加護亜依の再婚旦那は美容関係社長?苦労と挫折連続の人生をおさらい

加護亜依1

美容関係の会社社長と再婚した元モー娘。の加護亜依さん。

これまで、そのキャラには全く似合わない破滅的な人生を送ってきた彼女。

今度こそ幸せになれるのか?

これまでの波瀾に満ち満ちた人生を再確認してみましょう。

そして、今後の結婚生活の展開を予想してみたいと思います。


sponsored link


生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

加護亜依再婚

苦難の始まり「喫煙」

「不倫騒動」~「結婚と離婚」そして・・。

今度こそ幸せになれるのか?

本日のまとめ(加護亜依・動画)

その他の記事

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。


加護亜依2


目次にもどる

■加護亜依再婚

2016年8月8日。元・モーニング娘。の加護亜依さん(28)が、再婚したことがわかりました。

お相手は美容関係の企業経営者(38)。どうやら二人は2015年秋に、友人の紹介で知り合ったそうです。加護さんは2015年6月に前夫と離婚していますので、その直後に知り合ったということですね。

加護さんと再婚相手の男性は、2016年初めに交際を開始。現在は既に4歳のお嬢さんと共に暮らしているということです。

加護さんは、マスコミ各社に対して結婚を報告。FAXにて直筆のコメントを送ったそうです。しかしそのコメントは、かなり面白いものだったそうです。「入籍」の「籍」という漢字が「箱」になっていたとか・・。相変わらずですね(^_^;)

「(彼は)娘に深い愛情を注ぎ温かい心で愛してくれております」

とのこと。どうやらかなり幸せなようですね。これまで加護さんは苦労しっぱなしでしたからね。次は加護さんがくぐってきた修羅場を確認してみることに致しましょう。

目次にもどる

■苦難の始まり「喫煙」

加護亜依さんの苦難の人生が始まったのは、おそらくこの「喫煙騒動」が始まりでしょう。2006年2月10日、フライデーにて、加護亜依さんが喫煙していた、という内容の記事が報じられました。当時加護亜依さんは18歳。当然喫煙して良い年齢ではないわけです。これに対して、加護亜依さんの所属していた事務所のアップフロントプロモーションは、謹慎処分を言い渡しました。

しかし、喫煙騒動はこれで終わりませんでした。翌年2007年3月26日、週刊現代で再びの喫煙が報じられたのです。それによってアップフロントプロモーションは加護亜依さんとの契約を解除することになり、芸能界を引退することとなりました。

「喫煙騒動」の真相

この喫煙騒動の真相について、加護亜依さんは2015年8月28日、お笑いコンビ「ダウンタウン」の番組に出演して説明しています。どうやら、喫煙したのは本当だそうです。自分で言ってました。

「吸ったの」

と・・・。何だそりゃ・・・(^_^;)

加護亜依さんは、ダウンタウンさんを相手に、詳しい説明をしてくれているのですが、それによると、

週刊誌掲載の写真をよく見てみると、タバコを吸っている写真はない。1度目の喫煙騒動の時は、友人とお茶を飲んでいた。そこに面識のない芸能関係のスタッフと思われる方々が表れた。彼らに警戒をしながらも、タバコを吸っていた友人たちを横目に、その芸能関係者たちから「一服したら?」と勧められ、吸ってみたらビデオカメラがこっちを向いていた。

つまり、その芸能関係者と思われる方々が「フライデー」の記者だったってことでしょうね。でも、吸ったのは事実ってことです・・・。

2回目の喫煙も本当だって本人が言ってました。加護さんの言い分が

「その時は(吸ったタバコが)1mmだったから(問題ないと思った)」

だそうですが、坂上忍さんがおっしゃっておられましたが、「そういう問題じゃないです」・・・。

この2度の喫煙騒動で、実質的に芸能界引退まで追い込まれていった彼女。しかし、この喫煙騒動は、苦難のプロローグに過ぎませんでした・・・。


sponsored link


目次にもどる

■「不倫騒動」~「結婚と離婚」そして・・。

不倫騒動

芸能界を実質的に引退してしまった加護亜依さん。彼女はその後、とんでもない騒動に巻き込まれます。最近世間を賑わせている「ゲス不倫」騒動、実は加護さんも、不倫疑惑を向けられた事がありました。

加護亜依さんは2009年1月に、俳優の水元秀二郎さんとの不倫を報じられたのです。加護さんは不倫については否定しています。報道によると、加護さんは水元秀二郎さんと共演した舞台の台本裏に、とんでもないメッセージを書いて水元さんに渡していたのだとか。この台本は、後に水元さんの奥さんの安恵さんによって、裁判の証拠として提出されています。

