おおたか静流の未解決事件って何のこと?年齢やプロフィールを紹介!

ミュージシャン「おおたか静流」

未解決事件ってどういうこと?

ド派手な衣装でわかりにくいですが、

彼女って何者なの?年齢は?


sponsored link


生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

下のリンク記事は別タブで開きます。

「戦国時代(大河ドラマ関連)」の記事はコチラ
益若つばさが盗作?プロデュースって、彼女がデザインしたわけではない?」の記事はコチラ

■目次

「おおたか静流」プロフィール

未解決事件とは?

おおたか静流って何者?

本日のまとめ

その他の記事

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。


目次にもどる

■「おおたか静流」プロフィール

名前・・・・・・おおたか 静流(おおたか しずる)

生年月日・・・・1953年4月11日(63歳・2016年12月現在)

出身地・・・・・東京都

出身大学・・・・武蔵大学人文学部卒業

歌・・・・・・・クラシック・民族音楽・ジャズ・ワールドミュージック

所属・・・・・・テイチクエンタテイメント(レコード会社)

引用元ウィキペディアより

 

目次にもどる

■未解決事件とは?

おおたか静流さんといえば、ネットで検索してみると、変なワードで検索されていることに気がつきます。

それは「おおたか静流 未解決事件」というキーワード。

未解決事件??

どういうことなのでしょうか?

彼女が何かの未解決事件に関係しているということなのでしょうか?

おおたか静流さん・・・・・63歳ですからね、何かしらの事件に巻き込まれた経験くらいあってもおかしくないですよ。

調査してみたところ、未解決事件に巻き込まれたわけじゃないみたいですね(^_^;)

どうやら2016年10月8~9日に再放送された「未解決事件」というドラマのメインテーマ曲を歌っていたのが「おおたか静流」さん・・・ということらしいです。

「未解決事件」ってどういうドラマなのか?というと「ロッキード事件」の実写再現ドラマ。

田中角栄元総理を「石橋凌」さんが演じ、その田中角栄元総理を追い詰めていく検察官役を「松重豊」さんが演じたドラマ。

曲の名前は「ラビリンス」。川井憲次というお方が作曲した曲なんだそうですよ。

おおたか静流さん・・・・・何かしらの未解決事件に巻き込まれて、真相を知っている?なんて話だったら面白かったんですけどね(^_^;)残念です。いやいや幸いです( ゚∀゚ )


sponsored link


目次にもどる

■おおたか静流って何者?

おおたか静流さん・・・・ノンジャンルと自称して、何かのジャンルに囚われること無く自由に歌っているミュージシャンさん。

ファッションからして斬新ですね・・・。

よく小さな子供たちに民謡を聞かせたりという活動をしているみたいですな・・・。

彼女が言うには、人間は産まれた時には産声で大きな声を出していたにも関わらず、大人になると抑制して声が出なくなってしまう。

その為、声を開放するために、あらゆる試みをしているのだとか・・・・。

力強い歌声のミュージシャン

子供の頃からクラシックを学び、若くしてCMなどに起用されて来たミュージシャン。

ド派手な衣装とエクステのおかげで、年齢がよくわからない方なのですが、既に60歳過ぎなんですね。

どうやら海外の民謡を耳にして、感銘をうけたと言ってました。

そして、日本の民謡に傾倒していったとか。

彼女のミュージシャンとしてのジャンルは「ノンジャンル」??だそうですわ。

つまり何かのジャンルに縛られたくないってことなんでしょうね。

今後の活躍に期待したいと思います(`・ω・´)ゞ


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・おおたか静流さん、ノンジャンルを自称するミュージシャン

・未解決事件とは、彼女がメインテーマ曲を歌ったドラマの題名

・未解決事件じ巻き込まれたわけじゃないらしい・・・。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■その他の記事

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

ASKAは冤罪?警察の失態が原因で釈放?」の記事はコチラ

田島令子に子供がいる?独身だと言われてきたけど、父親は誰?」の記事はコチラ


sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る