瀬名姫の母親の佐名姫の最期は?真田丸で清水ミチコが瀬名を演じた?

 家康が今川家を裏切ったために、窮地に立たされた瀬名姫。

瀬名姫の母親、佐名姫の髪の毛が真っ白に!!

そんな苦労多き佐名姫の最期とは?

そして、前年大河ドラマ「真田丸」で、瀬名姫を「清水ミチコ」さんが好演した???


sponsored link


生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

下のリンク記事は別タブで開きます。

「戦国時代(大河ドラマ関連)」の記事はコチラ
小野政次の最期はめちゃくちゃ悲惨?」の記事はコチラ

■目次

瀬名姫ピンチ!駆けつけた馬上の侍はだれ?

佐名姫の最期とは?

「真田丸」で「清水ミチコ」が「瀬名姫」を演じた?

本日のまとめ

その他の記事

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■瀬名姫ピンチ!駆けつけた馬上の侍はだれ?

2017年放送の大河ドラマ「女城主直虎」。

桶狭間の戦いで、今川家の大黒柱である名君「今川義元」が戦死。

その隙に、今川家に臣従していた徳川家康は、故郷である岡崎城を奪取し、独立。

しかも桶狭間の戦いの翌年1561年には、今川義元の仇である「織田信長」と清洲同盟を結び、今川家と絶縁。

今川の本拠地駿府にいた家康の妻「瀬名姫」と、子供「竹千代(信康)」と「亀姫」は、裏切り者の家族というレッテルを貼られて窮地に追い込まれます。

今川義元の子、氏真は、その家康の家族全員の殺害を指示。

家康は家族の窮地を知りながら、なんの手も打つこと無く、瀬名姫と2人の子供は処刑寸前まで追い込まれました。

大河ドラマ「女城主直虎」では、瀬名姫が龍泉寺で自害することが決まり、籠に乗せられそうになるところを「竜宮小僧」「井伊直虎」こと「次郎法師」が必死に助命嘆願!!

しかし助命は叶わず、瀬名姫の死が目前となったところで、騎馬の侍が駆けつけました。

これ・・・・・誰???

実はこの人物は、家康の家来の「石川数正」。

後の徳川家で相当な「知恵」を武器に出世しまくる人物で、主に外交などを担当していた人ですね。

彼はある秘策を胸に、瀬名姫と子供たちを救出に来たのでした。

それは、今川義元の母・寿桂尼の孫「鵜殿長照」の2名の子供を人質に取ったことで、瀬名姫・竹千代・亀姫の3名との人質交換を実現させること。

間一髪で瀬名姫は救出されるんですよね~。

その後、瀬名姫と信康・亀姫は岡崎城へ。

しかし、その時の家康は今川と交戦状態だったため、家来たちに憚って、瀬名姫と子供たちは岡崎城の外れにある「築山」に幽閉同然の生活をさせられることになるのです。

このことから瀬名姫は「築山殿」と呼ばれることになるんですよね。

ちなみに、築山殿を救出した石川数正・・・・。

大河ドラマ真田丸にも登場した人物ですが、彼は後に家康を裏切って豊臣秀吉に鞍替えします。

真田丸」では、真田昌幸の弟・真田信尹に誑かされて家康を裏切った事になっていますが・・・・。

実際のところ、なぜ家康を裏切ったのかは、不明です(^_^;)

目次にもどる

■佐名姫の最期とは?

さて、家康の妻瀬名姫は助かりました。

しかし、瀬名姫の母で、井伊直虎の大叔母・・・・井伊直平の娘「佐名姫

彼女はどうなったのでしょうか?

娘・瀬名姫が窮地に追い込まれたことで、ドラマでは髪の毛が真っ白になっていましたが・・・・。

彼女はどうなってしまうのでしょうか?

