徳川家康の正室築山殿こと瀬名姫の最期とは!息子と家康殺害を計画?

 大河ドラマ「女城主直虎」にて女優の「菜々緒」さんが演じている「瀬名姫」

直虎のお友達らしいですが、彼女の最期は壮絶そのもの。

どうやら息子の「徳川信康」とともに、家康殺害を計画したらしいのですが・・・。


スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

下のリンク記事は別タブで開きます。

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■瀬名姫・築山殿の両親は?

瀬名姫・・・・非業の最期を遂げたお姫様ですね。

その息子「徳川信康」とともに、夫・徳川家康に殺害されてしまった人物です。

彼女は一体どこの誰なのか?

彼女の父は、今川義元の有力家来である「関口親永」さん。

母は「井伊直平の娘」、となっております。大河ドラマでは名前は「佐名姫」となっております。

井伊直平・・・・大河ドラマ「女城主直虎」で俳優の「前田吟」さんが演じているイケイケの老将ですね。「杉本哲太」さんが演じる「井伊直盛」の祖父、井伊直虎の曽祖父。

つまり、直虎の父「井伊直盛」からすると「瀬名姫の母」は、叔母にあたるわけです。瀬名姫と「井伊直盛」はいとこ同士ってことですね。

ちなみに、「宇梶剛士」さん演じる「井伊直満」の妹に当たるのが「瀬名姫の母」ですね。

どういうわけか大河ドラマでは、瀬名姫の母・佐名姫は「小林薫」さん演じる「南渓和尚」の妹・・・・ということになっておりますが・・・・史実では、「南渓和尚」は井伊直平の養子・・・ということになっておりますので、その関係で大河ドラマでは「妹」として描かれているのかもしれません。


sponsored link


目次にもどる

■瀬名姫は今川義元の姪?

よく言われていることなのですが、瀬名姫は「今川義元の姪」なんだそうです。

しかし、彼女の両親を調査してみると・・・・今川義元と血縁があるようには思えません・・・。

どういうことなのでしょうか?

どうやら瀬名姫の母である「井伊直平の娘」は、今川義元の養妹として「関口親永」に嫁いでいるみたいですね。

これは拙僧の勝手な推測なのですが、今川義元の母「寿桂尼」の養女となった後に、関口さんに嫁いだのではないでしょうかね?

そう考えると、「井伊直平の娘」が「今川義元の妹」というのも、理屈が通る気がするのですが・・・・当時の風習がわからないので、はっきりとしたことは言えませんが・・・。

ただ、瀬名姫も徳川家康に嫁ぐ前に「今川義元」の養女となってから嫁ぐことで、彼女の経歴に箔をつけてから結婚という順序を辿ってますので、「井伊直平の娘」についての拙僧の仮説も、結構当たっているかもしれませんよ!!(´・ω・`)


sponsored link


目次にもどる

■徳川家康との仲は険悪?

瀬名姫と徳川家康・・・・2人の仲は険悪だった!と言われています。

どうして仲が悪くなったのか?その理由は2つあります。

「徳川家康が、今川義元を殺害した織田信長と同盟を結んだから」

「今川義元が亡くなった直後、瀬名姫と息子の信康・そして長女・亀姫が人質として今川の本拠・駿府にいるにもかかわらず、家康が今川家に反旗を翻した」

1560年、「桶狭間の戦い」にて、今川義元は織田信長に殺害されてしまいました。

今川義元は瀬名姫の「伯父」、または「義父」ですよね。

徳川家康からしてみても、今川義元は大切に保護してくれた恩人。

後世において、徳川家康は今川の人質として苦労した!!なんて言われていますが、結構エリート教育を施された!という説もあるらしいですからね。

当然、徳川家康は、恩人・今川義元の仇である織田信長に戦いを挑む!!と思いきや、徳川家康はいきなり独立し、織田信長と同盟を結んでしまいます。

しかも、その時、瀬名姫と息子・信康、さらには長女の亀姫は今川の人質なっていました。

徳川家康が今川家を裏切ったとなると、人質の「瀬名姫」と「信康」は殺害されてしまうかもしれません。

瀬名姫の父である「関口親永」は、徳川家康の裏切りのせいで殺害されてしまう危険性のある「瀬名姫」と「信康」を守るために、死をもって家康の裏切りを詫びると言って切腹してます。

つまり、瀬名姫は、夫・家康の裏切りのせいで死にかけ、父を亡くしてしまっているんですね。

その後、瀬名姫は人質交換という方法で、徳川家康の元に帰ります。

が・・・・苦労はまだ終わりません。

彼女は姑である家康の母「於大の方」に嫌われたため、岡崎城の郊外にある「築山」に、ほぼ幽閉状態の生活をおくることに・・・。

これ以後、瀬名姫は「築山殿」って呼ばれる様になったんですね。

徳川家康はその後、岡崎城から浜松城へと居城を移動させますが、築山殿は息子の信康とともに「岡崎城」に残ります。

もしかしたら家康と一緒にいたくなかったのかもしれませんね。

当然でしょうね・・・。なんといっても夫のせいで「父」を亡くし、しかも夫は義父の仇・織田信長と同盟している上に、息子ともども夫のせいで死にかけたんですから・・・。


sponsored link


目次にもどる

■築山殿の最期とは?