その内容は以下のとおり

「あいしてますよ――Dear秀二郎さん。この3日間で毎日LOVEできて楽しかったです!!っで、もし私たちが結婚したら男の子がほしいので、ぜひそのような○○○をしてください」

かなり生々しいですね(;・∀・)」このメッセージの横にはご丁寧に加護さんのサインまであったとか・・・。この不倫が原因となって、水元秀二郎さんの妻、安恵さんは裁判に訴え、加護さんに対して1000万円の慰謝料を請求。結果、加護さんに対して200万円の支払いを命じる判決が下されました。

結婚

加護さんは2011年9月7日、警察から事情聴取を受けています。その理由は、当時加護さんが同棲していた44歳の飲食店経営者、安藤陽彦が、恐喝未遂容疑で逮捕されたためでした。

その後9月11日、加護さんは薬を大量服用して、手首を傷つけるという行為に及びました・・。命は助かったのですが、この時、彼女は相当に不安定な状態にいたのでしょうね。

同年12月21日、加護亜依さんは、安藤陽彦と結婚。妊娠していることも合わせて公表しました。6月22日に女児を出産。そして、この結婚が、更なる悲劇を招いてしまうわけです・・・。

離婚

2015年4月3日、加護さんは自身のブログで「離婚協議中」であることを発表。更にはその1月後の5月12日、夫の安藤陽彦から暴力を受けて、警察に通報。安藤陽彦は傷害容疑で逮捕されました。

そして、2015年6月、離婚が成立します。

その後、2015年8月6日、彼女はそれまで所属していた芸能事務所、「威風飄々」(現ピークハントプロダクション)を退所。カゴさんが言うには

「仕事もしていないのに、給料をもらうのはいけないと思って、円満に退所した」

とのことです。現在は「アンカルシェル」という芸能事務所に移籍しています。

そして、フリーになったちょうど1年後の2016年8月6日、美容関係企業の社長38歳と再婚したわけですね。アンカルシェルの社長は、どうやらこの社長について、「いい人」と太鼓判を押しているみたいですが、本当に大丈夫なのでしょうか?呪われてるのか?と思えるほどに災難に見舞われている加護さんの今後を占ってみることにしましょう。

目次にもどる

■今度こそ幸せになれるのか?

正直に申し上げて、そんなに簡単にいかない気がしています。どうしてかというと、これだけの不幸に見舞われたということは、ただ運が悪いだけだとは考えにくいからです。おそらくなのですが「加護亜依さん自身に、不幸を引き寄せてしまう何か」があるのではないでしょうか。

加護さんは、素で「天然ボケ」なキャラだそうです。つまり、「警戒心が極端に薄い」「人を無条件に信じ過ぎる」ということでしょうね。

「喫煙」「不倫騒動」「結婚」「警察沙汰」「離婚」などなど、おそらくですが、天然ボケという性格が招いてしまったものなのではないでしょうか。そう考えると、素の性格で、これからも苦難を招いてしまうのではないでしょうか・・・。

唯一の救いといえることといえば、彼女が現在所属している芸能事務所の社長「NAOMI」さんが、再婚相手について太鼓判を押しているということでしょうか。身近な人間が、「大丈夫」と言っているのだから、大丈夫なのかもしれません。

そして、その旦那様が、しっかりと危機管理をしてくれるのなら・・・大丈夫なのでは??大丈夫かな・・・。

普段は芸能人の不幸を面白おかしく記事にしている拙僧なのですが、加護亜依さんの場合、そのスキャンダルのレベルが半端じゃなく大きいので、流石に心配になってしまいます。彼女とそのお嬢様が、安らぎに満ちた平穏な日々を過ごしてくれることを、心から祈っています。


本日のまとめ2


目次にもどる

■本日のまとめ(加護亜依・動画)

本日の記事をまとめますと

・加護亜依さんが再婚。

・お相手は38歳の美容関係企業の社長

・加護さんはかつて2度の喫煙で芸能界引退に追い込まれた

・不倫騒動で、慰謝料を支払命令が下されたことがある。

・元夫が2度も逮捕された。

・再婚したとしても、なんだか不安が残る気がするのですが・・・。

以上となります。

公式チャンネル「maidigitvチャンネル」より

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■その他の記事

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

榮倉奈々賀来賢人と結婚!事務所が嘘を?」の記事はコチラ

ローラ登坂広臣と本当に交際しているのかを検証!」の記事はコチラ

小倉優子の夫・菊池勲の離婚歴の原因は?」の記事はコチラ


sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る