草刈紅蘭出身校は和光?ヒントはダウンタウン浜ちゃん!彼氏はいる?


草刈紅蘭の出身校は和光?

ダウンタウン浜ちゃんとどういう関係?

彼氏の有無」や「黒い噂」についてご報告します。


sponsored link


生臭寺院」へようこそ

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

出身校は和光学園?

和光学園の根拠はダウンタウン浜ちゃん!

彼氏はいるのか?

黒い噂とタトゥーの真偽

本日のまとめ(紅蘭・動画

その他の記事

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。


紅蘭2


目次にもどる

■出身校は和光学園?

俳優「草刈正雄」さんの長女でダンサー兼モデルの「草刈紅蘭(くさかり くらん)さん

まずは簡単なプロフィールから

名前・・・・・・・草刈 紅蘭(本名)

生年月日・・・・・1989年8月30日(2016年4月現在26歳)

出身地・・・・・・東京都

血液型・・・・・・A型

身長・・・・・・・166cm

出身校・・・・・・・私立和光高等学校 又は 成城学園高校(理由は後述)

父・・・・・・・・・俳優「草刈正雄」

母・・・・・・・・・元モデル「大塚悦子」

弟・・・・・・・・・「草刈雄士」

妹・・・・・・・・・女優「草刈麻有」

所属事務所・・・・バービィオフィス

引用元ウィキペディアより

出身校については「和光高等学校」と書きました。

この和光高等学校というのは「学校法人和光学園」の高等部ですね。

幼稚園から大学までエスカレーター式に進学できるシステムの学校法人です。

ネット上では草刈紅蘭さんが「和光学園」出身、と噂になっているようなのですが、その根拠はなんなのでしょうか?

その根拠はお笑いコンビ「ダウンタウン」の「浜ちゃん」

詳細は次の章をご覧くださいませ。

目次にもどる

■和光学園の根拠はダウンタウン浜ちゃん!

「私立和光学園出身」とネット上で噂されている「草刈紅蘭」さん。

それは本当なのでしょうか?

どうして「草刈紅蘭」さんが「和光学園」出身だと言われているのでしょうか?

その理由はおそらく、「ダウンタウン浜ちゃん」が原因ではないでしょうか。

「草刈紅蘭」さんの出身校は「和光高校」。

そしてその理由は「ダウンタウン浜ちゃん」。

これはどういうことなのか。

それを説明するには「ダウンタウン浜ちゃん」の長男。

そして「草刈紅蘭」さんの弟。

この二人についてご報告しなければいけません。

「草刈紅蘭」さんの弟「草刈雄士」さん

「草刈紅蘭」さんの弟。

つまり「草刈正雄」さんの長男は、ミュージックバンド「ズットズレテルズ」の元メンバー「草刈雄士」さん。

「草刈紅蘭」さんの2歳下で享年23歳。

2015年2月14日。

東京都渋谷にある「草刈正雄」さんの個人事務所のあるマンション7階から転落死。

転落した彼の手には「マンションベランダの手すり」と思われるものが握られていた。

おそらくベランダから転落する際にとっさに掴んだものの、手すりが外れて転落したのだろうと言われています。

事故の1時間後。

事故現場で膝を屈して泣き崩れる「草刈正雄」さんの姿が目撃されています。

大切な長男を失う痛みは想像を絶するものがあったのでしょうね。

「ダウンタウン浜ちゃん」の長男「ハマ・オカモト」さん

「ダウンタウン浜ちゃん」の長男は、「草刈雄士」さんと「ズットズレテルズ」で一緒に活動していた「ハマ・オカモト」さん。

「ハマ・オカモト」さんは「ズットズレテルズ」を解散した後、「OKAMOTO’S」を結成して現在活動しています。

「草刈紅蘭」さんは「和光学園」出身?

ネット上では「紅蘭さんが和光出身」と噂されていますがなぜなのでしょうか?

そして紅蘭さんの出身校はどこなのでしょうか?

「ズットズレテルズ」の「草刈雄士」さんと「ハマ・オカモト」さん。

この二人は高校時代に「ズットズレテルズ」を結成しているのです。

そして「ハマ・オカモト」さんは「和光学園」の出身。

ということはおそらく「草刈雄士」さんも「ハマ・オカモト」さんと同じ「和光高校」出身なのではないのか?

同じ学校の友人同士で結成したのが「ズットズレテルズ」なのではないか?と予想されていたのでしょう。

弟の「草刈雄士」さんがもしも「和光高校」出身ならば姉の「草刈紅蘭」さんもおそらく「和光高校」出身なのでは?

