釈由美子は結婚相手と何があったのか?意味深コメントは旦那様のせい?

釈由美子1

釈由美子さんがブログで意味深な発言をしてますが・・・。

真相がわかりました!!

実はさんは・・・。

同じようなコメントをなさったことが以前ありましたがご存知でしょうか?


sponsored link


本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございます。

拙僧は当寺院の住職を務めております「生臭坊主」と申します。

最近は省略されて「ナマズ」と呼ばれております。

■目次

「釈由美子」さんの意味深発言(釈由美子・動画

釈由美子さんに何があったのか?

2014年4月7日の意味深発言

本日のまとめ(真相発覚!!)(釈由美子・動画

その他の記事

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■「釈由美子」さんの意味深発言(釈由美子・動画

「釈由美子」さんの意味深発言が話題ですが、釈さんが「意味深発言」をするのは、今回が初めてではないことをご存知でしょうか?

先日2016年3月1日。

女優の「釈由美子」さんが自らのブログに、とんでもない意味深なコメントを掲載しました・・・。

「筆舌に尽くしがたい悲しみに襲われている」

とのことですが一体何があったのでしょうか?

真相を追記しておきました!!

「なんだそりゃ?」

なんて言わないであげてくださいね(^_^;)

追記した真相ははわかりやすいようにこういう枠で囲んでありますので・・・。( `・∀・´)ノヨロシク

公式チャンネル「oriconチャンネル」より

本日は

・釈由美子さんに一体何があったのか?(続報が追記されているのでご了承くださいませ

・彼女の「意味深発言」はこれが初めてではないとは?

以上2点を調査推理してみたいと思います。

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。


釈由美子2


目次にもどる

■釈由美子さんに何があったのか?

釈由美子さんがファンを心配させるようなコメントを、自らのブログで掲載しました。

ファンたちは「一体何があったのか?」と釈由美子さんのことを心配していますね。

釈由美子さんのコメントはこんな感じ

釈さんは3月1日の自らのブログでこんなことを言ってます。

「私にとって一番堪えられないことが起きまして筆舌に尽くしがたい哀しみにずっと襲われています。

最近幸せすぎて有頂天になってたのかな?

罰を与えられたかのように天国から地獄に突き落とされたみたい」

とのこと・・・。

天国から地獄へですか・・・。

仏教においては天国こと極楽浄土から、地獄道へ落とされることはないのですがね。

おそらくそれくらいの衝撃的なことがあったのでしょう。

そして釈さんのコメントは続きます。

「父が生前言ってました。

『人生には3つの坂があるんだ』」

『上り坂』や『下り坂』は経験してきましたが『まさか』の坂だけはそうそうあるものではありません。

予想もしてなかった『まさか』だけは心の準備ができていないだけにくらうダメージも計り知れません。

どうやらサプライズアタックをくらったようですね・・・。

お父様の教えてくださった「まさか」を経験したのでしょうが、一体何があったのか?

続きを読んでみたいと思います・・・。

「何も言えないくせに意味深な言葉を並べてかえって心配かけてごめんなさい」

「今夜だけは許して下さい」

何も言えねーのかよ!!(ノ`Д´)ノ彡┻━┻

大体!!「今夜だけは」って!!

あなた「意味深発言」は今夜だけじゃなかったでしょ~が!!( ゚д゚ )クワッ!!

最終的に釈さんは気持ちを切り替えたようです。

「いつまでも落ち込んでないでそろそろ気持ちを切り替えないとね」

「ここ数日結婚式の準備もできなかったので来て下さるお客様のために、笑顔でお迎えできるように余裕しゃくしゃくで頑張ります」

結婚式はするのね・・・。(^_^;)

彼女がこのようなコメントをなさったことに対して、ファンは心配しているようです。当たり前ですがね。

「とても心配です」

「相当なことがあったのでしょうね」

「応援してます」

などなど・・・。

皆さんあたたかいですねー♪

ですが熱愛調査専門「生臭寺院」の住職たる拙僧は、その職務上から氷のように冷静にいきたいと思います。

釈さんに何があったのか?

それでは釈さんに何があったのかを、調査推理してみたいと思います!!

自分で言うのも何ですが拙僧の推理は全く当たりません!!(´-﹏-`;)

というわけで参考程度に聞いてくださるとありがたいっす・・・。

行ってみましょー!!( ー`дー´)キリッ

釈さんに何が起こったのか?

