内海哲也が縦隔腫瘍摘出手術?死亡率は?完治・復帰の可能性は?

ジャイアンツの内海哲也が

縦隔腫瘍摘出手術を受けたらしいですが

どういう病気なのでしょうか?

そして、内海哲也の完治と復帰の可能性は?


スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

下のリンク記事は別タブで開きます。

「ビッグバン・ベイダーが余命2年!病名は?」の記事はコチラ
「フランス留学生行方不明事件!犯人の動機と国籍は?」の記事はコチラ

■目次

内海哲也プロフィール

内海哲也が手術

縦隔腫瘍摘出手術とは?

完治するのか?復帰の可能性と死亡率は?

本日のまとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。


目次にもどる

■内海哲也プロフィール

名前・・・・・・・・内海哲也(うつみ てつや)

生年月日・・・・・・1982年4月29日(34歳・2016年12月現在)

出身地・・・・・・・京都府城陽市

所属・・・・・・・・読売ジャイアンツ

身長/体重・・・・・・186cm/95kg

高校・・・・・・・・敦賀気比高校

プロ入り前・・・・・東京ガス

2017年年俸・・・2億円

引用元ウィキペディアより

2016年12月26日、内海哲也さんが手術を受けた・・・・という報道がされました。

その手術とは「縦隔腫瘍摘出手術」とのこと。

どういう病気なのでしょうか?

聞きなれない名前ですが・・・。

目次にもどる

■内海哲也が手術

「縦隔腫瘍(じゅうかくしゅよう)摘出手術」とは???

縦隔(じゅうかく)・・・・・聞いたこともない名前です。

腫瘍摘出ということは、体内に腫れものが出来たってことなのでしょうね。

報道では、内海哲也さんはシーズンオフ中の、通常の人間ドックを受けた際に腫瘍が発見され、手術をすることになったということです。

球団からの発表では、めちゃくちゃ曖昧な答えしか出されていませんでした。

「深刻ではないと思う」

とのことで、2017年1月には練習を再開することができるとのことです。

「思う」って・・・・・どういうことなのでしょうか?

そもそも縦隔腫瘍ってどういう病気?


sponsored link


目次にもどる

■縦隔腫瘍摘出手術とは?

縦隔腫瘍摘出手術・・・・・どういう手術なのでしょうか?

縦隔腫瘍の内、縦隔というのは、胸の中央部分のことで、肺に挟まれた部分のことらしいです。

心臓や太い血管、脊椎や脊髄、食堂などのことを「縦隔」というそうです。

非常に範囲が広いですが、縦隔腫瘍とはこれらの部位に出来た腫れ物のこと。

では、その「縦隔腫瘍」という病気の特徴は?

まずはこの腫瘍にも、悪性と良性という二種類があるみたいです。

悪性、つまり癌ならば、即座に摘出しなくてはならない代物だそうですが、良性ならほとんどと言っていいほど悪影響を及ぼすことはないみたいです。

ただ、いくら良性と言っても、その腫れ物が肥大化してしまうと、気道や心臓を圧迫してしまい、呼吸困難などの症状を発症してしまい、大きな血管が圧迫されてしまうと、しびれなどの症状が表れるとか。

そして、食道が圧迫されると、食事がしにくくなるとも言われています。

悪性である確率は5%ちょっと。良性である確率は40%ほどと言われています。

つまり、悪性の癌ではなく、良性であったとしても、ほっとくと大変なものってことでしょうね。

完治するのでしょうか?復帰は?死亡率は?

調査してみました。


sponsored link


目次にもどる

■完治するのか?復帰の可能性と死亡率は?

縦隔腫瘍の摘出手術を受けた内海哲也さん。

完治するのでしょうか?

そして、復帰することはできるのでしょうか?

2017年、怪我の影響で1軍での活躍は後半戦に限られましたが、それでも9勝していましたからね。

早く復帰してほしいものですが・・・・。

調査してみたところ、悪性の縦隔腫瘍の場合、5年後の生存率は88%だと言われています。

良性の場合は、悪性よりも5年後の生存率が高いそうですので、それほど心配はないみたいです。

しかも、良性なら転移の可能性は低いとのこと。

球団が「深刻ではない」と言っているということは、おそらく良性だったのでしょうから、摘出手術を受けたのなら既に完治しているのではないでしょうか。

「縦隔腫瘍摘出手術」

それほど大げさな手術ではなかったということではないでしょうかね。

発表された通り、1月からは練習に復帰し、2017年は活躍してくれることと思います。

そう言えば、山本モナさんとの不倫スキャンダルを受けて観客から

「モナ岡ー!!」

「背番号モナー!」

などの爆笑野次をかけられまくったジャイアンツ2軍コーチの「二岡智宏」も、この「縦隔腫瘍摘出手術」を受けていましたが、現在は元気にしていますからね。

多分大丈夫でしょう。

目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・ジャイアンツ投手「内海哲也」が「縦隔腫瘍摘出手術」を受けたらしい

・縦隔腫瘍とは、胸の当たりに出来た腫瘍のこと。

・悪性なら深刻だが、良性なら大したことない。

・既に摘出手術を終えて、完治していると思われる。

・悪性なら5年後の生存率は88%。良性ならさらに生存率が高い。

・復帰は2017年1月らしい。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「滝藤賢一がガンで闘病中?栄養士の嫁と結婚した途端に激ヤセ?」の記事はコチラ


sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る