なんといっても「和光学園」は幼稚園から大学院まで一貫性の学校法人ですからね。

しかも「和光学園」には芸能人の子弟が数多く入学しています。

先日、真木よう子さんのお嬢様も、和光学園に入学したらしいですからね。

おそらくそんな推理から「草刈紅蘭さんは和光学園出身」という噂がネット上でなされているのでしょうね。

しかし弟の「雄士」さんは「成城学園高校」出身。

実はこの推理は成り立たないのです。

弟の「雄士」さんが成城学園出身ということは、もしかしたらお姉さんの紅蘭さんも「成城学園」出身なのではないでしょうか。

「成城学園」も「和光学園」と同じく、幼稚園から大学まで一貫性の学校法人。

おそらく弟さんと同じ「成城」出身なのではないでしょうかね。

ちなみに「草刈紅蘭」さんは小学校の時・・・毛皮のコートを着て通学していたそうです。

芸能人の子弟っていうのは恐ろしい財力を持っているものですね(^_^;)

小学生に毛皮のコートですか!!

小学生の時には既に大物の片鱗を見せていたのでしょうね(T_T)


sponsored link


目次にもどる

■彼氏はいるのか?

彼氏はいるみたいですね。

噂になるのはラッパーの「JOYSTICKK」さんと「RYKEY」(リッキー)さんの二人です。

「JOYSTICKK」さんの方はただの噂で確証はありません。

「RYKEY」さんの方は「草刈紅蘭」さんとの共通の友人がブログで二人の交際を記載していました。

おそらく「草刈紅蘭」さんの彼氏というのは「RYKEY」さんなのでしょうね。

「草刈紅蘭」さんの彼氏ってことは、お父さんの「草刈正雄」さんにも紹介済みなのでしょうかね??

おそらく紹介済みでしょうね(^_^;)

これだけネットで「紅蘭さんの彼氏」が騒がれているのですから、秘密にしておくなんてことは無理でしょうしね!!

目次にもどる

■タトゥーの有無と黒い噂

タトゥーの有無

紅蘭さんは足首にタトゥーをなさっておられますね。

噂によると足首には「自分の名前」が刻まれているそうです。

そして名前だけではなく、2015年に亡くなった。

弟「雄士」さんのお顔が刻まれているとか・・・。

紅蘭さんが言うには

「弟はニューヨークに留学していた事がありニューヨークが好きだった。

最後の会話は『ニューヨークへ行きたいから金を貸してくれ』というものだった。

その弟の好きなニューヨークで足首にタトゥーを入れた。」

とのこと。

しかしテレビに出演する際にはタトゥーは隠しているとのこと。

これは事務所のマネージャーからの支持みたいですね。

確かに今の日本ではまだ「刺青=ヤクザ屋さん」というイメージが拭いきれませんものね。

しかし彫り物が掘られた理由は健全なものですからね。

危険視する必要はないものと思われます。

黒い噂・・・・。

紅蘭さんには何やら「黒い噂」がありますよね。

暴走族「関東連合」との関係が、ネット上で噂になっていますが、本当なのでしょうかね?

結論から言いますとガセネタでした。

先ほど申しました「刺青=ヤクザ屋さん」というイメージから紅蘭さんが暴走族に結び付けられたのでしょう。

しかし彼女がタトゥーを入れた理由は先程述べた通りの健全なもの。

おそらく彼女とその周囲の方々が、暴走族に見事にぴったり当てはまる容姿やファッションをなさっておられたため、何か関係があるのではないか?とファンがはやとちりをしたのでしょう。

でも・・・・足首に弟の名前を刻むほど家族を想っている草刈紅蘭さんが、暴走族と交友関係を持つでしょうか?

妹や父に対しても火の粉がかかる可能性が高いでしょうからね。

まず関係なしと思って間違いないと思います。


本日のまとめ2


目次にもどる

■本日のまとめ(紅蘭・動画

本日の記事をまとめますと

・草刈紅蘭さんの出身校は「和光学園」か「成城学園」と思われる。

・彼氏は「RYKEY」さんでしょう。

・タトゥーは足首に「名前」と「雄士さんの顔」が刻まれている

・暴走族との関係はガセネタ

以上となります。

公式チャンネル「oriconチャンネル」より

弟さんを失っても明るく振る舞い。自分とは異なる清楚なイメージの妹と仲良しで、父を「理想の男性」にあげる「草刈紅蘭」さん。

これからもさらなる活躍を期待しています。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■その他の記事

よろしければこちらの記事も合わせてお読みくださいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

宮崎あおい岡田准一の馴れ初めは不倫だった?二人の結婚は難しい?」の記事はコチラ

福士蒼汰土屋太鳳は付き合う運命?山崎健人から乗換え熱愛に発展?」の記事はコチラ

高畑裕太は高校時代木更津でヤンキーだった?まさか伝説のヤンキー?」の記事はコチラ


sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る