高畑裕太解雇!被害女性と示談で不起訴釈放!悪質事件じゃないだと?


高畑裕太容疑者が釈放されました。

所属事務所は解雇となったそうですね。

検察は高畑容疑者を不起訴処分としたそうです。

それについて高畑容疑者の弁護士がコメントしてましたね。

悪質な事件ではない」と言ってましたが・・。大丈夫か?

悪質極まりない事件だとしか思えないのですが・・・。


sponsored link


生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

下のリンク記事は別タブで開きます。

高畑裕太が逮捕!橋本マナミに振られたショックで?」の記事はコチラ
高畑裕太が発達障害?障害どころか、実は天才だった?」の記事はコチラ
高畑裕太ハニートラップに?真実は千原ジュニアが知っている?」の記事はコチラ

■目次

高畑裕太が釈放!事務所は解雇(高畑淳子・会見動画

弁護士のコメント

なぜ「悪質ではない」と言った?

今後どうなる?真相は?

本日のまとめ

高畑裕太事件の被害者女性の写真が流出?」リンク記事

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。


%e9%ab%98%e7%95%91%e8%a3%95%e5%a4%aa%ef%bc%99


目次にもどる

■高畑裕太が釈放!事務所は解雇(高畑敦子・会見動画

公式チャンネル「oriconチャンネル」より

2016年9月9日午後2時20分頃、高畑裕太容疑者が釈放されました。

「この度は皆様に多大なるご迷惑をお掛けしてしまい、本当に申し訳ありませんでした」

と謝罪し、約30秒間頭を下げていました。

しかし、マスコミからの質問には一切応えずに車へ。車に乗る直前にも頭を下げていました。

事件の経緯

高畑裕太容疑者は2016年8月23日に、群馬県前橋市で逮捕され勾留されていました。

8月23日未明、高畑容疑者は群馬県前橋市のビジネスホテルで、女性従業員に被害を負わせたとして逮捕されていました。

事件当日、高畑容疑者は被害者女性に対して、「歯ブラシを持ってきて欲しい」と伝え、部屋に来たところを手首を掴んだとか・・・・。

そして、その後、部屋で寝ていた高畑容疑者は警察の任意同行で容疑を認めたため、逮捕。

「欲求を抑えられなかった。計画してたわけではない」

と供述していたそうです。

その後、母親の高畑淳子さんと、姉の高畑こと美さん、そして事務所社長の3名が面会へ。その時の高畑裕太容疑者は、謝罪の言葉を重ねるばかりで、涙を流し続けたとか・・・。

この逮捕によって、予定されていた「24時間テレビ」のドラマや、その他のドラマ、映画・バラエティ番組などは、差し替えや撮り直しなどで大騒動になったそうです。

その後、高畑淳子さんが謝罪会見をしていました。その会見に対しては賛否両論で様々な意見が出ていました。

母の高畑淳子さんは気の毒」という意見・・・そして「被害者にとっては不快でしかない」という意見・・・。

高畑淳子さんが記者会見で「被害者とされる女性」とコメントしていました。それについて「被害者に対して、狂言事件であるかのような発言」として非難が集まってましたね。おそらく弁護士から「被害者」と断定することを控えるよう言われたのでしょう。

高畑裕太が事務所解雇

9月9日、高畑裕太容疑者が所属してた芸能事務所「石田光三オフィス」が高畑裕太容疑者とのマネジメント契約を解除したことを発表しました。実質解雇ということでしょう。

悪質な事件をやらかした高畑裕太容疑者・・・今後芸能界に戻る事は絶望的と考えていいでしょう・・・。高畑淳子さんもどうなることかわからなくなってきました。

高畑裕太は体調不良を訴えているため、今後暫くの間、入院することになるのだそうです。つまり、マスコミから逃れるために病院へ逃げ込むってことでしょうね。

そんな高畑淳子さんが「避難所」という言葉を使用したとして、非難が集まっているみたいですね。

高畑淳子「避難所」発言

高畑淳子さんが、裕太容疑者逮捕の後、主演舞台「雪まろげ」のけいこに参加した時のことです。

高畑淳子さんは共演者たちに対して

「ここが私の避難所」

と発言したと噂されています。

それについて、非難が集まっているみたいです。なぜなら「避難所」とは「被害にあった者が身を隠すための場所」・・。加害者である高畑裕太容疑者の母が、まるで何かの被害を受けたかのように発言したことに非難が集中しているみたいですね。

目次にもどる

■弁護士のコメント

ところで、高畑裕太が釈放された9月9日、彼の弁護士から驚きのコメントが発表されました・・・。このコメントを耳にした際に、拙僧は気を失いそうになりました。これは、どういうことなのでしょうか?