ドラマの中では、瀬名姫が救出されたことで、今川氏真の怒りの矛先は「佐名姫」と瀬名の父「関口親永(又は関口義広)」に向かうことになります。

つまり、瀬名姫の代わりに、佐名姫と関口の両名は処刑・・・・となるのです。

かなり酷いですね。

井伊のために尽力し、その人生を破滅させられておきながら、最期は今川の手で処刑ですか・・・・。

しかし史実では、亡くなったのは瀬名姫の父・関口親永。

彼は娘婿の家康が今川を裏切ったことで、その去就を疑われて、切腹を命じられる事になりました。

では「佐名姫」は史実ではどうなったのでしょうか?

実ははっきりしていないみたいです。

どういうことかというと、関口氏の妻は、「井伊直平の娘」かどうか・・・・それすらはっきりしておらず、「今川義元の妹」が妻だったとする説もあるのです。

つまり、佐名姫が夫とともに処刑されたかどうかはわかっておらず、実在すらしていない可能性もあるそうですな。

ただ、もしも関口氏・瀬名姫の母が「井伊直平」の娘であったとしても、夫が切腹して妻も共に自害???

そんなことしますかね???夫の菩提を弔うと言って、生き残りそうなもんですが・・・。

ドラマでは「処刑」されてしまう佐名姫・・・・。

せめて史実では、穏やかに生きていてほしいものです。


sponsored link


目次にもどる

■「真田丸」で「清水ミチコ」が「瀬名姫」を演じた?

さて、瀬名姫なのですが・・・・変な噂があるようで・・・。

前年の大河ドラマ「真田丸」にも登場していたとのこと・・・。

???

何やら「清水ミチコ」さんが演じて話題になったとかなんとか??

???

どういうこととなのでしょうか?

清水ミチコさんが演じた???

真田丸では、徳川家康を内野聖陽さんが演じておられましたよね。

そして、側室の阿茶局を「斉藤由貴」さんが演じてました。

清水ミチコさん・・・・確かに家康の正室を演じておられましたが・・・・。

全くの無表情・・・そして無言で、見事なまでの存在感を発揮しておられましたよね。

彼女が「瀬名姫」こと「築山殿」???

そんな訳はないですよね(^_^;)

何といっても、真田丸に登場した清水ミチコさん。その時の西暦は「1586年」。

瀬名姫は「1579年」に亡くなっているのですから、ありえません(;・∀・)

でも、清水ミチコさんが演じたのは「家康の正室(正妻)」・・・・菜々緒さんが「直虎」で演じている「瀬名姫」も「家康の正室」。

どういうことかというと、実は徳川家康には生涯に2名の正室がいるのです。

1人は菜々緒さんが演じている「瀬名姫」こと「築山殿」。

もう一人が「清水ミっちゃん」が演じた「朝日姫」。

この朝日姫は「豊臣秀吉の妹」なんですね。

豊臣秀吉が徳川家康に臣従を要求してたのですが、家康は頑として聞かなかったため、秀吉が家康を懐柔する目的で妹を輿入れさせたのです。

つまり、朝日姫は継室ということです。

朝日姫は家康と婚姻した4年後の1590年に亡くなっておられます。

40過ぎでの結婚だったようですが、一応家康から大切にされたようですよ。

そりゃあ家康の妹ですからね。

ちなみに真田丸・・・・このドラマのスタート地点は1582年。築山殿がなくなった3年後です。

真田丸スタート時点で、既に築山殿は亡くなっていたんですよね。

かなり悲劇的な最期だったそうですよ。

瀬名姫とは?その生涯を簡単に説明!」の記事はコチラ

目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・瀬名姫は今川に処刑される寸前に、石川数正に救われる。

・彼女の母「佐名姫」はドラマではその後処刑される。

・史実では「佐名姫」は消息不明。

・真田丸で清水ミチコさんが演じた「家康の側室」とは瀬名姫ではなく、朝日姫。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■その他の記事

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

井伊直親小野政次は親友どころか宿敵関係?」の記事はコチラ


sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る