大蔵卿局は無能な裏切り者?家康と内通した黒幕で実は秀頼の祖母?


大蔵卿局(おおくらきょうのつぼね)。

大河ドラマ「真田丸」で、何かと口出しして真田幸村を苦しめる彼女。

あれほど真田幸村の邪魔をするってことは、まさか裏切り者の内通者?家康のスパイ?

そして、彼女が実は「豊臣秀頼」の祖母!!という噂があるそうですが・・・どういうこと?


sponsored link


生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

下のリンク記事は別タブで開きます。

「大阪の陣・敗因は淀殿?裏切り者を恐れて、堀を埋めて自滅?」の記事はコチラ
大蔵卿局ってどうしてあんなに偉そうなのか?実は大阪城の影の支配者?」の記事はコチラ

■目次

大蔵卿局とは?

無能だった?なぜ足を引っ張る?

家康のスパイ?内通していた?

秀頼の祖母だった?

本日のまとめ

その他の記事

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。


%e5%a4%a7%e8%94%b5%e5%8d%bf%e5%b1%80%ef%bc%92


目次にもどる

■大蔵卿局とは?

大河ドラマ「真田丸」で、真田幸村の作戦などに織田有楽斎と一緒になって、何かと口出ししてくる女性「大蔵卿局」。

彼女は一体何者なのでしょうか?

そして、どうしてあんなに偉そうなのか?

大蔵卿局は、大阪の陣で「豊臣家」の一番偉い家来だった「大野治長」の母親!

元ラジャダムナンチャンピオンのムエタイ選手「武田幸三」さん演じる「大野治房」の母でもあります。

大蔵卿局は、淀殿、又は秀頼の「乳母」・つまり養育係だったと言われています。

おそらくですが「秀頼」の乳母ではなく、淀殿の乳母でしょう。

息子の「大野治長」と淀殿は同世代です。乳母のお仕事は授乳。ということは秀頼の乳母は無茶でしょう。

そして、大蔵卿局は、息子・大野治長が秀頼の側近になったため、淀殿や秀頼からも信頼されていたのです。

淀殿からすると「乳母」の大蔵卿局は母親代わりでもありますからね。

どうしてあれほど偉そうなのか?というと「乳母」と言うのは、育てた教え子から信頼されて重く用いられるから。

例えば「徳川幕府3代将軍・徳川家光」の乳母「お福」さんは、出世しまくって「春日局」と呼ばれるようになり、絶大な権力を振るったそうです。

それと同じ様に大蔵卿局も、淀殿が秀頼を産んで権力を握った頃から、重用されて権力を振るうようになったみたいですね。

さて、彼女は大河ドラマ「真田丸」では、事ある毎に口出しして、真田幸村や息子・大野治長を困らせているみたいです。

あれだけ足を引っ張るってことは、もしかして無能?又はスパイなの?

ちなみに「織田有楽斎」について、詳しくは以下のリンク記事を御覧くださいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

織田有楽斎は裏切り者のスパイ?子孫は現在名古屋市在住?」の記事はコチラ

目次にもど

■無能だった?なぜ足を引っ張る?

大蔵卿局は、もしかして無能なのでしょうか?

どうなんでしょうか?

彼女が「無能なのでは?」と言われるエピソードが一つあるようです。

それは「国家安康・君臣豊楽」の一件。

豊臣家は、自らの威信をかけて「方広寺大仏殿再建」という、大きな公共事業に5年の月日を費やして取り組んでいました。

しかし、そこに徳川家康の難癖が付けられます。問題となったのは「方広寺」の鐘に刻まれた文章。

「国家安康は、『家康』の文字を2つに引き裂いて呪いをかけようとしたもの。

君臣豊楽は『豊臣家を君主として楽しむ』という意味だ」

あからさまな難癖ですね・・・・。嫌がらせです。

それに対して豊臣家は、「呪いではない」という弁明をするために、家老で家康とのパイプ役を務めてきた「片桐且元」を駿府城の家康のところへ遣わします。

しかし、片桐且元は、家康に会えません。家康はそれだけ「国家安康」に怒っていたというのです。

片桐且元は家康の側近「本多正純」や「金地院崇伝」から、「家康の怒りをとく3通りの方法」を聞かされます。

1,淀殿を、家康の本拠地である江戸へ人質に出すこと

2,秀頼の江戸への参勤(江戸に住まうこと)