ネット上では2通りの予想が主に行われているようです。

1つ目が「旦那様の浮気」

最近話題の「ゲス」ですね・・。

これはキツイ!!

釈さんが妊娠しておられる現在、旦那様が浮気していたのであればこれは「天国から地獄」です!!

ちなみに当寺院で紹介したゲスの皆様の記事は、よろしければ以下のリンク記事をお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

宮崎謙介元議員の記事はコチラ
狩野英孝さんの記事はコチラ

「ゲス」とはなんぞや!!を教えてくれる方々です!!

2つ目が「大したことではないのではないか」というもの

冷静な意見ですねー・・・。

拙僧は2つ目を支持します・・。

釈さんに起こった出来事が大したことないって言いたいわけじゃないですよ!!

旦那様の浮気に比べたらマシ、という程度のことですので悪しからず!!(^_^;)

1つ目ではない理由は、先ほどの釈さんのコメントを思い出して欲しいのですが、彼女はこの騒動が起こった後も
結婚式に前向きなのです・・・。

もしも旦那様が浮気をしたのなら、ここまで前向きに招待客を迎える準備はできないと思います・・・。

そして「浮気に比べたら大したことではない」であるという理由は2つ

理由その1
もしも浮気ほど大変なことならコメントなんかする余裕はないことと存じます!!

ファンからの声援で立ち直れるからこそ、彼女はブログにこの「意味深コメント」をなさったのでしょう!!

理由その2
彼女の「意味深コメント」はこれが初めてではないから!!

では次は、「前回の釈由美子さんの意味深コメント」をご紹介させていただきたいと思います。

南無阿弥陀仏・・・。


sponsored link


目次にもどる

■2014年4月7日の意味深発言

釈由美子さんの「意味深コメント」が初めてなされたのは「2014年4月7日」

彼女は自らのブログにこうおっしゃっておられます・・・。

「まさかの衝撃の事実が発覚」

「部屋に帰ってから獣のように泣いてしまい晴れた目を氷で冷やして寝ないで現場に向かいました」

とのこと。

この時も「何が起こったのか?」を、釈由美子さんは言いませんでした。・・・。

「まさか」は初めての経験ではなかったのですね・・・。

釈由美子さんは一度、結婚間近までいった一般男性と婚約を破棄した経験があります。

拙僧は最初そのことかと思いましたが

「衝撃の事実が発覚」

と釈由美子さんはおっしゃっておられますので「婚約破棄」のことではないと思われます・・・。

釈由美子さんは「意味深コメント」を時々なさる方なのでしょうかね?

ということは、案外と心配しなくても良い気がします。

ここで続報が入りました。
どうやら釈由美子さんの「まさか」というのは「愛犬の死」だったそうです・・・。
2月25日に愛犬が急死。
それによってあれほどショックを受けたそうですが、これ本当なのでしょうかね?
「理由が言えない」って言ってましたよね・・・。
その「理由が言えない」理由は何だったのでしょうかね・・・・。 

釈由美子さんにとって愛犬の死はそれほど衝撃的だったのでしょうね。

ですがお腹に赤ちゃんがいて、素敵な旦那様がおられるのですから、きっと乗り越えてくれることと存じます。

拙僧も赤ん坊と釈さん。

そして旦那様に御仏の慈悲がありますように、祈らせていただきます。

南無阿弥陀仏・・・。


まとめ1


目次にもどる

■本日のまとめ(真相発覚!)(釈由美子・動画

本日の記事をまとめますと

・釈由美子さんの「意味深コメント」はおそらく『旦那様の浮気』のことを示唆したものではない

・彼女の「意味深コメント」はこれが初めてではない

・意味深発言の真相は「愛犬の死」だった

以上となります。

公式チャンネル「maidigitvチャンネル」より

確かに最愛の愛犬が亡くなるのはショックですよね・・・。

立ち直るにはファンの声援が一番聞くことと存じます。

拙僧も釈由美子さん好きですので、御仏に祈り、そして声援をも送りたいと思います。

釈さん頑張って幸せになってください!!(`・ω・´)ゞ

でも、できればこれからは、あんまり心配かけないでください(^_^;)

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければまた当寺院へお越し下さいませ。

本日はこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■その他の記事

よろしければこちらの記事もあわせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

加藤紗里のラップの内容は疑惑を否定するもの?破局して引退で終了?」の記事はコチラ
長澤まさみの真田丸での評判悪いけど恋がうまくいってないからかな?」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る