北朝鮮の漁船漂着が増加した理由を解説!目的はスパイ上陸ではない?

急増している「北朝鮮・木造漁船の漂着」

どうして漁船の漂着が増えているのか?

その原因と、今後の動向を解説!

北朝鮮は、追い詰められているのか?それとも・・・。


スポンサーリンク

「生臭寺院」にようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

この記事をざっくり言うと

・北朝鮮の漁船が多数漂着している原因は、「北朝鮮の貧困」

・目的は、スパイ上陸ではない

・今後、北朝鮮漂着船は減る

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

■北朝鮮の漁船漂着が増えた理由

公式チャンネル「BBC News Japanチャンネル」より


最近、北朝鮮から日本へ「北朝鮮漁船」の漂着が急増しています。

2017年11月下旬だけで、北は「北海道・松前町」から、南は「石川県珠州市」まで、合計で「9件」の北朝鮮・木造漁船の漂着が確認されています。

しかも漁船に乗っていた人間は、瀕死の状態だったり、既にお亡くなりになっていたり・・・・。

どうして北朝鮮漁船の漂着が増えているのか?

原因は、一体何なのかを調査してみました。

結論から言ってしまうと、漁船が増えている原因は、「北朝鮮の貧困」

北朝鮮に対しては現在、アメリカと日本が主導し、中国も参加している「経済制裁」が発動中。

その為北朝鮮の国民は、これまで以上に貧困に苦しでいる状況。

北朝鮮は、この状況に追い詰められ、漁業を強く強く奨励しています。

金正恩が漁師たちに対して

「冬の荒れた海へ漁に出ていく漁師たちは、北朝鮮の英雄である」

とプロパガンダを行っているのです。それだけ国民の食糧事情が厳しいのでしょう。

漁師たちからすると、厳冬期の荒れた日本海へ漁に出ることは、命の危険を伴うので、行きたくはないはず。

でも「将軍様」に言われたからには、行かざるを得ない・・。

日本の排他的経済水域にある「大和堆(やまとたい)」と呼ばれる豊かな漁場で漁をするため、北朝鮮漁船は日本海へ出向してきます。

しかも北朝鮮の漁船は、一昔前の旧式木造船。荒れた日本海で、木造船・・・・かなり危険なはずです。

それでも漁に出なくてはならないのは、当然「北朝鮮が独裁国家」だから。

北朝鮮は、普通の国家と違って「独裁国家」。そのため、経済制裁で最初に苦しむのは、金正恩などの「国家元首」ではなく、主に北朝鮮国民などの弱者たち。

北朝鮮は、日本とは違い「国民のために国家元首がいる」のではなく、「国家元首のために国民がいる」という異常な国なので、経済制裁を施しても、国家元首は痛くも痒くもない。そう簡単にはギブアップしないのです。

北朝鮮の国民が飢餓に苦しめば苦しむほど、食料を求める動きは過激さを増していきます。

最終的に、北朝鮮からの難民という形で、周辺国へ殺到するはず。

その時、日本は・・・おそらく今とは比べ物にならないほど、漂着民に混乱させられることでしょう。


sponsored link


■スパイ上陸が目的ではない

北朝鮮からの漁船漂着・・・この真の目的は「北朝鮮工作員・・・すなわちスパイを上陸させることが目的なのではないか」と噂されています。

ですが、結論から言うと、「スパイ上陸」が目的とは思えません。

確かに、かつて日本海側の海岸に、ウェットスーツを着た北朝鮮工作員が上陸した!という事実があります。

それが後々「半魚人」などの都市伝説となるのですが・・。

話を戻しましょう。

しかし、今回の漁船漂着騒ぎの目的は、スパイ上陸ではない!とデイリーNKジャパンの「高英起」さんや、参議院議員の「青山繁晴」さんが断言していました。

なぜなら、「スパイ上陸の方法は他にもいくらでもある・・・長年訓練を施した、貴重な工作員をこれほど危険な方法で上陸させる必要がない」から。

「スパイ防止法」がない日本・・・「スパイ天国」と呼ばれた日本に上陸するために、わざわざ命をかける必要はない!ということでしょう。

日本は、北朝鮮から完全に甘くみられているのです。

もう一つの可能性!病原菌テロ?

北朝鮮漁民が漂着したもう一つの目的・・・それはもしかしたら「病原菌テロ」なのでは?という噂もあるようです。

先日北海道に漂着した北朝鮮の漁師・・・「結核」に感染していたことが判明しました。

参議院議員の青山繁晴さも、かつて国会で「北朝鮮による天然痘ウイルスを使ったテロ」の可能性を指摘していました。

ウィルスを使ったテロ・・・今回の「結核」は、感染する危険性が少なかったようですが・・・もしかしたら北朝鮮工作員は、同じ方法で日本へテロを仕掛けてくるかも・・。油断は禁物でしょう。


sponsored link


■今後も漂着船は増える?韓国の出方次第!

北朝鮮からの漂着船は、今後増えるのでしょうか?減るのでしょうか?

結論から言うと、減っていくはずです。

理由は2つ。

1つが、韓国が北朝鮮へ歩み寄りの姿勢を見せているから。

2つ目が、季節が穏やかな春に向かっていくため

平昌オリンピックで「南北合同チーム」を結成し、融和を演じている北朝鮮と韓国。

北朝鮮に対して、韓国は人道支援の名目で、金銭の支援も決めました。

更には、金正恩の妹「金与正」が、韓国・文大統領に対して

「北朝鮮へ来てほしい」

と要請し、文大統領もそれに乗り気。

南北の関係良好を演じるパフォーマンスで、北朝鮮は韓国から更なる支援を引き出すでしょう。

無茶な漁を奨励する必要もなくなるはず。

そして、季節は春に向かって気温も上昇していきます。

寒さも和らぐため、それほど無茶な漁をする必要もなくなるでしょう。

結果として、日本への漂着船は減っていくでしょうね。

■まとめ

本日の記事をまとめますと

・北朝鮮の船が日本へ漂着している原因は「経済制裁による貧困」

・北朝鮮工作員を上陸させることが目的ではない

・今後、北朝鮮の漁船漂着は、減っていくだろう

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も、お役立てくださいませ。。

リンク記事は別タブで開きます。

↓↓↓↓


sponsored link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする