ASKA冤罪?釈放は警察の失態が原因で尿が本人の物かわからない?

釈放が決まったASKA

どうして逮捕されたというのに釈放なのか?

これは冤罪だったのか?

わからないことが3つあります。

1,「尿とお茶の区別って、つかないものなのか?」

2,「どうしてASKAさんは、お茶を提出したのか?」

3,「警察は毛髪検査をしていないのか?」


sponsored link


「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

下のリンク記事は別タブで開きます。

「ASKA逮捕は誤報?逮捕を誤報と断じたASKAのブログでのコメントとは?」の記事はコチラ

■目次

ASKA釈放!不起訴処分!

逮捕までの経緯

不起訴・釈放となった理由!「尿の立証不可能」の意味とは?

「お茶を入れた」って隠蔽したってこと?

ASKAさんは冤罪だったのか?

本日のまとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。


目次にもどる

■ASKA釈放!不起訴処分!

「不起訴」になったASKAさん、「起訴」とは何なのかについては、以下のリンク記事をご覧くださいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「ASKAが不起訴ってなぜ?釈放された理由は?そもそも起訴って何なのかをわかりやすく説明!」の記事はコチラ

2016年12月19日19時10分頃、違法薬物使用の容疑で逮捕されていた、ミュージシャンのASKAさんが釈放されました。

湾岸警察署から出てきたASKAさんは、逮捕当時と同じグレーのスーツを着て、ゆっくりと湾岸警察署から出てきました。

集まった報道陣に対して軽く一礼をしたASKAさん。

その後、報道陣からの質問に対しては無言を貫いて車へ。

検察は、ASKAさんの容疑について、嫌疑不十分として不起訴処分としたのです。

不起訴処分で釈放って・・・・。

だったらどうして逮捕したの?

不起訴・釈放となった理由は、

「任意提出された尿が、ASKAさんのものだと立証するのが困難だと判断したため」

なのだそうですが・・・・。

どういうこと?

目次にもどる

■逮捕までの経緯

2016年11月25日、ASKAさんは、自ら警察に通報。

「盗聴盗撮されているので、助けてほしい」

と言っていたそうです。

そして、警察はその時のASKAさんの挙動に不審なものを抱いたため、任意での検査用の尿を提出してほしいと頼んだところ、ASKAさんはそれに応じて尿を提出。

その尿から陽性反応が出たため、警察は11月28日にASKAさんを逮捕。

さて、この逮捕の情報なのですが、実際に逮捕される前にマスコミが報じていました。

どこかから警察の情報が漏れていたのでしょうね。

ASKAさんは逮捕前に自らのブログを何度も更新。

「無実です。報道は間違い」

と自身の潔白を訴え続けていました。

挙句の果てには昼のワイドショー「ミヤネ屋」の宮根誠司さんに対して、生放送の収録終わりに電話をし、無実を主張。

井上公造さんも同席して、ASKAさんの主張を聞いていました。

違法薬物は絶対に使っていないとも言ってましたね。

その後、ASKAさんは逮捕。

ASKAさんは逮捕後も一貫して容疑を否認。

違法薬物なんて使用していない、と主張。


sponsored link


目次にもどる

■不起訴・釈放となった理由!「尿の立証不可能」の意味とは?

ASKAさんの尿からは違法薬物の成分が検出されたと言われています。

これに間違いないとのことです。

しかし、この尿が「ASKAさんのものかどうかが証明できない」という理由で釈放されたらしいですね。

一体どういうことなのか?

ASKAさん、11月25日に尿検査をしたわけですが、その時、尿ではなく、「お茶」を容器に入れて、警察に提出したというのです。

????

そんなことが果たして可能なのか?

どうやら違法薬物の検査の際に行われる尿検査にはルールがあるらしく、「容器と採尿する人の顔」が一緒に写るように写真を撮影し、立会人の監視のもので採尿するのだそうです。

しかし、ASKAさんの場合は任意で尿を提出してもらったため、このルールが曖昧になってしまっていたらしいです。

トイレに入っていたASKAさんの後方で、奥様と警察官が監視していたらしいのですが、その時、ASKAさんの手元がはっきりと確認できていなかったのだとか・・・。

立ち会った警察官も、提出された尿がASKAさんのものだとはっきりと証言できなかったみたいですね。

そして、提出してもらった尿は、少量であり、検査の際に使用しきってしまったとか。

そのため、再検査をすることも出来ず、逮捕から時間が経過してしまったため、改めて検査しても、陽性反応が出るかどうかも定かではないため、警察は再検査をしていないと言ってました。

そもそも気になることが1つあります

それは「尿とお茶の区別はつかないものなのか?」ということ。

つかないみたいですね。お茶ってノンカロリーですからね・・・。

もう一つわからないことがあります。

「毛髪検査をしていないのか?」

ということ。

毛髪は尿とは違って、長期間身体に残るもの。

つまり、かなり以前に使用していたとしても立証できるはず。

ASKAさんは髪の毛も長めだし、検査すればすぐに使用を立証できると思うのですが・・・・警察は「毛髪検査についてはプライバシーの問題なので回答しません」と言っているみたいです。

