近藤勇と坂本龍馬の血を引く子孫が実在した?龍馬暗殺の犯人は近藤?

新撰組の局長・「近藤勇」・・・。

そして、その新撰組に暗殺された?という説もある「坂本龍馬」

幕末に敵同士だった二人の子孫が、平成の世で結婚している?

現在の子孫は二人の血を引いている?


sponsored link


生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

下のリンク記事は別タブで開きます。

「戦国時代(大河ドラマ関連)」の記事はコチラ
真田幸村の最期は超壮絶?伊達政宗との密約の真の狙いとは?」の記事はコチラ

■目次

坂本龍馬と近藤勇の子孫が結婚してた?

坂本龍馬・近藤勇の関係!二人は敵同士だった?

龍馬暗殺は近藤勇の仕業?

坂本龍馬を暗殺したのは誰か?

本日のまとめ

その他の記事

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。


目次にもどる

■坂本龍馬と近藤勇の子孫が結婚してた?

2016年12月21日放送の「水曜日のダウンタウン」にて、とんでもない人物が紹介されていました。

彼の名前は「坂本悠馬」さん17歳、高校2年生。

ご先祖様がとっても有名人なのだそうですよ。

お父さんが、坂本龍馬の子孫。

正確には、坂本龍馬の兄の子孫なのだそうです。

しかもそれだけではなく、母方のご先祖様が「新撰組局長」の「近藤勇」なのだとか・・・。

近藤勇と坂本龍馬・・・・・・二人の偉人の血を引くとは・・・・サラブレッドでハイブリッド・・・・とは言え、ちょっと「大物」な感じに欠けた感じの極めて平凡な少年でしたけどね。

まさか、この二人の子孫が、百数十年の時を越えて結婚して子供をもうけていたとは。

坂本龍馬と近藤勇は何を思っているのでしょうか?

二人は敵同士だったのに、まさか子孫同士が結婚するとは驚いているでしょうね。

では次は、二人の関係を調査してみましょう。

目次にもどる

■坂本龍馬・近藤勇の関係!二人は敵同士だった?

坂本龍馬と近藤勇・・・・二人を先祖に持つ子孫がいるとは・・・・驚きの声がネット上であがっています。

ここでは坂本龍馬と近藤勇の関係をおさらいしてみたいと思います。

さて、当時は「幕末」と呼ばれた時代。

徳川家康が築き上げた「徳川・江戸幕府」の末期頃のことです。

アメリカからペリーが来て、それまで鎖国していた江戸幕府に強引に力で開国を迫ったことで、日本は動乱の時代を迎えることに・・。

幕府はペリーの圧力に屈する形で200年以上続けていた鎖国・つまり閉鎖的な外交政策をやめ、西欧列強と通商条約を結びます。

その通商条約は非常に不平等な条約で、そんな不平等条約を結ばされた幕府に対して、それまで国の政治に参加できなかった「外様大名」とその家来達は、怒り心頭!

日本がなぜ西欧列強に屈するように、開国し、不平等条約を結ばなくてはならないのか?そんな弱腰な江戸幕府に政治を任せてはおけない!

というわけで、幕府を倒そう、という運動「倒幕運動」が始まったわけです。

外様大名・外様の藩のなかでも有力な長州藩は、特に過激!

長州藩の天才・吉田松陰を初めとして、その弟子たち、高杉晋作久坂玄瑞などが倒幕を画策しました。

しかし、依然として幕府は強大。

長州藩は負け続き・・・。

そんな長州藩を助ける力をもつ有力藩が薩摩藩でした。

でも薩摩藩と長州藩は犬猿の仲。

その2つの藩を仲直りさせて同盟を結ばせた仲介人が坂本龍馬

つまり、坂本龍馬は倒幕を加速させた張本人というわけですね。

さて、一方近藤勇は?というと、倒幕運動に対して、幕府を守ろうとする思想の持ち主!

近藤勇は元々農民の子。

武士である「近藤家」の養子になって、現在の東京・多摩で剣術の修行をしていたお方。

彼はある日、幕府が腕が立つ人間を身分にかかわらず募集していると知り、即参加!

後に「新撰組」を結成して、京都の治安維持に務める部隊のトップに就任します。

新撰組は、かなり血生臭い集団だったらしく、新撰組本部が置かれていた壬生村にちなんで「壬生狼」、つまり狼のような獰猛な連中と呼ばれていたとか。

彼らは京都の治安を守るために、かなり過激に活動をしていたみたいです。

「脱走は切腹」などの鉄の掟で寄せ集めの強者集団をまとめ上げ、倒幕運動を行う「志士」と呼ばれる人たちを殺害しまくったとか・・・。

つまり、倒幕を画策していた長州藩を助けた坂本龍馬と、幕府を守ろうとして倒幕派を倒していた近藤勇・・・・。

二人は敵同士ってわけなんですね。

まぁ、坂本龍馬は、薩摩・長州と幕府の力を拮抗させて、内戦を防ごうとしただけと言われていますので、単純に「近藤勇の敵」とは言い難いのですが、当時の近藤勇から見ると、敵にしか見えなかったことでしょう。

坂本龍馬・・・・・最期は暗殺されて亡くなっていますが、当時は「近藤勇に殺害された」と噂されていたみたいです。

次は坂本龍馬の暗殺について、ご説明致します。


sponsored link


目次にもどる

■龍馬暗殺は近藤勇の仕業?

坂本龍馬・・・・1867年12月10日(慶応3年11月15日)に、京都の河原町にある宿「近江屋」で暗殺されました。

この坂本龍馬暗殺・・・・近藤勇の仕業・・・という説がありますが・・・どうなんでしょうか?

どうやら坂本龍馬暗殺の犯人は新撰組・・・・という説は、事件直後によく噂されていたものらしいですね。

事件直後に、元・新撰組参謀の伊東甲子太郎が、竜馬暗殺の現場に残されていた鞘が、新撰組十番隊隊長の「原田左之助」のものだと証言。

又は、剣術の達人だった坂本龍馬を暗殺できるだけの腕前を持つのは、新撰組の撃剣師範だった三番隊隊長「斎藤一」だけ・・・なんてことも言われていたのだとか・・・。

新撰組幹部が坂本龍馬を暗殺したと言われているということは、新撰組トップの近藤勇の指示だったのでは?と・・・当時、実際に疑われたみたいです。

近藤勇は幕府から取り調べを受けていますが、その時、龍馬暗殺について否定してます。

龍馬暗殺については「犯人は新撰組・近藤勇」という説の他にも諸説ありますが、その中でも現在最も有力な説は「京都見廻組の犯行」という説なのだと言われています。

目次にもどる

■坂本龍馬を暗殺したのは誰か?

坂本龍馬を暗殺したのは京都見廻組?

京都見廻組とは、新撰組と同じく、会津藩直属の京都治安維持部隊のこと。

新撰組を寄せ集めの臨時部隊だとしたら、京都見廻組は会津藩の正規軍。

その京都見廻組が龍馬暗殺を実行したという説が、現在のところ有力な説なのだとか・・・。

ではどうして京都見廻組が龍馬を暗殺したと言われているのか?

1870年、明治3年、つまり龍馬暗殺から3年後に元・京都見廻組の今井信郎という人が、坂本龍馬暗殺について自白したから。

他にも元・京都見廻組の渡辺篤という人が、坂本龍馬暗殺を自白していますね。

自白しているんなら間違いないでしょ!

と思うのですが、どうやらこの「京都見廻組犯行説」には懐疑的な見方もあるようなのですよ。

理由は、二人の証言の食い違い!!

二人の龍馬暗殺についての証言には「龍馬を襲った際の人数」「負傷させた箇所」「忘れ物の鞘の持ち主」などにおいて、食い違いがあったのです。

そのため、二人の「証言」は「単なる売名行為」という見方もあるのだとか・・・・。

そのため、龍馬暗殺から150年も経過した今でも、龍馬暗殺の犯人は「京都見廻組」ではなく、新撰組・・・なんていう噂がやまないみたいですね。

でもね、拙僧思うのですが、「鞘の持ち主」とか「龍馬を負傷させた箇所」とか「襲った人数」とか、事件から3年も経過してたら正確に覚えているのって結構難しいんじゃないでしょうかね?

その証言が異なるからって、「京都見廻組」が犯人じゃないってのは、無理があるのでは?

売名行為っていったって、自白した今井信郎さんは、龍馬暗殺のせいで禁固刑になってますし・・・・売名行為ってのは無理があると思うのですが、どうなんでしょうか?

近藤勇と坂本龍馬・・・・二人は確かに敵同士でしたが、暗殺したわけではないと思います。

龍馬暗殺は京都見廻組の仕業だったのではないでしょうか?

だとしたら、二人の子孫が結婚して、双方の血を引く子孫が誕生したことを、もしかしたら、龍馬さんも近藤さんも喜んでいるかも・・・。

坂本悠馬さん・・・・・将来政治家にでもなったら、面白そうなんですが・・・・ハイブリッドなサラブレッドの将来はどうなるのでしょうか?


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・坂本龍馬と近藤勇、双方の血を引く子孫が存在していた!

・坂本龍馬と近藤勇は、敵同士。

・当時、龍馬暗殺の犯人は、近藤勇がトップを務める新撰組と言われていたらしい。

・現在では、犯人は「京都見廻組」という説が有力だと言われている。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■その他の記事

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「大河ドラマ・真田丸での真田幸村きりちゃんのキスシーンは、実際にあった??」の記事はコチラ

きりちゃん真田幸村の最期とは?伊達政宗に預けられた幸村の娘『お梅』は実はきりちゃんの子?」の記事はコチラ


sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る