魔の二回生(政治家)メンバーリスト一覧!不祥事・次は誰か大予想!

暴言と暴力の報道で話題になった「豊田真由子」議員。

彼女は「魔の二回生」と呼ばれる「当選二回」の国会議員でした。

他にも「不倫」やら何やらで、問題を起こした「魔の二回生」は多数います。

「魔の二回生」一覧表を作成してみました。

次にやらかすのは、一体誰なのか?


スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

■「魔の二回生」一覧

魔の二回生とは、「当選2回」の国会議員たちのことです。

自民党は、2012年9月の「第46回衆議院選挙」で176も議席を増やしているので、当選2回の方が多いのです

自民党「魔の二回生」

衆議院議員2回生

青山 周平

赤枝 恒雄

秋本 真利

阿達 雅志

穴見 陽一

安藤 裕

池田 道孝

池田 佳隆

石崎 徹

井上 貴博

井野 俊郎

井林 辰憲

今枝 宗一郎

岩田 和親

大岡 敏孝

大串 正樹

大野 敬太郎

大見 正

小倉 將信

小田原 潔

鬼木 誠

勝沼 栄明

勝俣 孝明

加藤 寛治

門 博文

門山 宏哲

金子 万寿夫

金子 めぐみ

神山 佐市

菅家 一郎

神田 憲次

木内 均

黄川田 仁志

工藤 彰三

熊田 裕通

古賀 篤

國場 幸之助

小島 敏文

小林 鷹之

小林 史明

小松 裕

今野 智博

斎藤 洋明

笹川 博義

佐々木 紀

島田 佳和

白須賀 貴樹

新谷 正義

助田 重義

鈴木 憲和

瀬戸 隆一

高木 宏壽

高橋 ひなこ

武井 俊輔

武部 新

武村 展英

田所 嘉徳

田中 英之

田野瀬 太道

田畑 毅

田畑 裕明

塚田 一郎

辻 清人

津島 淳

冨樫 博之

長尾 敬

中川 郁子

長坂 康正

中谷 真一

中村 裕之

中山 展宏

根本 幸典

野中 厚

橋本 英教

比嘉 奈津美

福田 達夫

福山 守

藤井 ひさゆき

藤丸 敏

藤原 崇

星野 剛士

細田 健一

堀井 学

堀内 詔子

前田 一男

牧島 かれん

三ッ林 裕巳

宮内 秀樹

宮川 典子

宮崎 政久

宮澤 博行

村井 英樹

八木 哲也

簗 和生

渡辺 孝一


sponsored link


参議院議員2回生

青木 一彦

石井 準一

石井 浩郎

石井 みどり

石川 昭政

礒崎 陽輔

いそざき 仁彦

猪口邦子

岩井 茂樹

上野 通子

宇都 隆史

江島 潔

大家 敏志

片山 さつき

金子 原二郎

佐藤 信秋

佐藤 正久

そのだ 修光

高階 恵美子

中西 健治

中西 祐介

西田 昌司

長谷川 岳

福岡 資麿

藤川 政人

古川 俊治

牧野 たかお

丸川 珠代

丸山 和也

三原 じゅん子

宮沢 洋一

森 まさこ

渡辺 猛之

不祥事起こした「魔の二回生」

最近不祥事を起こした自民党の「魔の二回生」は、合計で6名おられます。

武藤貴也氏

宮崎謙介氏

務台俊介氏

中川俊直氏

大西英男氏

豊田真由子氏

武藤貴也氏

未公開株を知人にすすめて金銭トラブルとなり、2015年8月に自民党を離党しています。

宮崎謙介氏

同じく国会議員の金子恵美氏を妻に持つ「育休議員」

国会議員として初めて育休を取ると話題になっていましたが、金子恵美議員の妊娠中に、元グラビアアイドルの「宮沢磨由」氏と不倫。

ある週刊誌に「今後死ぬまでずっと育休?」と言われたお方・・・。

務台俊介氏

「復興大臣政務官」で、台風10号による被災地視察で、長靴を忘れて、おんぶされて水たまりを渡っていました。

その後の政治資金パーティーで

「長靴業界はだいぶ儲かった」

と発言し、被災地の反感を勝っていました。

中川俊直氏

「経産大臣政務官」を務めておられた人ですが、不倫相手に対してストーカー行為をした!と報じられてしまい、政務官を辞任。

どうやら妻子がいるにも関わらず、会社員時代からの知り合いに行為を抱いてしまったのだとか。