おそらく警察は毛髪検査をしたのでしょう。しかし陽性反応が出なかった・・・・ということなのではないでしょうかね。

しかも尿が本人のものだとは立証できないため、やむを得ず釈放・・・となったのでしょう。

それにしても、警察の捜査はあまりにお粗末だった気がします。

起訴出来ない程に証拠が不十分だったにも関わらず、逮捕に踏み切った・・・・ASKAさんは有名人ですので、メディアを騒がせることになるであろうことは、すぐに察することが出来たでしょう。

それにもかかわらず、任意の検査のみで逮捕に踏み切ったのは、おそらく逮捕後でも自白と捜査で起訴できるだけの証拠が揃うと甘い見通しをたてていたのでしょう。

それはともかくとしても、もう一つわからないことがあります。

「ASKAさんは尿と見せかけてお茶を提出した・・・それは隠蔽しようとしたってこと?」

どうしてASKAさんはお茶を提供したのでしょうか?

やましいことがあったから?

目次にもどる

■「お茶を入れた」って隠蔽したってこと?

偽ってお茶を検査用に警察に提出したASKAさん・・・・。

どうしてそんなことをしたのでしょうか?

そもそもASKAさんが主張する通り、「無実」だというのなら、そんなことをする必要もなく、堂々と提出すればいいだけのはず。

それにもかかわらず、お茶を提供した・・・・。

なぜなのか?

考えられる理由は2つあると思います。

1つはとても単純な理由。

「ASKAさんにやましいことがあったため、隠蔽しようとした」

ASKAさんは違法行為の隠蔽の目的で、お茶を提供したということ。

もしそうなら、ASKAさんは冤罪ではない・・・・と言う事になります。

「ASKAダークサイド説」ですね。

さて、もう1つの説。これは「警察ダークサイド説」ですね。

「警察がASKAさんを冤罪で無理矢理逮捕しようとしたため、ASKAさんは身を守ろうとした」という説。

警察が「冤罪を作り上げてでも逮捕すること」が目的だったのだとしたら、ASKAさんのこの行動は「身を守る」ためには賢い方法だったでしょう。

一連の騒動で、警察の逮捕が不当だったことを印象づけたわけですから。

でも、現実的に警察が冤罪だとわかっていて、無理矢理ASKAさんを逮捕するなんてことがあるのでしょうか?

以前検察が冤罪と知りながら、無実の人を陥れようとした事が騒動になっていました。

もしかしたら、警察にもそういう暗い面があるのかも・・・・。

目次にもどる

■ASKAさんは冤罪だったのか?

ASKAさんは、釈放直後に自らのブログを更新して、こうおっしゃっておられます。

「無罪です。

様々なことは、また、改めて書かせていただきます。

すべての行動には、理由があります。

いまは、それしかお伝えできません。

予定が、20日間もズレてしまいました。

こんなところで止まっているわけにはいきません。

やれることを、やらなくては。

皆さんを、最高のアルバムでお待ちします。

今日は、少し疲れてます。

おやすむね。

まだ、パソコンを返してもらっていないので、

初めてiPhoneからのエントリーです。

みなさん、信じてくれてありがとう。

ASKA」

このASKAさんのコメント、最も大切なことは

「すべての行動には、理由があります」

というところでしょう。

つまり「なぜ尿と偽ってお茶を警察に提供したのか?」

考えられるASKAさんの言い分は「警察による冤罪を防ごうとした」ということでしょう。

先程書きましたが、警察はおそらく毛髪検査をしたことでしょう。

しかし陽性が出なかったため釈放されたと思われます。

この推理が正しければ、ASKAさんは「冤罪だった」ということになるでしょう。

ただ、単純にASKAさんを信じていいものかどうか・・・・。

なぜなら、ASKAさんの逮捕前の行動・・・・あまりに挙動が不審な気がします。

「盗聴盗撮されている」

という被害妄想にも似た訴え。

違法なものを使用してしまった人間に、よくある言動な気がしてしまいます。

ASKAさん・・・・本当に冤罪なのでしょうか?

そうなのだとしたら、どうしてお茶を提供したのか?

その理由を、ASKAさんを信じたいと思っているファンのためにも、一刻も早く明かしてほしいものです。


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・ASKAさんが釈放・不起訴処分となった。

・ASKAさんは、尿検査の際に、尿と偽ってお茶を警察に提供したらしい

・お茶を提供した理由は「冤罪を防ぐため」だったのかもしれない

・ただ、ASKAさんが潔白とは、簡単には信じられない気がする。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「戦国時代(大河ドラマ関連)」の記事はコチラ


sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る