菊池勲の現在は?小倉優子は家出し、馬越幸子は復活後一瞬で消えた?

%e8%8f%8a%e6%b1%a0%e5%8b%b2%ef%bc%91

11月下旬に出産を予定している小倉優子さん。

2016年8月に夫「菊池勲」氏の不倫が報じられてから

家出したとされていますが

菊池勲氏・・・現在どこで何をしているのでしょうか?

そして不倫相手の「馬越幸子」はどこで何をしてるのでしょうか?


sponsored link


生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

下のリンク記事は別タブで開きます。

小倉優子の夫の不倫はいつから?」の記事はコチラ
馬越幸子の不倫は小倉優子への復讐?」の記事はコチラ

■目次

「小倉優子の夫」の不倫報道

「家出」した「ゆうこりん」の現在(追記アリ

不倫相手「馬越幸子」の現在

ゆうこりん夫「菊池勲」の現在

本日のまとめ(馬越幸子・動画

その他の記事

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。


%e8%8f%8a%e6%b1%a0%e5%8b%b2%ef%bc%92


目次にもどる

■「小倉優子の夫」の不倫報道

2016年8月2日、週刊文春が「小倉優子」さんの夫でヘアメイクアーティストの「菊池勲」さんの不倫を報じました。

菊池勲さんの不倫相手、とされているのはなんと小倉優子さんの事務所の後輩に当たるアイドル「馬越幸子」さん。

7月7日、馬越幸子さんが住んでいるマンションの前で張り込む週刊文春記者。

マンションから出てきた菊池勲・馬越幸子の2人を直撃!

それに対して菊池勲氏は不倫を否定。

「この後、妻に話します。信じてほしい。」

無理に決まってます!何を言ってるんだか・・・。

後日、馬越幸子氏は事務所「プラチナムプロダクション」を解雇。ホームページからは彼女のプロフィールから何から何まで全て綺麗さっぱり消えていました。

その後、小倉優子さんは家出したということです。

この時小倉優子さんは妊娠6ヶ月。二人目のお子さんの出産間近の状況でした。

出産に集中するために、彼女は家を出たのでしょう。

それにしても、菊池勲氏・・・バカやっちまいましたね!!

不倫報道の詳細については以下のリンク記事を御覧くださいませ!

リンク記事は別タブで開きます。

小倉優子の不倫報道詳細!引越し先は?不倫相手の女は妊娠してた?」の記事はコチラ

目次にもどる

■「家出」した「ゆうこりん」の現在(追記アリ

家出した小倉優子さん。報道では「家出先は知人宅」とされていますが、おそらく千葉県茂原市の実家でしょう・・・。

先日不倫騒動後、久しぶりに自らのブログを更新していました。

内容は、自身の誕生日パーティーについて。

ギャル曽根」さんや「ほしのあき」さんに誕生日を祝って貰ったみたいです。

「私は今月末(11月末)が出産予定日ということで、すでに入院準備も終えて毎日ドキドキしながら過ごしています」

「無事に出産したら、みなさまにご報告させて下さい」

とのことでした。

無事に出産してくれることを祈るばかりです。

小倉優子さんはこれまで苦労してきましたからね。

以前、ある番組に出演した際に、「ナイナイ・矢部浩之」さんが「子煩悩」で子育てに積極的だと紹介されてました。

それを耳にした小倉優子さんは、涙してました。

よっぽど旦那に怒りを抱いていたのでしょう。

まぁ、菊池勲氏は女好きで有名だそうです。

実は彼はバツイチで、前の奥様との離婚原因は「女性問題」だったと言われてます。

女癖が悪かったってことでしょう。よりによって妻の後輩に手を出すとは・・・。本人は「妻の後輩とは知らなかった」と言ってるらしいですがね・・・。見境なしに手を出すからこういうことになるのですよ・・・。

追記致します。

小倉優子さんが第二子となる男児を出産なさったそうです。

出産なさったのは11月18日。

3484gで、母子ともに健康ということです。

小倉優子さんはコメントを発表。

「11月18日(金)、3484gの男の子を無事出産いたしましたので、皆様にご報告させて下さい。

これから2児の母として、大変なこともあると思いますが、周りの方々のお力をお借りしながら、日々成長していきたいと思います。

本当にかけがえのない我が子達を大切に育てていきます。

皆様には、今後共温かく見守って頂けましたら嬉しいです。」

小倉優子さんの出産に対してネット上ではコメントが・・・。

「子供はいつか親父の不貞を知るんだろうなぁ」

「3人目はないんだろうねぇ」

「本当に乗り越えたの?」

確かに夫の不倫はつらいですよねぇ。

しかも事務所を解雇された不倫相手の「馬越幸子」さんは、どうやら虎視眈々と復帰の機会を探っているみたいですし。

小倉優子さんの心労はなくならないでしょうね・・・。

離婚するのかなぁ??