高畑裕太の弁護士のコメントは、要約するとこんな感じ

「今回、高畑裕太さんが不起訴・釈放となりました。

これには、被害者とされた女性との示談成立が(検察に)考慮された事は事実と思います。しかし、今回の事件の容疑は被害者の告訴が無くても起訴できる重大犯罪です。悪質性が低いとか、犯罪の成立が疑わしいなどの事情がない限り、起訴は免れません。お金を払えば勘弁してもらえるなどという簡単なものではありません。

一般論として、当初は合意のもとに始まっても、罪になることがあります。途中で拒否した場合にも罪になる場合があるのです。

このような場合男性に女性の拒否の意思が伝わったかどうかという問題があります。伝わっていなければ敵意がないので犯罪にはなりません。

中略

私どもは高畑裕太さんの話は繰り返し聞いていますが、他の関係者の話を聞くことは出来ませんでしたので、事実関係を解明することは出来ておりません

しかしながら知り得た事実関係に照らせば、高畑裕太さんの方では合意があるものと思っていた可能性が高く、少なくとも逮捕時報道にあるような電話で「部屋に歯ブラシを持ってきて」と呼びつけていきなり引きずり込んだ、などという事実はなかったと考えております。つまり先程述べたような、違法性の顕著な悪質な事件ではなかったし、仮に、起訴されて裁判になっていれば、無罪主張したと思われた事件であります。以上のこともあり、不起訴という結論に至ったと考えております」

悪質ではない???当初報道では「歯ブラシを持ってきて」と40代女性従業員を部屋に招き、手首を掴んで引きずり込んだ・・・と言われていました。

それに対して、弁護士さんは、「報道のような事実はない」と言い、「悪質ではない」と言ってます・・・。

悪質ではないって・・・。だったらどうして逮捕されたの?という疑問が出てくるんですがね・・・。このコメントを見る限りだと、「当初は合意の上だったが、途中で拒否した・・しかしその拒否の意思表示が相手に伝わらなかった」と言っているように見えます・・・・。

しかし、事件の当時、女性従業員は1人で宿直をしていた状態だったそうです。

そんな時に、いくら芸能人が相手だと言っても、合意なんてしますかね・・・。

どうして弁護士さんはこんなコメントをしたのか?非難の的になりかねないものだと思います。

もしかしたら、示談が成立したタイミングで、正当性を主張し始めたとか??


sponsored link


目次にもどる

■なぜ「悪質ではない」と言った?

どうして「悪質ではない」なんてことを弁護士さんは口にしたのでしょうか?ちなみにこの弁護士先生は女性だそうです。

整理してみましょう。検察からは「不起訴処分」という結論が出ました。「不起訴処分」というのはつまり「事件が罪とならない時、証拠が不十分なときに、事件とはしない場合に出す結論」のこと。

どうして「不起訴処分」になったのか?高畑裕太の弁護士が言うには、その結論は二つ「示談成立」と「悪質ではなかった」ため。

示談成立はわかりました・・・。しかし、悪質ではなかったってのは、どういうことなのでしょうか?弁護士は「歯ブラシを利用したという報道は事実ではない」と言ってます。そして「当初、合意があった」ことを仄めかしています。

つまり、「最初は合意していたけど、その後拒否した」ってことを言いたいのでしょうか?

高畑裕太の犯した罪・容疑は「女性が合意した、又は合意したと客観的に判断される行為があった場合、罪にならない」のだそうです・・・。つまり、弁護士が言いたいのは「最初は合意していたんだから、悪質ではない」と言いたいのでしょう・・。

それにしたって、先程も拙僧は述べましたが「お仕事中の女性従業員が、合意なんかするのか?」ってとこが引っかかります。

もしも万が一、合意なんかなかった悪質極まりない事件だったと仮定したら、高畑裕太の弁護士はどうしてこんなことを言ったのでしょうか?

弁護士の発言の真意

おそらくですが、弁護士さんは「依頼人の利益最優先」でこんなことを言ったのでしょう。

弁護士はあくまでも依頼人の利益のために、悪役でも買って出る存在ですからね。

例えば「舛添要一」前都知事が、資金の利用について非難を浴びた際に、弁護士が舛添要一さんを必死に擁護していました。

「公費で購入した中国服は、書を書く際に滑らかに書けるから適切」

なんて苦し紛れのコメントをしていた程です。

つまり、弁護士さんは高畑裕太を守るため、そして非難を避けるために「報じられたような悪質なものではない」と言いたかったのでしょう・・・。

これって容疑者を罪から守ることにはなるかもしれません。しかし芸能人を大衆から守るという観点からすると、逆効果だったんじゃないでしょうかね。何よりも被害者女性を傷つけることになるでしょう。大丈夫なんでしょうか?大丈夫なわけないですよね。

この発言は高畑裕太が「悪質なことはしていない」と自分でコメントしているのではないか?反省していないのではないか?と受け止められかねない発言な気がします。

これってマズイんじゃないの?

そして、高畑裕太に対して、女性を中心にしての嫌悪感は半端じゃないことになっているでしょう・・・。

拙僧の予想はほとんど当たった試しがないですが・・・・それにしたって、この弁護士さんのコメントは「火に油を注ぐ」ことになりはしないでしょうかね???

