籠池泰典氏の100万円返金はハリボテの白紙偽札!寄付の真相とは?

「森友学園問題」の渦中の人「籠池泰典」氏

安倍総理大臣から「100万円を寄付してもらった」と主張していた人物

そんな彼が、安倍昭恵夫人に「寄付してもらった100万円」の返還をしようとしてました

実はその100万円の束が、「ハリボテ」「偽札」「白紙」の束だった!

このことから垣間見える「安倍総理、寄付の真相」とは?

実は相手が「100万円を受け取るわけない」と確信した上での「パフォーマンス」でしかなかった!

「忖度とは?使い方と意味をわかりやすく安倍・森友学園と一緒に解説!」の記事はコチラ

スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

籠池氏が100万円返還へ

札束は、「ハリボテ」の「白紙」だった!

垣間見える「寄付」の真相

まとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

■籠池氏が100万円返還へ

公式チャンネル「ANNnewsCHチャンネル」より

2017年6月21日、森友学園の前理事長「籠池泰典」氏が、安倍総理の妻・昭恵夫人が経営する居酒屋を訪問。

かつて寄付されたと主張している100万円の返還をする目的で、店を訪れたそうですが、受取拒否をされてあえなく諦めたようっです。

籠池泰典氏は、設立を目指していた「瑞穂の国記念小学院」の寄付金について、

「安倍総理からの寄付金100万円が入っています」

と主張していました。

その後、自らの「補助金の不正受給」が次々と明らかになり、大坂地検特捜部の操作が始まり、追い詰められている状況です。

「【判明】森友学園問題の黒幕は誰?須田さんの推測と麻生太郎疑惑!」の記事はコチラ

sponsored link


■札束は、「ハリボテ」の「白紙」だった!

さて、籠池泰典氏が安倍昭恵夫人に変換しようとした「100万円の束」ですが、「実はハリボテ、白紙の束だった」という噂です。

実際100万円の束は、表と裏は1万円札でしたが、その間の紙束は「真っ白」で、白紙の束を重ねただけの代物だということが一目瞭然でした。

実際、その束を引き連れた記者に披露した際に、若手記者から「白紙の束ではないか?」と疑われていました。

もしも白紙の束だったとしたら、「100万円の束」は実際には表と裏の「2万円」しかないことになります。

だとしたら、そもそも100万円を変換するつもりがなかった、ということになります。

籠池氏は、現在「補助金返還」にお金を使い、結構苦しい懐事情のはず。

寄付金返還している場合じゃなくて、補助金返還しないといけないってのに、なぜこんな「紙束をつかったパフォーマンス」をしたのか?

そこから、「昭恵夫人の寄付」について真実が見えてきます。

「籠池町浪のツイッターアカウントは本物?「あの方」って一体誰のこと?」の記事はコチラ

sponsored link


■垣間見える「寄付」の真相

なぜ「籠池氏は紙束・偽物の100万円」を持っていったのか?

当然「100万円を、相手方が受け取らないと確信していたから」こそ、本物の100万円ではなく、紙束を持っていったのです。

ではなぜ「相手が受け取らない」と確信していたのか?

これは当然、「相手方が、寄付などしていない、と主張していたから」です。

ここで安倍昭恵夫人サイドが、100万円を受け取ったら安倍昭恵夫人は、「寄付した」ことを認めたことになります。

「立川志らく」のツッコミ

「ひるおび!」に出演した「立川志らく」さんが、籠池氏の「返金パフォーマンス」に対して、痛烈な苦言を呈していました。

「こんなことしたら、全て疑わしいと思われる」

「籠池さんのパフォーマンスはわけがわからない。

100万円昭恵さんに返してる場合じゃなくて、補助金返さなきゃいけないんじゃないの?」

正論過ぎて反論できません。

おそらく、この籠池さんのパフォーマンスには「自らの印象を良くし、昭恵夫人の印象を悪化させよう」という意図があったのでしょう。

又は「100万円返還」によって、「安倍総理が寄付していたのだ」と大衆に印象づけようとしたのか・・・。

「100万円の寄付などしていない」

と主張している昭恵夫人。

しかし「金を渡していない」ことを主張していても、「やっていない」「不作為」の証明は、現実的に不可能です。

その為、籠池さんは、「昭恵夫人が100万円寄付してくれた」と主張してさえいれば、「総理サイドの印象を悪化させられる」ため、マスコミを味方に付けることが出来るわけです。

実際、100万円の寄付などされていないのでしょう。

もしも寄付されていたら、「受け取られるケース」をもっと現実的に想定して、本物の100万円を用意するでしょう。

「受け取れるわけがない」と自信満々だから「紙束」を持っていったわけですから、「寄付」なんてされてなかったんじゃないでしょうかね。

100万円パフォーマンス・補助金の不正受給疑惑。

次から次へとボロが出てくる籠池氏。

この人を民進党やマスコミは「勇気ある発言者」として祭り上げていたわけですが・・・・民進党は何をやっているのやら・・・。

加計学園問題も似たようなもので、「出会い系カフェ」に出入りしまくっていた「前川喜平」氏を「正義の発信者」ともてはやしている民進党と一部マスコミ。

こんな「スキャンダルの追跡」などせず、「政策論争」をしていたほうが、よほど国民の利益になる気がするのですが、民進党などの野党は何をしているのやら・・・。

「籠池諄子の頭がおかしい理由!創価学会に関係しているとの噂も」の記事はコチラ

<di


sponsored link


■まとめ

本日の記事をまとめますと

・籠池氏が、昭恵夫人に100万円返還を試みた。

・しかし返還は拒絶された。

・100万円の束、実は表と裏の計2万円で、白い紙束をサンドイッチしただけの「白紙の束」でしかない。

・おそらく、「100万円の寄付」なんてされていないのだろう。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る