アメリカの北朝鮮攻撃のため空母3隻集結!ハワイから更にもう1隻?

2017年5月27日、空母「ニミッツ」が西太平洋へ!!

北朝鮮とアメリカの戦争が近い?日本にもミサイルが飛んでくる?

拙僧も日本に戦争被害がでるのではないか?恐れています。

現在北朝鮮近くには、3隻の空母があると言われています。

これらが総力を挙げて北朝鮮を攻撃するのか?

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

アメリカの空母2隻が日本の近くに!

更にもう1隻?

本当に開戦か?

本日のまとめ

5月27日追記!空母ニミッツ出港の目的は?

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■アメリカの空母2隻が日本の近くに!

北朝鮮が核開発やミサイル開発をいつまでたっても辞めないので、ブチ切れたトランプ大統領。

そんな北朝鮮への警告として、シリアへミサイルを59発も乱射!

これに対しても北朝鮮は「核・ミサイル開発」をやめる素振りを見せず・・・。

トランプ大統領はこの態度に更に腹を立て、シンガポールにいた空母「カールビンソン」を朝鮮半島へ。

北朝鮮へ圧力をかけています。

更に日本に、アメリカの空母が停泊していますよね。

横須賀基地を出港した空母「ロナルド・レーガン」。

ロナルドレーガンは、カールビンソンと合同訓練をする予定。

つまり、2隻の巨大空母が、北朝鮮の近くにある!ということです。

噂では、この2つの空母で北朝鮮を攻撃するのでは?とされています。

実はもう1つ、アメリカの空母が、日本近海に向かっている!という噂があるみたいです。

まさか、本気で開戦するつもりなのでしょうか?

・「北朝鮮と戦争開始で日本の被害想定は?ミサイルには半径何m逃げれば」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■更にもう1隻?

3隻目の空母、それは「ニミッツ」だそうです。

さらには、ハワイから空母「ジョン・ステニス」が!という噂もあったようですが、ジョン・ステニスの合流についてはあくまでも噂のみ。

実際には、「ワシントン州」から空母「ニミッツ」が来ます。

つまり、「ニミッツ」を含めれば、「カールビンソン」「ロナルドレーガン」と、日本の近くに3隻の空母があるということ。

5/27日、アメリカ海軍が空母「ニミッツ」を西太平洋に派遣されることが決定した、と報じられました。

予定では、半年の間、西太平洋に展開するそうです。

現在、カールビンソンが日本海に、整備を終えて横須賀港を出港したロナルド・レーガンが西太平洋から日本海へ向かている状況。

同じ地域に3隻の空母が並ぶことは異例です。

一部報道では、「3隻の空母で北朝鮮のミサイル発射を抑止することが目的だ」と言われています。

ただ、ニミッツが、カールビンソン・ロナルドレーガンに合流するかどうかは、明らかになっていません。

3隻!!本気で北朝鮮を潰すつもりなのか?

竹田恒泰さんのコメント

作家の竹田恒泰さんが、面白いことをおっしゃっておられました。

「北朝鮮の核実験を止めるには、やはり朝鮮半島近海に、空母を停泊させておき、圧力をかけることが効果的!

空母の恐ろしいところは、何ヶ月でも停泊続けて、『移動する空軍基地』となることが出来る所。

空母は、3隻あれば交代で、実質永遠に圧力をかけ続けることができる!

もしかしたら、アメリカの狙いは、これなのでは??」

竹田恒泰さんの予想・・・・結構当たっているかもしれません。

となると、開戦するつもりはないってことかな?

しかし、竹田恒泰さんが言っているのは、「3隻で交代」ってことでしょう。今は「3隻同時に」ですよね。

「3隻同時に」ってことは、攻撃するつもりじゃないと集結しないのではないでしょうか?

・「北朝鮮とアメリカが戦争したらどっちが勝つ?2017開戦の可能性は」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■本当に開戦か?

空母が朝鮮半島近くに同時に3隻もあるということは、北朝鮮との開戦は本気ってこと?

しかし、いくら空母があるからといって、本当に戦争をするつもりなのでしょうか?

有識者たちの予想を聞くと、開戦は回避されるのでは?という予想が大半です。

アメリカが本気で北朝鮮に攻め込むという噂で、中国が焦っているようです。

確かに中国からすると北朝鮮が潰れると、韓国の在韓米軍と国境を接することになり、嫌ですよね。

その為、北朝鮮への石油パイプラインを停止させて、無理やり北朝鮮を無力化してアメリカの攻撃から北朝鮮を守る・・・・という手を使うのでは?

とはいえ、トランプ大統領の危うさを考えると、戦争の可能性も捨てきれません。

もしかすると、突発的に斬首作戦決行!となるかも。

そうなったら、敗北して滅びる直前の北朝鮮が、破れかぶれになって日本に反撃のミサイル発射・・・・をするかも・・・。

5/3「上念司」さんの予想

経済評論家の「上念司」さんは、5/3の時点で

「アメリカの先制攻撃の可能性は50%だと思う。

たとえ5/9の韓国大統領選挙までに何も起こらなくても、このままずっと50%のままかもしれない」

とおっしゃっていました。

開戦の可能性よりも、戦争回避の可能性のほうが高いと思いますが・・・・油断は禁物でしょうね。

「北朝鮮はなぜアメリカと戦争を?超わかりやすく説明」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・北朝鮮とアメリカの「核開発」を巡る緊張が高まっている。

・日本・朝鮮半島近くには、どうやら3隻の空母がある。

・とはいえ、戦争開始よりも戦争回避の可能性のほうが高いだろう。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■5月27日追記!空母ニミッツ出港の目的は?

アメリカの空母ニミッツが、西太平洋に向かうことが決まったと報じられました!

しかし、この目的が不明です。

「北朝鮮のミサイル発射を抑止するため」

との見方もあるのですが、本当に「抑止」が目的なのでしょうか?

北朝鮮への攻撃が目的なのでは?

先日、アメリカの「マティス国防長官」が

「開戦したら、悲劇的な被害がでる」

と開戦に後ろ向きなことを言ってしまい、その2日後、北朝鮮はアメリカの足下を見るようにミサイルを発射。

マティス国防長官の弱気発言は、「アメリカに開戦の意思はない」という意味なのではないでしょうか。

つまり、ニミッツ派遣は「北朝鮮攻撃のためではない」ということになります。

とはいえ、未来を正確に予言できない以上、油断は禁物。

もしかしたら、マティス国防長官の弱気発言は、アメリカの先制攻撃を隠すための芝居かも・・・。

北朝鮮は、ニミッツ派遣を聞いて焦っているでしょうけれど、もしかしたらマティス国防長官の弱気発言を理由に「アメリカからの攻撃は、あり得ない」と油断している可能性もあります。

そこをアメリカ軍に突かれたら・・・・。

青山繁晴さんが言ってました。

「アメリカ軍は、北朝鮮を一瞬で無力化出来るシミュレーションを昼夜問わず続けている。

もしシミュレーションが完成したら、アメリカは北朝鮮を攻撃するだろう。

アメリカによる北朝鮮との戦争は、かつてないほど一瞬で終わる。」

アメリカのシミュレーションが、完成してしまったのか?

開戦の可能性は低い・・・と思いたいですが、開戦の可能性も残されています。油断できません。

 

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る