織田有楽斎は裏切り者のスパイだった!?子孫は今どこにいる?

%e7%b9%94%e7%94%b0%e6%9c%89%e6%a5%bd%e6%96%8e%ef%bc%91

大河ドラマ「真田丸」で、主人公「真田幸村」と対立している「織田有楽斎」さん。

彼は裏切り者のスパイだった?

茶道の名人として知られる「織田有楽斎」さん。

子孫は今どこにいるのでしょうか?


sponsored link


生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

下のリンク記事は別タブで開きます。

大野治長淀君の愛人で豊臣秀頼の実の父?」の記事はコチラ
大阪の陣の敗因は豊臣家が勝っていたらどうなってた?」の記事はコチラ

■目次

「織田有楽斎」の詳細

「織田有楽斎」は裏切り者?スパイ?

子孫は貴族?今どこにいるの?

本日のまとめ

その他の記事

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。


%e7%b9%94%e7%94%b0%e6%9c%89%e6%a5%bd%e6%96%8e%ef%bc%92


目次にもどる

■「織田有楽斎」の詳細

織田有楽斎、本名「織田長益」。戦国大名「織田信長」の弟ですね。織田有楽斎は11男、信長さんは3男ですね。

信長さんと有楽斎さんには13の年齢差があります。

織田有楽斎さんは、軍事においてはそれほど有名だったわけではないみたいですね。

織田信長さんの長男「織田信忠」さんの家来として使えたとか・・・。

本能寺の変で、織田信長さんが明智光秀に殺害された際には、岐阜に脱出して織田信雄に仕えたみたいです。

その後は「小牧・長久手の戦い」で徳川家康に協力して秀吉に対抗。

しかし家康が秀吉に屈服、以後は豊臣秀吉の家来に・・・。御伽衆という「秀吉の話し相手」に取り立てられた後、名前を「有楽斎」とします。

関ヶ原の戦いでは徳川家康に味方し、戦後に現在の奈良県「大和国」に領地を32000石の領地をもらいました。

その後、姪である「淀殿」の庇護者という立場で、豊臣家と徳川家の間にたつようになります。

さて、大河ドラマ「真田丸」の「大阪の陣」では、織田有楽斎さんは「怪しい人物」として描かれています。

噂では「裏切り者」「スパイ」なんて言われているみたいですが、大丈夫なんでしょうか?

目次にもどる

■「織田有楽斎」は裏切り者?スパイ?

「真田丸」では「裏切り者」「スパイ」のような演じ方をされているみたいですが、実際には違うみたいですね。

実際には「大阪冬の陣」に豊臣方として参陣し、姪の「淀殿」とその子「秀頼」を助けるために、徳川家康とのパイプ役を務めていたみたいです。

確かに、血の繋がった姪を守るために、主戦派である「真田幸村」や「大野治長」達とは異なる方法を用いようとしただけのようですね。

この「大阪冬の陣」という戦役、結末は、「豊臣家」と「徳川家」の和睦という形で終了しております。

この時、和睦を結ぶために奔走したのが、「織田有楽斎」なのです・・・。

さて、どうして織田有楽斎は「裏切り者」「スパイ」と言われるようになってしまったのでしょうか?

それはおそらく「大阪夏の陣」における織田有楽斎の姿勢に問題があったのでしょう。

大阪冬の陣の数カ月後に怒った「大阪夏の陣」。この戦役で豊臣家は滅亡するわけですが、この大阪夏の陣に際して、織田有楽斎は豊臣家から離反してしまうのです。

なぜ離反したのか?

豊臣家から徳川家に寝返ったのか?

大阪夏の陣については、諸説ありますが、開戦のきっかけは「真田幸村」たち「浪人衆」が、秀頼を担ぎ上げて無理矢理開戦したのだとも言われています。

「浪人衆」が実質的に支配する大阪城において、織田有楽斎さんは「もう自分の力では、秀頼を救い出すことは出来ない」と思ったらしいですね。

「誰も自分の命令には従わないので、大阪城内にいても無意味である」

として、家康の許可を受けて、大阪城を離脱したそうです。

更には、「大阪冬の陣」の和睦の条件の中には「織田有楽斎の子供を人質として江戸に差し出す」という条件も含まれていたらしいので、この「大阪夏の陣」で下手に豊臣家に味方すると、息子を殺害される恐れがありました。

つまり「裏切り者」「スパイ」というわけではなく、「家康とのパイプ役」であり、しかも「大阪夏の陣」では「豊臣軍に加わらなかった」ということで、勘違いされたのでしょう。

ちなみに、大阪城を出た後は「京都」に住み、茶道に没頭したみたいですね。

さて、では「織田有楽斎」さんの子孫は今どこにいるのでしょうか?


sponsored link


目次にもどる

■子孫は貴族?今どこにいるの?

織田有楽斎さんの息子たちは、それぞれに1万石の大名になり、「芝村藩」「柳元藩」としてそれぞれに明治を迎えていると言われています。

ちなみに、有楽斎の息子の1人「長孝」が野村藩なる領地をもっていましたが、こちらは断絶しています。

さて、織田有楽斎の子孫は、この「芝村藩」「柳元藩」を通じて現在でもご存命です。

織田有楽斎さんは茶道「有楽流」の開祖だそうです。

なんでも織田有楽斎さんは「千利休」さんのお弟子さんだとかで、茶道ではかなりの有名人。

その有楽流の家元を、代々、「芝村藩」を通じた織田有楽斎さんの子孫が引き継いできたのだとか。

2016年現在、茶道「有楽流」宗家の家元は、17代目の「織田宗裕」さん。女性です。

ちなみに彼女のお母様は16代目の「織田宗澄」さん。

この芝村藩系の織田有楽斎さんの子孫は、明治時代は「子爵」の称号を持つ「貴族」さんだったとか。

元大名だから、当然でしょうけどね。

ちなみに、織田有楽斎さんの子孫のお家では「桔梗の花」は決して飾らないのだそうです。

17代目宗家の「宗裕」さんは、それを不思議に思っていたらしいのですが、父の「長繁」さんに尋ねたところ、こう言われたそうです。

「敵の華だから」

なるほど・・・。桔梗といえば、明智光秀の家紋ですからね・・・。

例え400年経過しても、そういうものは形を変えて、伝統として残っているものなのでしょうね。

その「織田宗裕」さん、どこに住んでいるのかというと、どうやら自宅は「名古屋市」にあるみたいです。

名古屋と言えば、織田信長の出身地ですね。

奈良の「芝村藩」から、最終的には「織田信長」の出身地に移り住むとは・・・・やはり縁があるのでしょうかね?

ちなみに、東京「有楽町」という名前は「織田有楽斎」の屋敷があったから、それにあやかって「有楽町」という説がありますが、実際には「織田有楽斎」は人生の殆どを関西で過ごしているため、この説は信憑性に乏しいみたいです。

実際には「浦原」という地名が、「有楽町」に変化していったという説が有力らしいですね。


%e6%9c%ac%e6%97%a5%e3%81%ae%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%95


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・織田有楽斎が大河ドラマ「真田丸」で裏切り者・スパイのように演じられている。

・実際には「裏切り者」でも「スパイ」でも無く、「家康とのパイプ役」

・織田有楽斎の子孫は名古屋市居住。

・子孫のお名前は「有楽流」宗家17代目家元「織田宗裕」さん。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■その他の記事

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

織田有楽斎が『有楽町』の名前の由来というのは嘘?実は江戸に住んだことない?」の記事はコチラ

毛利勝永の子孫は?真田幸村を押しのけて彼こそが最強だった?」の記事はコチラ


sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る