北朝鮮ミサイル発射の可能性は100%?いつ日本に落ちるかを予言!

北朝鮮の「核実験」「ミサイル実験」がアメリカとの開戦の引き金となるのか。

もしも開戦してしまったら、いつ日本にミサイルが落ちてくるのか?

そしてもう1つの可能性・・・・「ミサイル実験」で発射されたミサイルが日本に落ちてくる可能性は?

北朝鮮危機で、日本の被害は避けられないのか?

北朝鮮は100%ミサイルを発射する?

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

北朝鮮情勢!開戦危機は回避されるか?(ニュース・動画

北朝鮮がミサイルを発射する可能性!いつ日本に向けて発射される?

戦争をせずに北朝鮮を黙らせる方法は、ない?

本日のまとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■北朝鮮情勢!開戦危機は回避されるか?(ニュース・動画)

公式チャンネル「ANNnewsCHチャンネル」より

北朝鮮が「核実験」「ミサイル発射実験」を強行するのでは?と言われていた「4/25」、北朝鮮は「核実験」も「ミサイル発射実験」も行いませんでした。

金正恩は、核・ミサイルの代わりに、過去最大規模の「砲兵訓練」を、自ら指揮して実施。

流石に核実験・ミサイル発射実験をしてしまうと、アメリカの北朝鮮攻撃を招いてしまうでしょうから、金正恩もそこまで踏み込むことは出来なかったのでしょう。

以前、北朝鮮危機について「4/15」と「4/25」と言われていました。

さらに、拙僧が予想していた4月末も過ぎ去りました。

予想されていた日付に開戦はなく、無事に過ぎ去った形です。

アメリカはどういう動きをしているのか?というと・・・

米空母カールビンソンが朝鮮半島近海に待機中。

更には原子力潜水艦「ミシガン」と「シャイアン」が朝鮮半島に集結。

米韓合同軍事演習に参加した米軍も朝鮮半島近くにいます。

アメリカ軍は、いつでも開戦できる状況です。

中国は?というと・・・北朝鮮に対して説得と圧力をかけている状況。

北朝鮮に対して「石油パイプライン停止」を仄めかして、核実験をしないように警告!

それに対して北朝鮮は反発!北朝鮮は中国との関係破綻を仄めかしています。

アメリカと北朝鮮が開戦してしまったら、日本への被害が心配されています。

日本に被害が出るとしたら、それは北朝鮮のミサイルしかありません。

日本にミサイルが落ちてくる可能性はあるのでしょうか?

・「ミサイルからの避難方法と場所は?自宅に地下がない場合はお風呂へ!」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■北朝鮮がミサイルを発射する可能性!いつ日本に向けて発射される?

北朝鮮のミサイル発射。

まず間違いない北朝鮮はミサイルを発射すると思います。

北朝鮮が「ミサイル発射」というと、それは2つの意味があると思います。

つまり「ミサイル実験」と「攻撃のためのミサイル発射」・・・・。

まずは「実験のミサイル発射」について言葉を

ミサイル実験については、今後北朝鮮が消滅しない限り、必ず発射するでしょう。

100%と言っていいと思います。

なぜなら北朝鮮はアメリカに撃ち込むことが出来るミサイルを開発しなくては、滅びてしまう!と思い込んでいるから・・・・。

それがいつなのか?

おそらくですが、アメリカ軍が朝鮮半島付近に大量にいる間は出来ないでしょう。

2017年4月に始まった「北朝鮮危機」。

おそらくアメリカ軍は、まだしばらくは、朝鮮半島近海にいるでしょう。

ただ、「アメリカ軍に北朝鮮を攻撃することは出来ない!」と確信したときには、金正恩は即座にミサイル実験を強行すると思いますが・・・。

アメリカ軍が朝鮮半島周辺からいなくなった時、又はほとぼりが冷めた時・・・その時北朝鮮が存在している限り、ミサイル実験は確実に行われるでしょうね。

北朝鮮が日本をミサイル攻撃するのはいつ?

もう1つ、「攻撃のためのミサイル発射」

これはいつなのでしょうか?