奥様にはそのことを打ち明けて許してもらったそうです。

大西英男氏

自民党内の会合で、喫煙可能な飲食店ではたらくがん患者は厳しい環境にある!と発言した三原じゅん子氏に対して

「(がん患者は)働かなければいい」

と発言。

本人曰く

「もっといい環境で働かれた方がいい」

という意味だったらしいですが、ヤジ将軍と呼ばれ、数々のヤジを飛ばしまくってきた人ですので、信用してもらえていません。

豊田真由子氏

言わずと知れた暴言議員。

週刊新潮に、元秘書への暴言音声を暴露され、即自民党を離党。

その後、入院して雲隠れ。

元秘書は、警察に相談し、警察は捜査開始したとのこと。

下手したら逮捕・・・・まぁ、示談に持ち込むとは思いますが・・・・。


sponsored link


■暴言議員は、珍しくない

豊田真由子議員の報道で、想像を絶する暴言にびっくりした国民の皆様。

実は暴言議員はそれほど珍しくないのだとか。

参議院議員の青山繁晴さんが、かつて言っていました。

「パーティー券が売れないことで、秘書に激怒していた議員を何人も見てきた。」

と・・・・。

水道橋博士さんは、豊田真由子さんの暴言報道を見て

「珍しいことじゃない」

と発言していました。

自民党の河村建夫議員は、豊田真由子議員を擁護するためなのか、こんなことを言っていました。

「かわいそうだ。男性の衆議院議員なら、あんなのいっぱいいる、気持ちはわかる。」

後にSNSで発言を撤回していましたが・・・。

表に出てきていないだけで、暴言議員は珍しくないってことですね。

恐ろしいですが、これが現実なのかも・・・。なんだか残念です。

が、もしかしたら、「国会議員」だからというだけで尊敬に値する立派な人間だ!と勝手に思い込んでいるのが問題なのかも・・・。

国会議員・・・・ただ政治が得意な普通の人と考えたほうがいいかもしれないですね。


sponsored link


■次は誰がやらかすのか?

さて、気になるのは、「魔の二回生」の中で次は誰がやらかすのか・・・。

不穏な噂がでているのは、自民党の「橋本英教」議員。

彼は地元から「更迭してほしい」という単願書を出される程の問題人物であると報じられていましたが・・・。

どうやら「朝から酒を呑んでいる」とか、「中国人女性を議員宿舎に宿泊させていた」などと言われているようです。

ちなみに、議員宿舎に家族以外が宿泊することは、規則違反なのだそうです。

本人を直撃したマスコミによると、橋本英教議員は、

「宿舎の規則を知らなかった。彼女は中国に帰った」

と発言して、立ち去ってしまったのだそうです。

魔の二回生・・・・。

経験がなく、用心深く振る舞う「一回生」に比べると気が緩み、何度も当選したベテランほど経験豊富でもない・・・。

緩みがでてしまうのが「二回生」なのでしょう。

かつて週刊文春が「不倫ブーム」を巻き起こして、芸能人の不倫が賑わったことがありましたが、2017年7月現在、マスコミの間では「自民党の不祥事キャンペーン」をやっているように感じられます。

おそらくですが、このキャンペーンに乗って、今後マスコミは更に不祥事について気合を入れて取材していくことでしょう。

先日作家の「百田尚樹」さんが、マスコミの「偏向報道」について怒りの会見をしていましたが・・・罪のない国会議員が被害を受けないよう祈るばかりです。

不祥事・・・おそらく今後次々と明らかになるでしょうね。


sponsored link


■まとめ

本日の記事をまとめますと

・自民党の「魔の二回生」が話題になっている。

・最近6名の二回生が不祥事を起こしている。

・どうやら国会議員の暴言は珍しくないらしい。

・おそらくこれから次々と不祥事が明らかになるだろう。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。


sponsored link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする