夏目三久と有吉弘行ガセ熱愛情報が交錯する理由はマスコミの庇い合い

有吉さんの

夏目三久と有吉弘行の熱愛・妊娠報道。

どうしてここまで混乱してしまうのか?

「夏目・有吉熱愛は真実」とか「夏目妊娠は事実だが、相手は有吉じゃない」とか

「夏目事務所が激怒して、もみ消した」とか

どうしてこれほどまでに情報が交錯しているのだろうか??

おそらくそれは、マスコミ各社が日刊スポーツの失敗をかばい合っているからでは?


sponsored link


生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

「熱愛妊娠報道」それぞれの主張

どうしてマスコミは「日スポ」を庇う?(追記アリ

実際付き合っているのか?

本日のまとめ(有吉・動画

夏目三久・怒り新党降板の理由は妊娠?それとも熱愛?」リンク記事

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。


有吉さんの2


目次にもどる

■「熱愛妊娠報道」それぞれの主張

下のリンク記事は別タブで開きます。

夏目三久芸能界のドンの愛人?お腹の子はドンの子?」の記事はコチラ

情報が交錯しまくって、一体全体何が真実なのかが全くわからなくなっている「有吉・夏目の熱愛、妊娠報道」。真実は一体どこにあるのか?ちょっと整理してみましょう

夏目三久の主張

夏目三久さんがスポニチの取材に応えて、一連の騒動について完全否定しました。

詳しくは以下のリンク記事をご覧くださいませ。リンク記事は別タブで開きます

夏目三久インタビュー内容」の記事はコチラ

簡単に言ってしまうと、「熱愛、妊娠、結婚」は全て事実無根。そして、報道直後に夏目さんが出演していた「あさチャン!」をお休みしたのは、「予定通りの夏休み」だと言ってました。

どうやら事実無根の報道にかなりのショックを受けていたそうですよ。

有吉弘行の主張

有吉さんは、この「熱愛・妊娠報道」について、いち早くコメントをしたお方。日刊スポーツが「熱愛・妊娠」を報じたその日のツイッターで

「これが狐につままれたような気分か」

と言ってました。

そして、その後のテレビ番組で

「誤報記事書かれてすみません。」

といい、その後のラジオ番組では

「熱愛、妊娠、結婚、全て事実ではない」

と完全否定しました。それにしても、この騒動がここまで混乱してしまった理由は、「初動対応の遅さ」にあると言われています。

夏目・有吉の事務所がコメントするのも遅かったですからね。

日刊スポーツの主張

日刊スポーツは「夏目・有吉、熱愛、妊娠、結婚」という主張を崩していません。

双方事務所が熱愛を完全否定した直後に「結婚を発表するためには、まだ調整が必要なようだ」と、続報まで出した自信満々な様子でしたね。

更には週刊文春が、この報道の真偽を確認するために日刊スポーツに対して取材したところ、次のようにコメントしたとか

「紙面に書かれていることが全てです」

つまり、「二人の妊娠、結婚」は事実であるという主張を変えていないということですね。

どうしてここまで自信満々なのでしょうかね・・・。

双方事務所の主張

当然のことですが、この双方事務所の主張は「夏目」「有吉」と全く同じです。

つまり「事実無根」とコメントしていました。

しかし、この事務所コメント、日刊スポーツの記事が掲載されてから、半日も経過してから発表されました。どうして即座にコメントしなかったのか?

おそらくですが、双方事務所ともに、本人に確認を取る時間が必要だったのでしょう。この対応の遅さが、「疑惑」を持たれる結果となってしまいました。

週刊文春の主張

9月1日発売の「週刊文春」では、ちょっと趣の異なる主張がなされています。

夏目さんと有吉さんの熱愛は事実としておきながら、夏目さんのお腹の子供は「有吉さんの子ではない」ということを仄めかす内容になっていました。

そして、夏目さんのお相手が、「芸能界のドン」と言われている「田辺エージェンシー」の社長の「田辺」さんだと、暗に示してました・・・。

あまりにもドロドロしすぎて、週刊文春さまを全面的に信頼していた拙僧も、ちょっと信用することが出来ないものでしたが・・・週刊文春さん・・・どうしてそんな主張を??

どうしてマスコミ各社は「夏目三久の熱愛報道が事実である」というスタンスで報道をするのでしょうか?まるで庇いあうかのように・・・。

何か理由があるの?