「北朝鮮が自分から、日本やアメリカを攻撃するためにミサイルを発射することは、ほぼありえない」でしょうね。

流石に金正恩が冷静な判断能力を失っていたとしても、それをやってしまうと北朝鮮は滅びます。

アメリカの総攻撃を招いてしまう「北朝鮮のミサイルによる先制攻撃」は、金正恩にとって自殺行為ですので、流石にないと思います。

ただ、アメリカと北朝鮮が開戦してしまったら、日本に確実にミサイルが飛んで来るでしょう。

なぜなら北朝鮮としては、日本にある「在日米軍基地」や「レーダー基地」を攻撃しないと、アメリカと戦うことが出来ないから。

日本に打撃を与えることで、アメリカ軍の戦意を喪失させるという狙いもあるでしょう。

それなら、ミサイルが落ちてくるのは、いつなのか?

北朝鮮とアメリカが開戦していない状態では、具体的な日付を特定するのは難しいですが、タイミングとしてはアメリカと北朝鮮の戦争の「開戦直後」又は「終戦直前」になるのではないでしょうか。

「開戦直後」の理由は、開戦直後にミサイルを発射しておかないと、北朝鮮のミサイル発射能力はあっという間に壊されてしまう可能性が高いから。

例えば「青森県つがる市にある『Xバンドレーダー』」がある限り、北朝鮮は「潜水艦の位置をアメリカ軍に特定されてしまう」と、言われているみたいですね。

北朝鮮は開戦直後にこのレーダーをミサイル攻撃する可能性がある・・・と経済評論家・上念司さんが言ってました。

「終戦直前」にミサイルを発射する可能性。その理由は、ヤケクソ!

北朝鮮がヤケクソになって、道連れを狙って、残ったミサイルを日本に発射!という可能性もあるでしょう。

北朝鮮のミサイルが10発くらい一斉に飛んできたら、日本は防ぎきれないそうです。

そんなことにならないことを祈るばかりです・・・・。

・「北朝鮮戦争秒読みの2017年!最新の日本危険エリアは柏崎と大阪!」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■戦争をせずに北朝鮮を黙らせる方法は、ない?

戦争をせずに、北朝鮮という脅威を除く方法は、ないのでしょうか?

北朝鮮の脅威!というと、日本からすると「核」と「ミサイル」ですね。

もちろん日本が抱えている最大の北朝鮮問題といえば、「拉致被害者」ですが・・・。

どのようにすれば、北朝鮮の核・ミサイル開発を止めさせ、拉致被害者を救出できるのか?

話し合いで解決するものなら、この20年間、とっくの昔に解決しているでしょう。

ということは、力づくで止めさせ、力づくで拉致被害者を救出するしかない・・・ということではないでしょうか。

北朝鮮は、自由を愛する民主主義国家・アメリカに「金一族による独裁支配体制」を認めさせようとしています。

そのためにはアメリカと対等に交渉するための「軍事力が不可欠」と考えています。

この考えを金正恩は、父・金正日から叩き込まれていますので、核開発をやめる!ということはありえないでしょう。

中国による「石油パイプライン停止」という方法も、あるにはあります。

中国が北朝鮮への「石油パイプライン」を停止させれば、北朝鮮軍は無力となりますのでね。

しかし、そんなことしたら、北朝鮮は中国に核ミサイルを撃ち込みかねません。

となったら中国対北朝鮮の戦争が始まるでしょう。

どのみち北朝鮮に、核開発・ミサイル開発を辞めさせるには、「武力行使」しかないのかもしれません。

とはいえ、日本が無傷で北朝鮮という脅威を除くなら「中朝戦争」が最も良いのかも・・・・。

戦争を望むわけでは決してないですので、話し合いで核とミサイルを放棄してくれることを、祈るばかりですが・・・・。

・「核兵器の攻撃を受けたら避難場所や子供対策は?各対処方法を徹底解説」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・朝鮮半島周辺に「アメリカ軍」が集結している。

・北朝鮮は4/25に、核実験やミサイル実験を行わず、砲兵訓練を実施。

・北朝鮮がミサイルを発射するタイミングは「開戦直後」と「終戦直前」

・北朝鮮は、武力行使でしか核・ミサイルを放棄しないだろう。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る