ハーレー斉藤は飲食店を立野記代と共同で経営?店の場所や予算は?

女子プロレスラーの「ハーレー斉藤」さんが死去。

2016年に食道がんと診断されていました。

彼女が立野記代と一緒に経営しているお店があるということですが、どこにあるのでしょうか?


スポンサーリンク

生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

下のリンク記事は別タブで開きます。

永源遥の死因は?キラー・カーンが語ったヤクザとの関係は本当なのか?」の記事はコチラ
ジョンベネ事件の犯人と噂の兄は今何をしているのか?」の記事はコチラ

■目次

ハーレー斉藤プロフィール

死去!!死因は「食道がん」

飲食店を経営していた?どこにあるの?

本日のまとめ

その他の記事

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。


目次にもどる

■ハーレー斉藤プロフィール

名前・・・・・・・ハーレー斉藤(旧名・ハレー斉藤)(本名・斉藤さより)

生年月日・・・・・1967年12月21日(2016年12月25日、享年48歳)

出身地・・・・・・静岡県焼津市

身長/体重・・・・166cm/67kg

デビュー・・・・・1986年8月17日

引退・・・・・・・2012年12月29日

所属・・・・・・・ジャパン女子プロレス → LLPW-X

妹・・・・・・・・斉藤恵美(元女子プロレスラー)

引用元ウィキペディアより

目次にもどる

■死去!!死因は「食道がん」

元女子プロレスラーの「ハーレー斉藤」さんが亡くなられました。

彼女は2016年に入って「食道がん」と診断され、闘病生活を続けていたらしいのですが、2016年12月15日に帰らぬ人となってしまいました。

2010年に、盟友である「立野記代」の引退試合に出場した後、「子宮筋腫」という難病を患ってしまい、引退に追い込まれてしまっていました。

なんとか最期の試合として、2012年12月29日に引退試合をしたのですが、その後も体調は良くなかったみたいです。

引退試合のときも、自分の意思で引退する事が出来ないことを悔しがっておられました。

引退したくない

そうおっしゃっておられた姿が印象的でした。


sponsored link


目次にもどる

■飲食店を経営していた?どこにあるの?

ハーレー斉藤さんは、プロレスを引退した後は、引退前から立野記代と一緒に経営していた飲食店に専念していたみたいですね。

立野記代さんとハーレー斉藤さん・・・・二人が一緒に飲食店を経営していたとは・・・。

このお店、立野記代さんがたまに姿を見せると話題になっていたそうですね。

ハーレー斉藤さんもいらっしゃったとか。

さて、お店の詳細を公開致します。

店名「DRINK BAR GOHAN 悟飯

住所:東京都品川区小山3-21-23(目黒線・武蔵小山駅から徒歩1分)

電話番号:03-3788-9700

営業時間:22:00~5:00

店の前に大きく「悟飯」という看板が出ていますね。

予算としては4000円あれば結構お腹いっぱいになれるボリュームのあるお料理がいただけるみたいです。

飲食店とはいえドリンクバーですので、お酒が主なものになってくるみたいですね。

店構えは非常にシンプルで、結構入りやすい形・・・・。

プロレスファンのみならず、誰でも楽しめるお店だと評判みたいですね。

この武蔵小山には、ハーレー斉藤さんと立野記代さんのお店以外にも、女子プロレスラーさんがお店を出している場所として有名なんだとか・・・。

「女子プロタウン」なんて呼ばれているようですね。

そりゃあ全日本女子プロレスの事務所が目黒にありましたし、武蔵小山駅に済むプロレスラーさんが多かったため、女子プロタウンになったのでしょうね。

ハーレー斉藤さん・・・・48歳で亡くなるとは・・・・ご冥福をお祈りします。


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・ハーレー斉藤さんが食道がんで死去。

・立野記代と一緒に「悟飯」という飲食店を経営していたらしい。

・お店の場所は「目黒線・武蔵小山駅」から徒歩1分。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■その他の記事

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

ノンスタイル井上の当て逃げは飲酒運転?」の記事はコチラ

多岐川裕美の娘・多岐川華子のアルバイト先はどこ?」の記事はコチラ


sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る