天光寺住職が暴行?名前は?誰なの?暴力を否定してるが嘘ついてる?


真言宗の天光寺にて、「中学生への暴行」が疑われています。

住職が「体験修行」に来た中学生が、暴行を受けて身体に「あざ」をつくっていたとか。

その「天光寺」の住職って、だれ?名前は?ネット上で広まりつつあるみたいですが・・・。

寺で被害を被られた方々が、貴重なコメントを寄せてくださいました。

どうかコメントも合わせてご覧いただきたく存じます。


sponsored link


生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

下のリンク記事は別タブで開きます。

「グラビアアイドル青山ひかるはお尻が汚い?動画と画像で確認してみましょう」の記事はコチラ
宮本亜門はおねぇだから結婚しない?」の記事はコチラ

■目次

「天光寺」に暴行の疑い?

住職は誰?名前は?

暴行は仏教で認められてる?禅のときに棒で叩くのと暴行は何が違う?(追記アリ!住職会見!

本日のまとめ

その他の記事

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。


%e5%a4%a9%e5%85%89%e5%af%ba%ef%bc%92


目次にもどる

■「天光寺」に暴行の疑い?

2016年11月14日、仏教徒で現役坊主の拙僧からすると、目を覆いたくなるようなニュースが舞い込んできました。

それは、あるお寺での暴行の疑いについてのニュース。

報道では、お寺の名前が明かされていませんでした。「東京・多摩地域」としか報じられてませんでした。

しかし、「体験修行として預かっている」と報じられていたことからして、特殊なお寺だということがわかります。

ネットの噂を元にすると、どうやらお寺は「天光寺」というお寺だそうです。

このお寺は、お墓もなく、仏事も行っておらず、「修業の場」として、修行を体験させる場所とされているみたいです。

この「天光寺」では、不登校などの問題を抱える子供達を1日7500円で子供を預かり、年間5000人ほどに対して修行を体験させていたみたいです。

体験修行をしている子供は耳・腕にあざができていたみたいです。

「住職に全身を殴られる。素手のときもあるし、太鼓の棒で叩かれるときもある。ボコボコにされるし、すごく怖い。言葉だけでも圧倒されるくらい怖い。1秒でも早く出たいです。」

すっかり怯えきっている様子でした。

この暴行の様子を目撃した人物が通報し、児童相談所は寺に調査を行い、中学生達を保護しました。

警察も、暴行についての情報を集めているということです。

この疑いについて「天光寺」の住職は「やっていません」と否定してました。

しかし、ニュースで報じられた動画では、坊主頭の人物が子供を叩いていた様子がはっきりと映っていただけでなく、領収書の整理を手伝わせていた様子まで映ってました。

住職さんはこの動画の存在を知らなかったのでしょうか?

それとも知っていて「やってない」と言っているのでしょうか?

目撃者が通報し、寺に預けられていた中学生が怯えているのだとしたら、おそらく暴行は事実ということになってしまいます。

拙僧も一応はお坊さんですので、信じたくはないですが・・・・・。

ただ、報じられたニュースのみで、暴行があったと断定するつもりはありませんが、中学生の証言や目撃者についての報道を嘘だと断じるつもりも毛頭ありません。

正直に言うと、苦しい状況です。

しかし、拙僧の立場が生臭坊主とはいえ「仏教の僧侶」であるという事実からして、この「天光寺住職」の側に立つわけにはまいりません。

目次にもどる

■住職は誰?名前は?

ネット上では、この「暴行の疑い」がある寺の住職の名前が広まっています。

あくまでもネット上での噂なので定かではありませんが、「東京都西多摩郡檜原村4040ー1」にある「真言宗・臼杵山・天光寺」だと噂されています。

この寺は、修行道場として活動しています。

ネットで広まっているこの「天光寺」の住職の名前は「高尾聖賢」さん。

とうやらこの「天光寺」で、かつてジャニーズの「Sexy Zone」が修行してテレビ番組で紹介された際に、名前がテレビに映っていたみたいです。

ただ、この「高尾聖賢」住職が、今回の暴行疑惑の対象者であるかどうかははっきりしていません。

あくまでも「暴行疑惑」ですので、逮捕されたわけでもありませんし、住職は「辞任」することが可能なので、「高尾聖賢」住職の後任者かもしれません。

が・・・・モザイクをかけられた報道の内容からすると、同一人物の可能性が高いかも・・・。

はっきりはしませんし、ネット上で飛び交っている情報も裏が取れていない、あくまでも噂です。

疑惑が持ち上がっている寺が「天光寺」なのかどうかすら、定かではありませんが・・・。

ただ、「天光寺」のホームページが、削除されているみたいです。

自らみとめてしまったのでしょうか?


sponsored link


目次にもどる

■暴行は仏教で認められてる?禅のときに棒で叩くのと暴行は何が違う?(追記アリ!住職会見!

認められてません!

よく座禅をしている僧侶が、棒で叩かれているのを目にしますが、あれは警策(けいさく)又は(きょうさく)と言い、禅に集中できていない場合に注意喚起として行われます。

実際、あれは痛いです。

修行中の規則を破った者は、この警策で叩かれるらしいです。

さて、この警策で叩かれることと、今回の暴行事件と、何が異なるというのか?

もしかしたら異ならないかもしれません。いつの時代にも、現在社会との摩擦を可能な限り小さくする調整が必要です。

「警策」と「暴行」の違い・・・・。もちろん法律に反した犯罪行為という見方も出来るでしょう。

暴行罪は「人の身体に対する有形力の行使」を言いますので、その点では警策も、今回の報道にある暴行も同じかもしれません。

が、決定的に違うことは、おそらく「有形力を行使した人間の心構え」ではないでしょうか。

警策の場合は禅に集中できていない人間に対する注意喚起。

しかも叩かれる基準が決められており、曹洞宗の場合は「姿勢が前かがみになっていないかどうか」。

臨済宗の場合は「禅の際に指で結んだ印の親指が離れていないかどうか」となっています。

そして警策は、「禅を全うすることが出来るように、という文殊菩薩の励まし」という意味があると言われています。

それに対して、今回の事件での中学生への暴行はどうでしょうか?

暴行を行ったと疑われている住職は、その暴行が「私心を捨てて」完全に「暴行を受ける相手のためになる」という心構えで、相手に暴行をしたのでしょうか?

「被害を受けたとされる中学生」の証言を聴く限り、そうとは思えません。

完全に怯えきっていました。

「私心を捨てて、完全に相手のためになる」と確信して暴行していたのなら、中学生男子を怯えさせるほどには至らないでしょう。

そもそも体罰を加える際に「その体罰が、完全に相手のためになっているから」と確信を持つことが出来る人間が、どれだけこの世にいるのでしょうか?

例えば、「何度言っても危険な場所に遊びに行ってしまう、理屈を理解できない子供を殴って、痛みで危険を回避する親」・・・そういう場合は体罰を肯定することも可能かもしれませんが・・・。

今回の疑惑を持たれた寺の住職は、もしかしたら、中学生が自分の思い通りにならないため、怒りという感情に任せて暴行したのではないでしょうか?

もしも、「私心を捨てて、暴行が完全に相手のためになる」と確信して行ったのなら、この住職は当然「刑事罰」を受けることも覚悟していたのでしょう。

そうでなくては筋が通らないはず。

しかし、住職はテレビ取材に対して「暴行はしていない」と否定していますよね。

これはどういうことなのでしょうか?

暴行が本当にあったのかどうか?拙僧は事件の裏を取っていないので断定はできません。

しかし、もし万が一、「暴行を行っておきながら、隠蔽するために、嘘をついて否定した」というのなら、最悪ですね。問答無用です

いくら魚肉を食って酒を飲みまくっている生臭坊主な拙僧でも、ここまで落ちていません。

まぁ、何度も言いますが、上記の「天光寺住職」が、暴行の疑いを掛けた張本人かどうか、拙僧は確認してはいませんのでわかりません・・・。

もし本当だというのなら、修行をやり直した方がいいでしょうね。

南無阿弥陀仏!!南無阿弥陀仏!!南無阿弥陀仏!!

