洞窟おじさん加村一馬のwikiプロフィール!風俗でバイト経歴あり


洞窟おじさん」と呼ばれた「加村一馬」さん。

彼のプロフィールとは?

風俗店でアルバイトしていた経歴があるって本当?

現在は何をしているのでしょうか?

印税で結構裕福


sponsored link


生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

下のリンク記事は別タブで開きます。

「終末の前触れ『アポカリプティックサウンド』の正体は?」の記事はコチラ
山下真司の急死した息子の遺書には何が?羽賀研二に騙された?」の記事はコチラ

■目次

「洞窟おじさん」加村一馬さんプロフィール

サバイバル生活を開始した理由

加村一馬の職業経歴

現在は何してるの?

本日のまとめ

その他の記事

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。


%e6%b4%9e%e7%aa%9f%e3%81%8a%e3%81%98%e3%81%95%e3%82%93%ef%bc%92


目次にもどる

■「洞窟おじさん」加村一馬さんプロフィール

洞窟おじさん・・・・なんだかとんでもないネーミングをされてしまっていますが何者でしょうか?

まずは簡単なプロフィールから

名前・・・・・・加村 一馬

生年月日・・・・1946年8月31日(70歳2016年11月現在)

出身地・・・・・群馬県大間々町

兄妹・・・・・・8人兄妹の6人目

引用元matome.naverより

彼は13歳、又は14歳の頃に家出し、山中でサバイバル生活をおくっていた人物。

主に洞窟を根城にしていたため「洞窟おじさん」の愛称で呼ばれた方ですね。

さて、どうして彼はサバイバル生活を営むことになったのでしょうか?調査してみました。

目次にもどる

■サバイバル生活を開始した理由

彼は13~14歳の頃から43年間の間、山中でサバイバル生活を行っていました。

なぜそんなことを開始したのか?

中学2年の時、加村一馬さんは両親からの虐待から逃れるために家出。

しかし行く宛などあるはずもなく、自宅からほど近い「足尾銅山」に潜むことにしました。

足尾銅山と言えば、元国会議員の「田中正造」で有名な場所ですね。

主に山中では「蛇」「カエル」「うさぎ」などの動物を狩猟して生活していたらしいですね。

彼は人に見つかると自宅へ強制送還されてしまうと考えたため、極力他人との交流を避けたみたいです。今も昔も家出人の考える事は同じですね。

群馬から新潟・山梨・茨木・福島・栃木などを放浪しながら、加村一馬さんはサバイバル生活を続けました。

しかし、成人した後からは、人との関わりをそれほど避けることはなくなったみたいです。

その証拠に、加村一馬さんは、街でお仕事をしていたみたいです。

加村一馬さん・・・・サバイバル生活をしながら、どんな仕事についたのでしょうか?


sponsored link


目次にもどる

■加村一馬の職業経歴

加村一馬さん・・・・サバイバル生活を主にしていたため、「現金」というものに縁がない生活をしていたか?と思いきやそうでもなかったみたいです。

彼は新潟の山中で生活をしていた時に、珍しい華をいくつも発見。

それを近くの駐車場で、露天商のようにして売買していたとか。

その頃、加村一馬さんは、初めて見た「カレー」にビビったって言ってました。

時期は定かではないですが、その後、加村一馬さんは街に下りることもしばしば会ったそうです。

そして、彼は街でアルバイトをすることになったのです。

定かではありませんが、バイト先は「ストリップ劇場」・・・。

おそらくですが、チケット係・照明などの雑務をこなしていたのでしょう。

しかし、彼はそこで長く生活することが出来ず、再びサバイバル生活へ。

お魚釣りをして、釣った魚を買い取ってもらうことで生計を立て始めます。

しかし、それだけで生活することが出来るはずもなく、加村一馬さんは空腹から、自販機を破壊しようとしました。

結局加村一馬さんは逮捕され、執行猶予付きの判決を受けます。

その時行っていた、漁師のような生活が功を奏したのか?彼は仲良くなった釣り仲間に身元引受人になってもらい、自宅へ連れて行ってもらうことになります。

その友人が営んでいた内装工事の会社で雇われ、住み込みで仕事をすることに・・・・。

どうやらインテリア内装のお仕事だったみたいですね。

これにて、43年に及んだ加村一馬さんのサバイバル生活は幕を閉じることに・・・なるかと思いきや!!

加村一馬さん・・・・何を想ったか、せっかく拾ってもらったインテリア内装事業の仕事を捨てて行方をくらますのでした。

なぜ出ていったのか?理由はどうやら「待遇に対する不満」。

薄給に耐えかねて」だそうです。

何言ってんだこいつ!!(;・∀・)

43年のサバイバル生活・・・と言われていますけど、完全に「野人」「ビッグフット」「イエティ」な生活ではなかったんですね(^_^;)安心安心

目次にもどる

■現在は何してるの?

薄給に耐えかねて、無休の山中に行方をくらました洞窟おじさん」加村一馬さん。

彼は一体今、どこで何をしているのでしょうか?

単純に考えれば、再びお山に!!ってことになるのでしょうが・・・そうではないみたいです!

インテリア内装工事の仕事を捨てて、ホームレス生活をしていた加村一馬さん。

この頃はすでに「洞窟おじさん」ではなく、ホームレスおじさんですね。

この頃には彼の希少価値は著しく低下しています。ホームレスおじさんなんてどこにでもいます!

そんな加村一馬さんは、福祉団体「三和会」に拾われます。

三和会、と言えば、結構大きな福祉団体。福祉施設をいくつも経営していますね。

そんな三和会で仕事をすることになった加村一馬さん。

どうやら結構大きな福祉施設で仕事をなさっているみたいです。

加村一馬さんは仕事で小さな子供に接する機会が多いみたいですね。

ですので、高齢者施設ではなくて、三和会の子供がたくさんいる場所で勤務しているのでしょう。

それにしても、そろそろ70歳ですからね。もしかしたら定年退職も近いのかも・・・。どうなんでしょうね??

もしかしたらこの記事を書いている今、もうすでに「薄給に耐えかねて」家出しているかもしれませんね・・・。

しかし!薄給に耐えかねて!!という可能性はありえない事が判明しました!

彼は2004年に「洞窟おじさん」という書籍を出しています。

もしかしたら印税で大金を手にしているかもしれません。

まぁ、サバイバル生活43年という希少な経験がお金に変わったってことでしょうね(;・∀・)

蛇足かもしれませんが、もしも家出して、食事に困ったらどうすれば良いのか?

そんな時は「宗教施設」に逃げ込めば良いのです。

「お寺」「教会」どこでも良いです。もちろん、警察に引き渡されかねませんが、食事は恵んでくれると思いますよ(^_^;)

拙僧が修行しているお寺にも、たま~に来ますしね!そういう方々・・・・。


%e6%9c%ac%e6%97%a5%e3%81%ae%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%95


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・洞窟おじさん「加村一馬」さんは、43年間サバイバル生活をした人。

・加村一馬さんがサバイバル生活を始めた原因は両親の「虐待」

・彼は「ストリップ劇場」「露天商」「インテリア内装」などの職歴があるらしい。

・今は「福祉施設」で仕事をしているみたい。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■その他の記事

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

国の借金1000兆円?実は大嘘?簡単に易しくわかりやすく説明!」の記事はコチラ

小林直己はブサイク?おじゃる丸のあのキャラに似てる?」の記事はコチラ


sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る