3,大阪城を出て、他国の領地へ移動すること

本多正純が言うには、この内一つを選んで実行すれば、家康の怒りはおさまるだろうとのこと。

即答できないので大阪城に持ち帰るという片桐且元・・。結局、彼は家康には会えませんでした。

しかし、片桐且元の知らないところで、いつのまにやら大蔵卿局が、駿府城にやってきていました。

それも片桐且元とほぼ同時期に駿府に来ていたそうです。

しかも片桐且元が1月もの間、家康に会えないで困り果てていたところに・・・・大蔵卿局はあっさりと家康に会えたと・・・・。

大蔵卿局は家康に会ってこう言われたということです。

「豊臣家を攻めようなんて、全く考えていない。

私は秀頼殿を大切に思っている。しかも私の孫の千姫は秀頼殿の妻。

これからも孫婿の秀頼殿を守っていくつもりです。

『国家安康・君臣豊楽』については、あなたの言葉を信じましょう。

呪いではない事はよくわかりました。先の短い老人に余計な心配をかけないでくれ、ということですから、なにも心配いりませんよ」

そして大蔵卿局と片桐且元は、別々に駿府城から大阪城へ帰ります。

すると、大蔵卿局と片桐且元は帰りの途中で「京都伏見」でばったり会いました。

そこで片桐且元は本多正純から聞いた、大蔵卿局に「家康の怒りを解く3通りの方法」を知らせます。

しかし大蔵卿局からしてみると、「家康は全く怒ってなかった」わけです。

話が変だぞ・・・と思った大蔵卿局は、片桐且元を伏見に置いてけぼりにして一足先に大阪城へ帰還。

そして淀殿と秀頼に対して、片桐且元が言っていることと、自分が家康から聞いたことが食い違っていることを伝えます。

しかも大蔵卿局は、どこで調べたのか(おそらく家康から聞かされた)片桐且元の娘が、本多正純の息子に嫁ぐ予定、という噂も合わせて報告したという説があります。

実際にはこの「婚約」は実行されていません。

豊臣家は、片桐且元を

「家康に気に入られようとして、豊臣家を苦しい立場に導こうとした裏切り者」

と判断して殺害しようとします。

それを察知した片桐且元は逃亡し、家康の家来に助けを求めます。

ちなみにこの時、豊臣家の家来だった織田信長の次男「織田信雄」も、豊臣家に見切りをつけて大阪城を退去しています。

「家康とのパイプ役」である片桐且元を殺害しようとした豊臣家の行為を、「宣戦布告」と受け取った徳川家康は、開戦を決意。

1614年「大阪冬の陣」が勃発するわけです。

さて、大蔵卿局・・・・・やっちまってますね~・・・・(;・∀・)

すでにおわかりだと思いますが、片桐且元は裏切っておらず、これは家康の仕掛けた罠。

それに見事にハマってしまった大蔵卿局・・・・・・というわけです。

大蔵卿局・・・・・無能だと言われても仕方ないかもしれませんね。

とは言え、彼女は「武将」でも「外交官」でも「執政官」でもない、所詮は「乳母・養育係」でしかありません。

ありのままを上司の秀頼・淀殿に報告したら、いつのまにやら「片桐且元」が裏切り者になった・・・・というところかもしれません。

実際には大蔵卿局・・・・それほど政治に口出ししていないかもしれませんしね。

それなのに、どうして大蔵卿局は家康に会いに駿府城へ行ったのか?

それだけ豊臣家には「人材がいなかった」のかもしれません・・・。


sponsored link


目次にもどる

■家康のスパイ?内通した豊臣家滅亡の黒幕?

さて、大蔵卿局がやらかしたおかげで、「大阪冬の陣」が勃発してしまうわけです。

結果からみると、この「冬の陣」を発端とする、翌年の「大阪夏の陣」で、豊臣家は滅亡。

つまり大蔵卿局は、豊臣家滅亡のきっかけをつくってしまった事になります。

結果から見ると、大蔵卿局ってまさか家康のスパイで、豊臣家滅亡の黒幕だったのでは?とも思えてしまいますよね。

でも、それはありえません。

どうしてなのかというと・・・・彼女の最期・つまり亡くなり方が、「裏切り者ではない」ことを証明しているのです。

大蔵卿局の最後はどんなものだったのでしょうか?

