乙武洋匡さんが5人と不倫って嫁と今後どうなる?嫁さんどんな人


乙武洋匡さん。

不倫してたって認めちゃいましたが

嫁さんは噂によると『自分に自信がない方』らしいじゃないですか・・・。

それってもしかして・・・見逃してくれる人を嫁にしたとか?

万が一そうだとしたら・・・。

ゲスって言葉じゃ表現しきれないけど・・・。


sponsored link


乙武洋匡さんが不倫した女性の人数が5人って・・・。

どれだけ熱入れて不倫してるんですかあなたって人は・・・。

さすがの拙僧も引いてしまいました・・・。(;・∀・)

生臭寺院」へようこそ

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

本日は『五体不満足』で有名な「乙武洋匡」さんのスキャンダルについて「被害者」と言ってもいいと思いますが
「嫁」さんについて調査してまいります。

■目次

不倫発覚の詳細

奥様はどんな人?

本日のまとめ(今田耕司・迷言動画

「乙武洋匡」関連記事

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。


乙武洋匡2


目次にもどる

■不倫発覚の詳細

「週刊新潮」さんが乙武洋匡(おとたけ ひろただ)さん(39)の不倫をスキャンダル

2015年末に彼は20代後半の女性と北アフリカのリゾート地・チュニジアとフランスのパリを旅行

不倫であることをカモフラージュするために男性1名を同行させていたという。

この件について本人はこのようにコメント

「肉体関係もあります。

不倫と認識していただいて構いません。

彼女とは3~4年前からのお付き合いになります」

さらにはこれまでの結婚生活で5人の女性と不倫したとコメント・・。

ありゃりゃ・・・。

あまりにも生々しすぎて言葉が見つかりませんね・・・。

乙武洋匡さんには2001年に結婚した妻と

長男(8)・次男(5)・長女(1)

という家族がいます・・。

それにもかかわらず5人の女性と不倫ですか・・・。

こりゃ最近話題の「ゲス」の中でもトップクラスの方のようですね・・・・。

国会議員イケメンを散々に言いまくってきた拙僧でもこれはドン引きします(・_・;)

乙武洋匡さんといえば「2016年夏の参議院選挙」に自民党から出馬するのでは?という噂がありましたね。

しかし報道では乙武洋匡さんは政界進出の熱意はあったものの、参院選出馬には慎重だったということです。

理由は参院選出馬を決めた「今井絵理子」さんが出馬表明後にスキャンダルを報道されてしまったから。

拙僧の予想なのですが乙武洋匡さんは週刊新潮からスキャンダルが出ることを事前に知っていたのではないでしょうか?

だからこそ参院選出馬の熱意はあったものの、出馬表明を先延ばしにしていたのではないでしょうかね。

あわよくばスキャンダルをなんとか封殺して出馬、なんてことを企んでいたのかな?と邪推もしたくなってしまいますね・・・。

でもなんでこんなことやっちゃったのでしょうか?

奥様は何も知らなかったのでしょうかね?

そもそも幼い3人の子供の中には1歳の赤ちゃんまでいるってのに不倫なんて・・・。

とんでもない目にあってしまった奥様は、どういう方なのでしょうか?

そこ気になりますよね・・・。

というわけで調査してみました

南無阿弥陀仏・・・。


sponsored link


目次にもどる

■奥様はどんな人?

一般人で情報は殆どありませんが、お名前は「乙武仁美」さん

乙武洋匡」さんがおっしゃっていたコメントがヒントになりそうです。

彼は自らの妻についてこのようにおっしゃっておられます。

僕はもともと「自分に自身のない人」「暗い人」「僕に興味が無い人」という三拍子そろった人が好きなタイプだったんです。

何となく彼女はそういうタイプなのかなぁと。

とおっしゃっておられました。

つまり奥様は「自分に自信がない」ということですね。

自分に自信がない人って・・・他人を非難することが少ないですよねきっと・・・。

もしかしたらこの不倫騒動に対して、奥様は乙武さんに何もおっしゃっていないのではないでしょうかね?

だって「暗い」人なんでしょ?

泣き寝入りしちゃうタイプの女性なのではないか?と思ったのですが・・・。

最後の一つ「僕に興味が無い人というやつ。

もし万が一「乙武さんに興味が無い」のなら、彼の不倫を黙認していたってことも考えられるのではないでしょうかね?

つまり「元々この夫婦は仮面夫婦だったってことなのでしょうか?

でも「仮面夫婦」なら矛盾が一つありますよね。

「仮面夫婦で3人も子供ができるか?」ということ・・・。

つまり考えられる状況としては2つ

・奥様は乙武洋匡さんの不倫について「自分に自信がない」「暗い」という特徴からして・・・黙認して泣き寝入り

・奥様は彼の不倫を知っていたが「彼に興味が無い」ので黙認していた

このどちらかになるのではないでしょうか?

拙僧が思うに「」の方が確率高い気がします・・・。

3人も子供が産まれているんですからね・・・。

ふと・・・・拙僧の頭に最悪のシナリオ」が浮かんでしまいました・・・。

あくまでも拙僧の推理ですよ!!

何の確証もありません。。。確信すらもありません!!

もしですよ!!

もしも乙武さんが・・・。

「結婚後に不倫することを予め念頭に置いて『自信がない』『暗い』『乙武さんに興味が無い』という特徴のある女性を選んで結婚していたとしたら」

これは拙僧の頭にフッと浮かんだ最悪のケースです・・・・。

そうだ!と断言する気は毛頭ありません・・。

でももしもそうだとしたら・・・・。

拙僧・・・申し上げる言葉がありません。

おそらく今後二人は離婚するということになるでしょう

たとえ奥様に問題があったとしても、おそらく奥様の非を咎めて乙武さんに同情的になる、なんてことはないでしょう。。。

追記いたします。
今回の不倫騒動にたいして乙武洋匡さんの奥様がコメントを発表しました。
コメント内容は以下のとおり

この度は夫の乙武洋匡の行動が週刊誌で報じられた件につきまして多くのみなさまにご迷惑をおかけしたことをお詫び致します。

このような事態を招いたことについては妻である私にも責任の一端があると感じております。

今日に至るまで二人でしっかり話し合った結果3人の子どもたちのためにもあらためて夫婦ともに歩んでいくことを強く決心致しました。

本人はもちろん私も深く反省しております。誠に申し訳ございませんでした。

離婚せずにやり直すとは予想外でした。しかしそれは奥様が元々「乙武洋匡さんに興味がなかった」ためなのか・・・。
子供のためにやり直す???
やり直すコトが子供のためになるとは限らないと思いますが
そうと決まったなら頑張ってほしいものですね。

ところで芸能界では様々な声が上がっているようですね。
妻が謝罪するのはなんか違う気がする」と言う鈴木紗理奈さん。
オスとしてはすげーなと思う」と言う今田耕司さん。
そして同じ不倫騒動で大きすぎる器を魅せつけた小川菜摘さんがネット上では再評価されている様子。
それだけ衝撃的な事件だったのでしょうね・・・。

御仏に慈悲をこれほど強く願うことは、生臭坊主・不良僧侶の拙僧には、これまでほとんどがありませんでしたが、
幼い3人の罪もない子どもたちに、何卒!!御仏の慈悲を強く!!強く願います!!

南無阿弥陀仏・・・。


本日のまとめ2


目次にもどる

■本日のまとめ(今田耕司・迷言動画

本日の内容をまとめますと

・乙武洋匡さんが2001年の結婚から現在まで5人の女性と不倫したと告白

・奥様は「泣き寝入り」か「黙殺」のどちらかと思われる・・。

・おそらく離婚することいなるだろう。

以上となります。

今田耕司さんが「オスとしてはすごい」とおっしゃってました。

動画は長いのでご注意ください。「6分20秒」くらいに、乙武さんについて語っておられます。

公式チャンネル「maidigitvチャンネル」より

乙武洋匡さんといえば、東京都教育委員を務めた方だったはず。

その彼がこれほどのスキャンダルを報道されるとは・・・。

確かにこういったプライベートなことは自由であるべきかもしれませんが、教育に携わる方がこんなことをするということに、嫌悪感を抱く人も多いのでは?

ネット上ではいろいろな声が飛び交っていましたね。

幾つかご紹介いたします。

「見損なった」

「プロアスリートやミュージシャンがそういうことするならなんとなく理解できるけど
彼は誠実なイメージがあったから驚きだな。

イメージダウンはさけられないね。」

「奥さんどんな気持ちなんだろう」

「なんて人だ!!」

「本当に障害があるのは『心』」

拙僧も驚いています。

何かの事情があったとか、誤報だとか、やってもいない罪を被らなければいけない理由があるとか、拙僧は今でもそんな情報を少し期待しています。

このスキャンダルで苦しむ全ての方々に、あまねく御仏の慈悲があらんことを切に願います。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければ当寺院へお越し下さいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■「乙武洋匡」関連記事

よろしければ以下の記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

乙武さんが妻と別居!離婚後はとっとと再婚?」の記事はコチラ
「五体不満足で乙武さんはいくら印税を貰った?」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る