死したとも言われています。漁に出て、比較的豊富な海洋資源を獲得しないと、相当にマズイのです。

■それでも北朝鮮は崩壊しない!なぜ?

今回、中国も北朝鮮に対して経済制裁を施していますよね。

それでも、おそらく北朝鮮はギブアップしませんし、崩壊もしません。

なぜか?

その理由は、北朝鮮という国家の構造にあります。

北朝鮮は「独裁国家」

金日成・金正日・金正恩と、三代にわたって独裁者が統治しています。

日本では、民主主義国家ですので、国の舵取りをする人間は、間接的にではありますが、選挙で選ばれています。

しかし北朝鮮では、世襲・・つまり金一族が自動的に国家統治をする仕組みです。

これは何を意味するのか?

つまり、「日本では、国のトップは国民によって選ばれているため、当然ながらトップは国民のために存在し、国民のために仕事をしてくれるもの」です。

しかし北朝鮮ではこれが逆

「北朝鮮では、国のトップのために国民が存在し、国のトップのために国民が仕事をする」という仕組みになっているのです。

ですので、国民が最も大切ではないため、国民がいくら飢餓に苦しもうとも、北朝鮮は揺るぎないということ。

北朝鮮国民がいくら飢えていても、トップ金正恩が豊かな暮らしを維持できていれば、北朝鮮はビクともしないので、崩壊などあり得ないのです。

もしも軍が、金正恩に不満を覚えて、クーデターを起こしたら、北朝鮮は崩壊します。

しかし、軍がクーデターを起こせないように、北朝鮮軍には、特殊で複雑な命令系統が組み込まれています。

ですので、貧困を強いる「経済制裁」では、北朝鮮が崩壊する可能性は低いのです。


sponsored link


■まとめ

本日の記事をまとめますと

・北朝鮮は、中国が施した経済制裁のおかげで、さらなる飢餓・貧困に追い込まれた

・日本への漁船漂着が増えたわけは、北朝鮮政府の「プロパガンダ」と「飢餓」

・北朝鮮は、これだけ飢餓に苦しんでも、崩壊しないだろう

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も、ぜひお役立てくださいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

↓↓↓↓↓

「北朝鮮戦争秒読み2018年2月最新情報!100%の確率で夏に開戦」の記事はコチラ
「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る