実は大蔵卿局は、秀頼や淀殿と一緒に自害しているのです。

大阪夏の陣で敗北した豊臣家。

最後は大阪城内の蔵の中に立てこもっていたそうです。

そこには淀殿・秀頼・大蔵卿局・大野治長・大野治房などが立てこもっていました。

秀頼はそこで自害。大蔵卿局も淀殿も一緒に自害。

諸説ありますが、この時、「大阪5人衆」の1人「毛利勝永」と真田幸村の息子「真田大助」も一緒に自刃したと言われています。

ちなみに大蔵卿局たちの死に様は、かなりド派手だったみたいですよ。

よろしければ以下のリンク記事を御覧くださいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

大蔵卿局の最期はド派手だった?子孫はどこに?」の記事はコチラ

もしも裏切り者で、豊臣家滅亡を画策した黒幕だというのなら、大蔵卿局・・・・こんな死に方はしないでしょう。

さて、蛇足かもしれませんが、片桐且元・・・・彼はどうなったのでしょうか?

実は片桐且元は大阪城から脱出した後、家康と一緒になって大阪城に攻め込んでいます。

完全に裏切り者じゃん!!とおもったらそうではなく、片桐且元の目的は「秀頼の救出」にあったとか。

片桐且元は、「秀頼を間違った方向へみちびいいた家来」である「大野治長・治房」などの悪い家来を駆逐することで、秀頼を救出しようとしたとされています。

家康に「秀頼の命だけは助けてくれ」と頼んでいたらしいですね。

しかし、片桐且元の願いはかなわず、秀頼は自刃。

秀頼の死後21日目、つまり三七日忌に、片桐且元は死亡。

家康への届け出には「病死」とありましたが、明らかに秀頼に伴う「殉死」でした。

片桐且元も、実際のところ裏切り者ではなかったのかもしれません。

目次にもどる

■秀頼の祖母だった?

大蔵卿局・・・・・実は「豊臣秀頼の祖母」だった・・・・という噂があります。

どういうことなのか?

それを説明するためには、まず「豊臣秀吉」についてご説明させて頂きたいです。

「豊臣秀吉」と言えば、自他ともに認める女好き!!

側室は15人以上いたと言われています。おそらく愛人を入れれば凄まじい人数の女を囲っていたでしょう。

しかし、秀吉には子供ができませんでした。

なぜか?秀吉は幼いころに患った「おたふく風邪」の影響で、子供が出来なくなってしまったと言われている様子。

にも関わらず、淀殿は秀吉の子供、「鶴松」と「お拾」の2人を出産しています。

たくさんいる側室の中で淀殿だけが2人も出産。

当時から、この事実はかなり怪しいと噂されていたみたいです。

そこで噂されたのが「淀殿の愛人」の噂。

秀頼は「淀殿」とその愛人の子ではないか?と言われていたのです。

元々、淀殿は、母親の「お市」を秀吉に殺害されているので、秀吉を恨んでいたはず。

秀吉を裏切っていたとしても不思議ではありません。

しかも秀頼は、長身でかなりのイケメンに育ったそうです。

父・秀吉は、「低身長でブサイク」として有名ですよね。つまり秀頼は秀吉に全く似ていないのです。

そこで「淀殿の愛人」として噂になったのが、「大蔵卿局の長男・大野治長」。

実は「秀頼」は淀殿と大野治長の子供ではないか?と、当時から言われていたのです。

ということは大蔵卿局は、秀頼の祖母ということに・・・・。

これって本当なのでしょうか?

まぁ、淀殿はかなりの高身長で、淀殿の母で織田信長の妹「お市」もかなり身長が高かったとされていますので、もしかしたら秀頼は父・秀吉よりも、母・淀殿に似たのかもしれません。

真実は闇の中・・・。

もしかしたらこの噂は、豊臣家の信用を貶めて、豊臣家弱体化を狙った徳川家康が広めた噂かもしれません。

ただ・・・・もしも大蔵卿局が、豊臣秀頼の祖母で、大蔵卿局自身がその事実を知っていたとしたら・・・・・必死に秀頼を守ろうとしたことでしょうね。

裏切りってのは、無理があるのかもしれません。

ちなみに「大野治長」について、詳しくは以下のリンク記事を御覧くださいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

大野治長豊臣秀頼の実父?豊臣家滅亡の戦犯だった?」の記事はコチラ

%e6%9c%ac%e6%97%a5%e3%81%ae%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%95


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・大蔵卿局は、「淀殿」の乳母。「秀頼」の乳母ではないだろう。

・大蔵卿局は無能だったと噂があるが、元々武将でも外交官でもないので仕方ないだろう。

・家康のスパイ・裏切り者というのは考えにくい。

・息子・大野治長が「秀頼の実父」という噂があるため、秀頼の祖母の可能性も・・・。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■その他の記事

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

片桐且元は本当に裏切り者か?ナレ死どころか実際の最期は壮絶?子孫は今どこに?」の記事はコチラ

「戦国時代(大河ドラマ関連)」の記事はコチラ


sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る