高畑裕太が芸能界を追放された今、非難は「高畑淳子」さんに向かうことなるかもしれません。

目次にもどる

■今後どうなる?真相は?

高畑裕太は不起訴処分ということですが、どうやらこの後も「起訴される可能性がある」のだそうです。

不起訴処分と言うのは、「今後一切、起訴しませんよ」というものではなく「今のところは起訴しません」ということらしいです。

例えば、「証拠不十分で不起訴」になったとしても「新しい証拠が出てきたから、やっぱり起訴処分」とすることもあるのだと、報道で言ってました。

しかし、例え今後「起訴されることがなかった」としても、騒動の内容が内容なだけに、芸能界復帰はあり得ないでしょう。

流石に印象が悪くなりすぎたため、高畑裕太を起用するメディアといえば「スキャンダル」を扱うマスコミ以外にはないでしょうからね。

そして、高畑淳子さんはどうなるのでしょうか?これでもか!というほど長い休業期間を置いて、再び大衆の前に姿を表すことになるでしょうね。高畑淳子さんには、記者会見で同情の声が多数寄せられていました。しかし、最近ではちょっと潮目が変わってきているみたいですから。

被害女性と示談が成立したから責任も報いもない・・・・なんて甘い考えが通るとは思えません。

裕太、永久追放・・・・。芸能界での評判はそれほど良くなかった・・・なんて言われていますしね。

真相は?

真相はどうなのでしょうか?

逮捕された当初言われていたように「悪質極まりない事件」を高畑裕太はやらかしたのか・・・。又は弁護士先生が言うように「悪質ではない」ものなのでしょうか?

マスコミの発表では「歯ブラシを持ってきて」と言って、届けに来た女性従業員を部屋に引っ張りこんだ・・・とされています。

これは警察の発表をマスコミが報じたものでしょう。

つまりマスコミ発表は、警察が「被害者女性からの供述」と「高畑裕太の供述」双方を元にして、伝えられたものだと思われます。

では高畑裕太の弁護士の「悪質ではない」という言葉の根拠はどこにあるのでしょうか?それは間違いなく「高畑裕太の証言」でしょうね。弁護士のコメントによると「他の関係者と話すことが出来ていない」とのこと。そして、「事実関係を解明できていない」とも言ってます。

つまり、「マスコミは警察発表を元にして」、高畑裕太の弁護士は「高畑裕太の証言を元にして」それぞれがコメントしていると考えられます。

関係者の証言がないにもかかわらず「悪質ではない」・・・。ちょっと説得力がない気がします。高畑裕太の弁護士さんは、依頼人を守ろうとしているだけなのでしょうけど、ちょっと気持ちのいいコメントではない気がします。

示談成立ということは、おそらく被害者女性と高畑裕太の双方ともに、早く終わらせたいと思っているのでしょう。事件が事件なだけに被害者女性は当然でしょう。こう考えると、高畑裕太の弁護士のコメントは信じる信じない以前に、まずいのではないでしょうかね・・・。

示談しないほうが良かった?

高畑裕太の弁護士は「裁判になっていたら無罪を主張していた」なんて言ってます。

それならば、示談にするのではなく、裁判で真実を明らかにしたほうが良かったのではないでしょうか?

当然、今回の事件の性質上、被害者女性は裁判にはしたくなかったというのはわかります。

しかし、高畑裕太からすると、無罪を裁判という公の場で堂々を主張したほうが、ほんの僅かばかりでしょうけれど、芸能界への復帰の可能性も残されていた気がします。

示談にするのではなく、徹底的に真実を追求する。そんな姿勢が高畑裕太サイドから見えない以上、ちょっとこの弁護士コメントは、厳しいのでは??

しかも高畑裕太は逮捕直後に

「欲求を抑えられなかった」

と証言しているそうです。合意があったならこんなこと言わない気がしますけどね・・・。

ちなみにこれまでの拙僧の予想は「マスコミ発表が真実であるならば」という仮定の上に成り立っている推理です。もしも、万が一ですが「警察発表を元にしたマスコミの報道にミスがあったのなら」この事件の様相は全く変わってきてしまう事になります。

今後、もしかしたら大どんでん返しがあるのか?いや、示談になっているのだから、それは可能性低いでしょうね。


本日のまとめ2


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・2016年9月9日、高畑裕太が不起訴処分となって釈放された。

・弁護士は事件について「悪質ではない」とコメント。

・弁護士のコメントは依頼人を守るためだろう。

・弁護士のコメントが真実ならば、高畑サイドとしては無罪を主張したほうが良かったのではないか?

・被害者の心情を思えば、やましいことがなかったとしても裁判を避けたのは理解できる気がする。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■「高畑裕太事件の被害者女性の写真が流出?」リンク記事

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

高畑裕太事件の被害者女性の写真が流出?」の記事はコチラ


sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る