しない気がするけどなぁ・・・・。

なんだかんだで、「もう一度信じてみよう」なんて決断を下しそうですがね・・・・。


sponsored link


目次にもどる

■不倫相手「馬越幸子」の現在

菊池勲氏の不倫相手とされている「馬越幸子」さん。

彼女は現在、いったいどこで何をしているのでしょうか?

彼女は8月2日にブログもツイッターも閉鎖して、所属事務所「プラチナムプロダクション」を解雇されています。

その後、彼女が所属していたアイドルグループ「ユルリラポ」は解散。メンバーからすりゃどえらいとばっちりですね(;・∀・)

噂では、実家である岡山県に帰った・・・・なんて言われていたみたいです。

ところが、9月16日、彼女は突然ツイッターアカウントを復活させました。

そして、「ファンへの恩返しがしたい」と言って、ファン一人ひとりに対して丁寧に対応。

しかし、復活は長くは続きませんでした

彼女はわずか1日で沈黙・・・。9月16日以降、何も言ってません・・・。

ホントに長く続いてねーよ!!(^_^;)

このツイートで、彼女は「東京都内にいる」とコメントしてました。

現在も東京都内にいるかどうかは不明ですが、どうやら「芸能活動」を諦めているわけではないみたいです。

どうしてツイッター復活をわずか1日で辞めてしまったのか?

おそらくですがどこかから横槍が入ったのでしょう。

彼女のツイッターアカウント復活は、ネットニュースになったほどですので、あっという間に話題になったのです。誰でも気付きますから。

このツイッターアカウント・・・・本当に馬越幸子さん本人なのか?と疑われていたのですが、拙僧は本物な気がしています。

本当に一人ひとりに丁寧に対応していたのでね。本人なんじゃないでしょうかね。

本人だったら、小倉優子さんサイドからクレームが入ったら、停止するしかないですからね。

目次にもどる

■ゆうこりん夫「菊池勲」の現在

さて、小倉優子さんの夫の「菊池勲」さんは現在どうなっているのでしょうか?

どうやら結構苦しい状態みたいですね。

そりゃそうでしょ!!

不倫騒動で話題になった菊池勲氏。これまでは「氷室京介」さんや「稲垣吾郎」さんを相手に仕事していたらしいのですが、流石にこれだけ話題になっちゃうとね・・・。

ある週刊誌では、菊池勲氏について、

「年収8000万円と報じられているが、これは疑問視されている・・・」

なんて言われてるみたいです。8000万円ももらっているかどうかは別としても、今は収入も結構減少したのではないでしょうかね・・・。

まぁ、井上公造さんが言うには、菊池勲氏の女性問題は今回が初めてではないみたいですからね。慣れたもんでしょうよ。

ある報道では、こんな風に言ってました。

「解散が決まった稲垣吾郎さんのヘアメイクを、変わらず菊池勲氏が担当していたが、共に憔悴しきっている様子で、見ていられなかった」

妻である小倉優子さんの出産が近くなればなるほど、菊池勲氏の立場は悪くなるでしょう。

沈静化してやっと菊池勲氏の名前が忘れられた頃に小倉優子さんが出産・・・・。

そうなると離婚の話が本格化してくる事になりますよね。つまり時間は菊池勲氏にとって不利ということ・・・。

小倉優子さん・・・・ここでもしも離婚しなかったとしても、また同じことが起こりますよ・・・。

菊池氏は

「育児を全くしていないなんて嘘!結婚して友達は減った。遊ぶ回数も減った」

なんてことを恨みがましく言っていたみたいですが、そりゃ当然でしょうし・・・。

菊池勲氏、現在はかなり厳しい状況でしょうけど、これからもっと厳しくなっていくんでしょうね。残念・・・。


%e6%9c%ac%e6%97%a5%e3%81%ae%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%95


目次にもどる

■本日のまとめ(馬越幸子・動画)

本日の記事をまとめますと

・小倉優子の夫の菊池勲氏に不倫報道!相手は馬越幸子。

・小倉優子さんは11月中旬、ブログを更新し、11月下旬に出産予定。

・馬越幸子氏は、1日限定のツイッターアカウント復活した後、消息不明。

・菊池勲氏は、収入激減で、もしかしたら離婚まっしぐら?

以上となります。

公式チャンネル「p-shops 公式チャンネル」より

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■その他の記事

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

菊池勲はバツイチ?離婚原因は女性問題だった?」の記事はコチラ


sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る