築山殿はどういう最期を遂げたのでしょうか?

彼女を死に追いやったのは、「織田信長の娘」と言われているようですね。

どういうことでしょうか?

実は、織田信長の娘「徳姫」が、息子「徳川信康」と結婚していたのですが、この「徳姫」が、父・織田信長に対して「密告」しちゃったらしいのです。

どういうことを密告したのかというと・・・・例えば「築山殿が不倫してる」とか「敵の武田勝頼と信康が内通している」なんてこと。

実際そんな裏切り行為を築山殿がしていたかどうかははっきりしていません。

しかし、その後、織田信長は家康に対して「築山殿と徳川信康の殺害」を要請する事になります。

徳川家康は苦しんだでしょうね~。

不仲とはいえ、妻と将来有望な息子を殺害しろ!なんて言われてそんなことできるわけ無いっすわ(T_T)

でも・・・・当時の織田信長の力は圧倒的!!徳川家康ではとても太刀打ち出来ません。

もしも織田信長の処刑要請を断ると、家康は織田信長を敵に回すことになりかねません・・・・。

泣く泣く徳川家康は築山殿を殺害。

彼女は、信康が幽閉された二俣城への護送の最中に、家康の家来である「野中重政」という人物に佐鳴湖の湖畔にある「小藪村」という場所で殺害されてしまいます。

約半月後、徳川信康も、二俣城で切腹。介錯といって、首を切り落とす役を命じられたのは忍者として有名な「服部半蔵」さん・・・・でも服部くんは信康を切ることが出来ず、別な人に変わってもらったとか・・・・。


sponsored link


信長に命令されて殺害したわけじゃない?

さて、これまで「信康事件」については、織田信長の無茶苦茶な命令のせいで、築山殿と信康は亡くなったとされていました。

しかし最近では、これよりももっと有力な説が存在していると言われていますね。

それは「信長の命令で殺したのではなく、信康と築山殿が家康に謀反を起こそうとしたために、家康が自らの意思で2人を殺害した」という説。

それによると、これまで信長が娘の徳姫からの告げ口を真に受けて、信康・築山殿を殺害するように家康に命令した・・・とされていましたが、信康と築山殿は謀反を起こして家康を殺害しようとしたために、それに先んじた家康が2人を処刑したと・・・・。

家康は処刑する前に、信康の妻の父である信長の意見を求めたところ、信長は

「家康の好きにするがいい」

と応えただけで「殺害しろ」とは言っていないみたいですね。

いくら息子といえども当時「謀反」は大罪!!「武田信玄」も息子「武田義信」が謀反を起こそうとしたため、自刃させたと言われていますしね。

信長は、息子の父に対する謀反を嫌悪していたという噂も。

信長の妻「帰蝶」こと「濃姫」さんの父「斎藤道三」・・・・。

この斎藤道三という人は織田信長の才能を早くに見抜き、信長に自国を譲ろうとした人物。

しかし、斎藤道三は息子である「斎藤義龍」に謀反を起こされて殺害されているのです。

信長はこの斎藤道三を結構尊敬していたとも言われています・・・・。

だから、「父に対する謀反を考えた信康」の殺害を考えた家康に対して「好きにするがいい」と言ったのかも。

家康・・・・・いくら謀反を考えたといえども、息子と妻を殺害するなんて辛かったでしょうね。

そして、築山殿・・・・。

父が自刃し、義父が討ち取られ、息子も自刃して・・・・・・・・。

なんだかめちゃくちゃな人生ですね。

挙句の果てには後世「悪女」みたいに言われることもしばしば・・・・。

せめて「女城主直虎」では、菜々緒さんに素敵な女の子として演じてほしいものですが・・・・。


sponsored link


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・瀬名の父は「関口親永」、母は「井伊直平の娘」

・瀬名姫は今川義元の義理の姪で養女にあたる

・徳川家康と瀬名姫の関係は険悪だった

・最期は、謀反の罪で家康に、息子・信康ともども殺害された

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。


sponsored link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする