岡山県玉野市常山オカルト殺人事件の犯人は?実は有名な心霊スポット

2017年元日、岡山県玉野市常山で、謎の殺人事件が発生

犯人は誰なのか?

この事件の不可解な点とは?

実はこの常山・・・・非常に有名な心霊スポットだった?


sponsored link


生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

下のリンク記事は別タブで開きます。

プリンと醤油でウニの味?プリン専用の醤油が存在した?」の記事はコチラ
西野カナがなぜレコード大賞?レコ大って、買収してもらえるものなの?」の記事はコチラ
「戦国時代(大河ドラマ関連)」の記事はコチラ

■目次

岡山県の常山で殺人事件発生!

3つの謎

3つの謎を推理!

常山は「心霊スポット」?(追記アリ

本日のまとめ

その他の記事

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。


目次にもどる

■岡山県の常山で殺人事件発生!

2017年元日、不可解な事件が発生しました。

午後3時55分頃、岡山県の玉野市消防本郡から110番に対して電話連絡がなされました。

「男の声で『常山(つねやま)の登山道で人を刺した』と通報があった」

どうして消防本郡から警察に???

岡山県玉野市、常山・・・・岡山市と玉野市の境にある300mほどの山。

登山道があるとはいえ、軽装ではかなり難しいと噂の山・・・。

眺めがとても良い山で、登山道として人気があったとか。

玉野警察署の警察官が、登山道へ行ってみると、背中から血を流して倒れている男性を発見。

傷は複数箇所あり、年齢は30~40代と思われる。

即座に病院へ運ばれたが、午後9時40分に亡くなった。

警察では、殺人事件として容疑者の行方を追っている。

被害者男性が倒れていた場所には血の付いた刃物が落ちており、現場付近には乗用車と軽自動車が残されていたという。

最も怪しいのは「名乗らずに消防に通報してきた男

この男の行方を、容疑者として追跡しているらしい。

目次にもどる

■3つの謎

この事件には、現時点でわからないことが3つあるような気がします。

1,犯人はどうして消防に電話したのか?

犯人・・・・「人を刺した」と消防に通報した人物は、どうして110番ではなく、消防に電話したのでしょうか?

消防でも、電話連絡は録音されているとのことですから、「録音されて声のサンプルを取られないために」という理由は成立しません。

「逆探知」されることを恐れてのことなのかもしれません・・・・でも、電話して自白したのだから、逮捕を恐れているとは思えないのですがね。

2,犯人はどうして通報してきたのか?

犯人はどうして通報してきたのでしょうか?

通報したということは、自首の意思があったということでは?

犯人が警察に出頭したという情報はありません。

逃走する意思があるなら通報しないでしょうし、自首するつもりなら消防に電話せず、110番に電話するでしょう。

3,残された自動車

現場には乗用車・軽自動車の2台の車が残されていたとのことです。

これはおそらく「被害者」と「犯人」のものでしょう。

犯人はどうして車を残していったのでしょうか?

逃走するつもりなら、車を残しては行かないでしょうし。

警察へ行くつもりであったとしても、車を残していくことはないでしょう。

不可解なことが多すぎますね。

単純な推理で申し訳ありませんが、拙僧、これらの謎について推理してみました。


sponsored link


目次にもどる

■3つの謎を推理!

まず、どうして犯人は「警察」ではなくて「消防」に電話したのでしょうか?

そして、どうして通報してきたのでしょうか?

おそらく犯人は警察に自首するつもりはなかったのでしょう

ただ、犯人は被害者を刺した後、被害者がまだ亡くなっていないことを確認して、殺害するのではなく、助けてもらおうと消防に電話したのではないでしょうか。

救急車を呼ぼうとして消防へ電話。

つまり、犯人は被害者を刺しておきながら自分で救急車を呼んだ・・・・ということでは?

被害者には背中に刃物で刺された傷が複数あったのです。

ということは、犯人は被害者を後ろから刺したのでしょうね。

被害者に襲われた犯人が応戦して相手を刺してしまった・・・・ということも考えましたが、それでは背中ではなく、正面に傷ができるでしょうし。

後ろから・・・・・殺意があったということではないでしょうか。

それにもかかわらず、消防へ連絡した犯人の意図とは?

もしかしたら、犯行の後、自分がしでかしたことに対して後悔してしまい、消防へ連絡したのかも。

次に、どうして自動車を残されていたのでしょうか?

自動車が残されていたということは、犯人に「逃亡の意図はない」ということでしょう。

盗難車でもない限り、車のナンバーを調べれば、犯人はあっという間に特定されます。

しかし、逃亡するつもりがないのなら、消防に連絡した時に、警察にも電話すれば良かったのでは?

警察に出頭するつもりも、逃亡するつもりもない・・・これはどういうことなのか・・・。

もしかして、犯人は・・・・自ら終わりにしようと???

ドラマなんかではよくある話ですが・・・・まさか・・・・。

目次にもどる

■常山は「心霊スポット」?(追記アリ

この常山・・・・心霊スポットとして有名だそうで・・・。

常山には「常山城」というお城があったのですが、そこで昔、悲劇が起こったと言われています。

1575年。中国地方の有力者・毛利氏によって攻められた常山城。

当時この城を支配していたのは上野隆徳という武将。

200人の兵で城を守っていた上野隆徳は、毛利氏の6000人の大軍勢に抗しきれずに自刃。

その妻である鶴姫は、夫の無念を晴らそうと、城内の女を30人ほど集め、毛利軍に対して突撃を敢行!

そして、敵の武将、乃美宗勝に一騎打ちを挑むが、乃美宗勝はそれにビビったのか、それとも女性を相手には出来ないと思ったのか、一騎打ちを拒否。

城に戻った鶴姫は自刃。

常山には、その時亡くなった女性の墓が残されており「女軍の墓」と呼ばれているみたいですね。

まさか、この鶴姫の呪いが・・・。

この常山城を後に支配した大名たち・・・・・ろくな目にあっていないみたいですね・・・。

毛利氏に支配された後、宇喜多秀家という武将の領地となりました。

宇喜多秀家は、豊臣秀吉の五大老の1人。

関ヶ原の戦いで敗れ、領地を没収されて島流しの刑にされています。

その後、この常山を支配したのは、豊臣秀吉の甥「小早川秀秋」。

関ヶ原の戦いで、西軍を裏切って徳川家康についた裏切り者。

小早川秀秋は関ヶ原の戦いの2年後、謎の死を遂げています。

もしかしたら、本当に呪い??

鶴姫の怨念?

どうやらこの常山では、鶴姫を慰めるために、盆踊りが行われていたらしいですね。

しかし、2012年7月頃に、車道が土砂崩れを起こして、車が通れない状態になっているんだとか。

そのため、最近では供養のための盆踊りが出来ていないんだそうですよ。

2016年10月「映っちゃった」とかいう番組で、中川翔子こと「しょこたん」が、この常山の心霊現象を取材に行ってました。

地元の取材をしていた、しょこたん。

地元の人は「女性の声が聴こえた」だの「生首が目撃された」だの言っていました。

そして、しょこたんは、夜に常山へ・・・。

しょこたんも、女性の声が聴こえた・・・・とか、耳鳴りがするとか言ってましたね・・・。

鶴姫は敗戦の無念から、口に刀を入れて自刃したのだとか・・・。

・・・・・。

シャレになりませんね・・・・。

もしかしたら、今回の常山での事件・・・・オカルト的な何かが関係しているのでしょうか???

恐ろしいですね。南無阿弥陀仏・・・。

追記致します。

警察は1月2日に倉敷市の「神原麻玖」さん38歳を殺害した容疑で、住所不詳・自称自営業の「山口良太郎」容疑者32歳を逮捕した。

山口良太郎容疑者は岡山県倉敷市内で逮捕されたそうです。

「些細なことから口論になってやった」

と犯行を認めているとのこと。

警察は残された車の名義から、簡単に犯人を割り出したみたいです。当然ですね。


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・岡山県玉野市常山で殺人事件が発生した。

・犯人は逃げるつもりも自首するつもりもないらしい。

・常山は有名な心霊スポットと言われている。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■その他の記事

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

フルポン村上が嫌い?ヒザ神ネタはわざとらしい?有吉や芸人全員から嫌われて消えた?」の記事はコチラ


sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る