ちなみに、1人一泊7500円で、年間5000人ですよね。

ということは年間3750万円。ちょっと高額に過ぎるのではないかな?と思います。

追記いたします。

新しい報道が有りましたね。

問題の寺にて2015年7月までの1年間修行していた30代男性が警察に被害届を出していたとか。

「太鼓のバチなどで殴られた。寺から必死で逃げた」

ということでした。

どうやらお寺には太鼓がおいてあり、バチも置かれていたとか・・・・。

更に驚くべきことに、このお寺・・・・「宗教法人」としての登録がされていないとのこと。

住職は「高野山」で修行した後、「豊山(ぶざん)」に移ったと言っていたらしいですね。

しかし、真言宗豊山派総本山・長谷寺には、問題の寺院は登録されていなかったとか・・・・。

簡単に言ってしまうと、「無免許」で寺を名乗っていた・・・・ということです。

更にはこの寺のホームページに「名誉住職」として名前が記載されていた人物。その証言によると

「勝手に名前を使われた。そもそも宗教法人でもないところの名誉住職になんてなれるわけがない」

だそうです

呆れてものが言えません・・・。

上記で拙僧は「最悪」と書きましたが・・・・・・それ以下です。

ニュースでは、中学生が問題の住職と思われる男性に殴られていました。

その時

「何度言ったらわかるんだ。何十回も何十回も」

と怒りを露わにしていました。

これは・・・・先述した「体罰が完全に相手のためになっているなら」という精神からは程遠いでしょう。

これは拙僧の持論ですが、そもそも失敗とは、重ねることで成功になるものではないでしょうか。

失敗を恐れずに立ち向かう人間にこそ成功があるはず!

にも関わらず、疑惑の住職のやり方では、子供達は「失敗を恐れ、失敗を避けようとする」でしょう。

つまり、挑戦する気概を失います。

挑戦する意思を失わせる・・・・そんなものが「修行」でしょうか?

そんなはずないと、拙僧は思います。

修行とは、失敗を重ね、それでも諦めずに挑む心を養うもののはずでは???

そして修行を見守る者とは、支えるもの、教えて理解をさせるものでは??

まぁ、生臭坊主な拙僧が、偉そうに言っても、まさに「釈迦に説法」なんですがね(^_^;)

熱くなってすみませんでした・・・・。拙僧ごときが・・・・(;・∀・)勘弁して下さいまし・・・。

天光寺の住職が、11月20日に記者会見を行いました。

住職は暴力について以下のような内容を口にしたとのこと。

「親御さんから、まっとうな人間になるため、厳しくしてくれと言われた」

「教育の範囲内で叩いた」

「火災の恐れのある布団お飢餓から煙草の臭がしたので叩いた。
少年は過去にも自転車を盗むなどの問題行動を繰り返していた。

教育の一環であり、暴行ではない。」

・・・・・。

拙僧のこの至らぬ記事にコメントを下さっている「天光寺経験者」の方々。

皆様の話を聞く限り、とてもじゃないですが「教育の範囲内」とは思えません。

何よりわからないのは、「教育の範囲内」とは、一体どこのどなた様が決めた「範囲内」なのでしょうか???

上記の通り、「住職の『教育』なるもの」には効果があるとは思えません。

しかも、この住職は、最初のテレビ取材の際に暴行について「やっていない」と口にしてました・・・。

まさかですが・・・「教育」だから「暴行」ではない、なんて言い訳が通用すると本気で思っているのでしょうか?

悪質な虐待をした親の言い分と同じな気がしますが・・・・。

この会見のコメントを耳にする限り・・・この住職、大丈夫じゃない種類の人間のような気がします。

 

噂では、「賞味期限の切れた食事を与えられた」とも言われています・・・・。本当かどうかは拙僧にはわかりませんけれども・・・。

これもまさか教育????もしそうだとしたら、何言っているのかなこの住職?

ちなみに拙僧は上記記事内で「天光寺が暴行の疑いをかけられた寺なのかどうか」について、「まだはっきりとはしていない」というスタンスを貫いてきましたが、天光寺住職が記者会見を開いたことではっきりしました。

まぁ、それ以前にも「コメントをくださった方々のおかげではっきりしていた」わけなのですが・・・・。皆様コメントを下さいまして、ありがとうございました。

追記致します。

天光寺が住職が、暴行疑惑について

「しつけで叩いた」

と叩いた事実を認めています。

しかし、当初は「やっていません」と言ってませんでしたかね?

それを「しつけの範囲内だった」とは?

嘘付いたってことじゃないでしょうか??

立川児童相談所は

「しつけでは済まされない」

「暴力であることは明らか」

と言ってますね。

中学生に対して、領収書の整理させたことも

「働かせたわけではない。教育の一環」

と主張してます。

「賞味期限切れの食品を食べさせた」という疑惑については、「提供していない」と主張していますね。

でも、取材でテレビ局の人間が寺の食材の賞味期限を確認したところ、半年も過ぎてました。

それに対して

「多くの食材を扱っているので、賞味期限切れのものが出てくるのは仕方ない。廃棄している」

と言ってました。

・・・・。

「しつけの範囲内で叩いた」と言っているみたいですけど・・・・その「しつけの範囲内」ってのは、誰が決めた「しつけの範囲」なのでしょうか?

この先も体験修行は続けるということですが・・・・・。

この住職・・・在宅起訴か不起訴かわかりませんが、逮捕されることになるのでしょうか。

その時「しつけです」という言い訳で、無罪になると思っているのでしょうか?


%e6%9c%ac%e6%97%a5%e3%81%ae%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%95


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・東京都多摩地域にある寺で、中学生への暴行疑惑が持ち上がっている。

・ネット上での噂では、その寺は「天光寺」と言われている。

・本当に暴行があったかどうかはわからない。

・この「天光寺」の寺の住職は「高尾聖賢」というい人物らしい。

・住職は暴行を否定している。

・暴行は許されない。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■その他の記事

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「声優ジェーニャの夫は誰?父はロシア特殊部隊の中佐?」の記事はコチラ

「韓国のパク大統領は何をしたのか?わかりやすく説明!」の記事はコチラ


sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • なかやまひろゆき
    • 2016年 11月 15日

    数年前に天光寺へ行ったことのある者です。
    暴行は事実です。
    詳しいことは状況が確認でき次第、ご入用であるならばご連絡いたします。
    よろしくお願い致します。

      • 生臭坊主
      • 2016年 11月 15日

      拙僧の拙い文章にコメントをいただきありがとうございます。
      おつらい経験をなさったものと、お察し致します。
      どうかご経験をお教えいただけませんでしょうか?
      厚かましいお願いとは存じますが、何卒よろしくお願い致します。

    • 角田健一
    • 2016年 11月 15日

    仏教のことがよくわからないので 素朴な疑問なのですが
    宗教法人として ○○寺と名乗ってよいのですか?
    法人でなくてもダメなような気がするのですが…‥
    私は京都で生まれ育ちましたので 宗教と言うものは身近にあるものであり 指針を示すもの という価値観がありましたが
    今回のお寺さんは宗教ではなく営利企業ということなのでしょうか? 営利企業ということであれば 契約書でしめしてあれば
    問題ないことなのかとも思います
    ご住職のご意見をいただければと おもいます

      • 生臭坊主
      • 2016年 11月 16日

      拙僧の拙い文章にお言葉をいただきましてありがとうございます。
      質問にお応えさせて頂きたいのですが、拙僧、読解力が乏しく、答えになるかどうか微妙なので、どうかご了承いただきたい。
      >宗教法人として○○寺を名乗ってよいのですか?
      これは、宗教法人を設立して「寺院」を名乗っていいのか?という質問でしょうか?
      例えば、拙僧が修行しているお寺は総本山、つまり「本坊」に付随する「支坊」であり、会社で言うなら「本社」に属する「支社」のようなものです。
      宗教法人の中で「支社」こと「支坊」を名乗るのは、かなり難しい手続きを済ませれば可能です。
      宗教法人法では、法人設立の際には、「目的」「名称」「所在地」「宗教法人名(包括宗教団体があるならその名前も)」などなど、その他たくさんの手続きを登録すれば、新しく自社を建立することも出来るのです。
      おそらく、質問の意図は「古くからあるお寺に肩を並べるように、新しい寺を建立するなんて、伝統をないがしろにしている気がするので、出来ないのではないの?」という意味だと思うのですが、一応建立は出来ます。
      京都には「知恩院」という寺院があると思いますが、数百年の歴史を持つ寺院です。例えばそのすぐとなりに、真新しい寺が出来たら、嫌な気持ちになると思います。ただ、新しい寺院を建立するのは難しいのです。
      その手続きがあまりにも難しいので、あらたな建立はほとんどされないと思います。
      宗教法人を設立のためには、宗教法人法を満たすだけではなく、「包括宗教団体」の許しが無くてはならないのですが、それは寺院就職全員の承認が必要で、しかも本坊(本社)の寺院規則というものを変更しなくてはならないのでこれも大変なのです。
      でも可能といえば可能です。ほとんど不可能かもしれませんが理論としては出来ます。拙僧は建立を志したことがないので、その苦労が想像すら出来ません。
      >今回のお寺さんは宗教ではなく営利企業ということなのでしょうか?
      今回の住職暴行問題の寺院ですが、宗教法人を取得していないとのこと。
      ということは、真言宗を名乗っていながら、真言宗の支坊ではないということ。
      つまり例えになりますが「天下一品ラーメン」ののれんを出して起きながら、「天下一品ラーメン本社」の承認を得ていないということ。
      また、「宗教法人法」を満たしてないということは、会社で言うなら「起業の手続きを踏まずに会社を名乗っている」ようなものです。
      おそらくこの問題のお寺さんは、「会社法」を満たす手続きも行っていないでしょう。さらには「宗教法人法」も満たしてはいないのです。団体としての体をなしていないということです。
      これは、契約書だけを示していればいいということではないですね。
      更に問題なのは、「勝手に名前を使われた」ということで、真言宗さんは迷惑しているはずであり、損害もあるかもしれません。
      これでお答えになっているでしょうか?心配ですが・・・。未熟な生臭坊主の戯言だと思い、どうかお許し下さい。
      ちなみに拙僧は住職ではなく、未だ修行中の身です。住職とは「お寺ひとつの長」です。拙僧はそんなにえらくないッス。しかも不良坊主だし(;・∀・)。どうかご勘弁下さいませ・・・・。

    • マレーナ
    • 2016年 11月 17日

    以前天光寺に行ったことがある者です。
    私が行った時も暴力行為はありました。
    あそこは親の同意さえあれば未成年の子どもがどんなに体験を拒もうと、強制的に体験させるとことが出来ます。私は宗教などが元々嫌いだったので(ちょっと暴れて)拒んだ際「大人しくしねーと殴るぞ!」と言われました。私も売り言葉に買い言葉で「女を殴りたきゃ、殴りゃいいじゃねーか!」と煽ってしまい結局殴られました。まぁ痛くもなかったし、痕も残りませんでしたが…
    他にもその頃入っていた中学生や高校生のちょと男の子達(訳ありの子たち)も住職と喧嘩をして暴力を振るわれたり、暴言を吐かれたりしてました。
    今回の中学生はどの様な経緯で暴力行為に至ったのはわかりませんが多分(ここからは私の憶測です)その中学生が住職の言う事を聞かなかったとか、住職の気に触ることをしたとかではないかと思います。

      • 生臭坊主
      • 2016年 11月 17日

      コメントを頂きましてありがとうございます。
      おつらい経験をお話くださり誠に恐れ入ります。
      心中お察し申し上げます。
      宗教に不信を抱かれるのは、我々僧侶の不徳の致すところでございます。
      お話くださったことを胸に秘め、拙僧も精進致します。
      ありがとうございました。

    • 雄冶
    • 2016年 11月 18日

    天光寺で私が実際に見聞きした事を話します。

    ここは寺や修行道場とは程遠い存在です。
    ここはの住職?住職と言えるか疑問ですが?

    そもそも修行道場を開いた目的は金儲けが目的であって
    宗教法人ではなくからくにと言う株式会社が母体になってます

    この人物は人を恫喝たり脅かして意にそぐわないと直ぐに切れます

    ある時、唯一の弟子が意にそぐわない行動をとった時の事です

    食事の支度、その他雑用を手伝わせられてる子供達の前で
    物凄い剣幕で怒鳴りつけられ罵倒されてました

    その内容はヤクザ紛いの脅し恫喝でした

    テメエ俺を舐めてるのか?俺を誰だと思ってんだ?なめんじゃねーぞと
    延々と恫喝してました。

    それはヤクザかと思われるほどの言葉使いでした

    そんな感じなので、道場では誰も何も言えず逆らえる
    雰囲気ではないのが実情です

    修行目的で道場に預けられてる、中学生の子供達は
    この住職に暴力、罵倒され言い成りになって毎日を
    過ごしてるのが実情でした。

    それが私が実際に見聞きした道場の現実です

    ここは修行の場ではなく、使われてる子供達は
    奴隷部屋と同じだと思います。

      • 生臭坊主
      • 2016年 11月 18日

      拙僧の拙い文章にコメントを頂きまして誠にありがとうございます。
      辛い記憶を呼び起こしてまで、実状をお教えいただきまして恐れ入ります。
      ご経験を教えていただき、なんと申し上げれば良いのか・・・言葉が見つかりません。
      申し訳ありません。精進致します。失礼いたしました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る