目次にもどる

■どうしてマスコミは「日スポ」を庇う?(追記アリ

「夏目三久・有吉弘行」について、マスコミ各社の報道を見てみると、「熱愛はガセ」という報道はほとんどありません。

例えば「スポニチ」は「夏目三久さんのインタビュー」を報じることで、「熱愛はガセ」と主張しているように見えますが、それ以外のニュースでは「熱愛は事実」というスタンスのマスコミがほとんどです。

夏目さんが熱愛妊娠を、インタビューまでして完全に否定している時点で、「この熱愛報道はガセ」と、既に決まっちゃったような気がするのですが・・・。

「完全にガセ」なのだとしたら、どうしてマスコミ各社のほとんどが「熱愛は真実で、夏目三久の事務所田辺エージェンシーにもみ消された」と主張しているのでしょうか?

おそらくですが、マスコミ各社は「日刊スポーツ」さんを「庇っている」のでは?もちろん「売れるネタに便乗している」って理由もあるのでしょうけどね。

現在の状況は、日刊スポーツさんが「熱愛・妊娠は事実」と主張しているのに対して、それ以外のマスコミは「熱愛は事実だが、熱愛関係は事務所の反対でなくなった」という感じで主張しています。

まるで、「日刊スポーツ」の主張の筋を通してあげた上で、騒動を沈静化させたがっているかのようです。躍起になって「カバーストーリー」を報じているみたいに見えますね。

日刊スポーツ以外のマスコミからすると、日スポはライバル・・・。しかし、日スポが誤報を出してしまったことを断罪するよりも、助けてあげるかのように「この騒動の落とし所を探って」あげれば、日スポに貸しが出来ますよね。

もしかしたら、マスコミって意外と持ちつ持たれつな関係なのかもしれませんね。ライバルから情報をもらうこともあるだろうし・・。

追記致します。

日刊スポーツが「夏目三久さんの妊娠結婚報道」について「事実に反した報道だったこと」を認めて謝罪しました。

そりゃあ妊娠なんて報じちゃったからには「出産」しなくちゃおかしいですからね。

それがないなら誤報ってことに鳴っちゃうわけで、日刊スポーツとしては騒動から3ヶ月で訂正って、かなり粘りましたね。

 


sponsored link


目次にもどる

■実際付き合っているのか?

おそらく「熱愛はガセ」だろうと思います。

週刊文春さんは「夏目三久さんは愛人」なんて主張をしているみたいですが、ちょっと無理があるのではないでしょうか。

そもそも、夏目三久さん・・・・拙僧が見たところで恐れ入りますが、有吉さんのことを、そんな目で見ていない気がするのですが・・気のせいですかね・・・・。

「妊娠」という報道には、必ずと言っていいほどに、「出産」という続報が続きます。もしも「出産」という続報が出てこなかったら、「中絶」したか・又はそれ以上に不幸なことがあったか・・・又は「そもそも妊娠していない」か・・・。このどれか1つになります。

夏目三久さんの妊娠報道が出たのは2016年8月下旬。つまり、この時点で「妊娠4週目」だと仮定してみると、出産の予定は「どんなに遅くとも2017年5~6月頃ってことになります。

それまでに「出産」という続報がなければ、「誤報の可能性」が高いのではないでしょうか。

週刊文春さんは流石です・・・・・・。拙僧がここで書きました「妊娠報道には、必ず出産の続報がある」ということがよくわかっているようで、「夏目三久さんの妊娠は、田辺社長との不倫の結果」と仄めかしていました。

不倫の末の妊娠なら、出産は難しいでしょう。田辺社長には、元女優でモデルの「小林麻美」さんという妻がいるわけですから。

そうなると、中絶しなくてはなりません。中絶すれば、出産という続報が出ないのは当たり前ですからね・・・。

週刊文春さんは、日スポさんの誤報の落とし所を見事に用意してあげたわけです。

日スポさんからすれば「誤報でした。ごめんなさい」なんてことは言えないでしょう・・・週刊文春さんのこの「落とし所」の用意は「渡りに船」「救いの手』だったのではないでしょうか。


本日のまとめ2


目次にもどる

■本日のまとめ(有吉・動画)

本日の記事をまとめますと

・「妊娠報道」に対して、各所「事実無根」として否定している。

・マスコミは「熱愛・妊娠は事実」というスタンスで報じている。

・日刊スポーツをマスコミ各社が庇っているのは、利用価値があるからではないか??

・おそらく熱愛はガセ。

以上となります。

公式チャンネル「oriconチャンネル」より

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■「夏目三久・怒り新党降板の理由は妊娠?それとも熱愛?」リンク記事

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

夏目三久さんの『怒り新党』降板の理由は、妊娠?それとも熱愛?」の記事はコチラ


sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る