ローラの熱愛報道を検証!本当に登坂広臣と熱愛交際してる?結論は?

ローラ1

タレントのローラさんと、三代目JSBの登坂広臣さんの熱愛が報じられました。

この二人の熱愛は本当なのでしょうか?

ファンからすると信じたくないのでしょうけれど、

真実ならば受け入れないと!!

というわけで、交際は本当なのかどうかを検証してみました!!


sponsored link


生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

熱愛報道内容(ローラ・動画

双方事務所のコメント

熱愛は本当か?

この後どうなる?

本日のまとめ(登坂広臣・動画)

ローラ・登坂広臣熱愛に井上公造コメント」のリンク記事

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。


ローラ2


目次にもどる

■熱愛報道内容(ローラ・動画

公式チャンネル「maidigitvチャンネル」より

2016年8月3日、翌日発売の週刊誌「女性セブン」の記事内容が報じられました。タレントの「ローラ」さんと、三代目JSBの「登坂広臣」さんの熱愛!!ファンからは悲鳴が上がりました。

報道の内容は、簡潔にしてしまうと以下のとおり。

ローラと三代目JSBの登坂広臣が熱愛。ローラさんは、直近1ヶ月、登坂さんが住む都内高級マンションに何度も行っていたとか。登坂さんとローラさんは2012年のバラエティ番組での共演で知り合い、2016年から交際が噂されるようになりました。

どうして交際が噂されるようになったのか・・・。それは双方が投稿しているインスタグラム。そこに投稿されていた画像が、とっても似ているというのです。どういうことかというと、登坂さんは2016年2月、アメリカでグラミー賞授賞式を見学に行っていました。そしてローラさんも時を同じくしてグラミー賞へ。

その時二人が投稿した画像、登坂さんは上半身裸でベッドに・・・。ローラさんも同じく、上半身裸?と思われる状態でベッドに・・・。共に純白のシーツにて身体を隠している、というものでした。この画像を横にくっつけてみると、なんとも生々しい写真になってしまうわけです・・・。

その他にも、二人が同じ場所で撮影したと思われる写真を掲載。ファンからは悲鳴が挙がっていました・・・。

二人は本当に付き合っているのでしょうか??

目次にもどる

■双方事務所のコメント

さて、この騒動に対して、双方事務所のコメントはと言うと・・・。

「仲の良い友人の一人だと聞いています。しかし、プライベートは本人に任せています」

とのこと。

この「交際について尋ねられた際の事務所コメント」なのですが、いくつかバリエーションがありますよね。

「温かく見守っていただければ・・・。」

「仲の良い友人と聞いています。」

「プライベートは本人に任せています」

今回は合わせ技です。「仲の良い友人」「プライベートは本人に任せています」・・・。

おそらくなのですが、「プライベートは本人に任せています」と言うのは、一言で言うと「しらねー」ってことでしょ。「仲の良い友人」ということは、「尋ねたら、友達って言ってた」ってことでしょう。つまり今回の双方事務所のコメントを翻訳してみると、

「今の今まで知らなかったけど、本人に尋ねたら、『友達』って言ってた」

ということでしょう。つまり、コメントを求められた時点で、双方事務所ともに詳しい事情を理解していなかった、ということではないでしょうか・・。

それでは、実際のところはどうなんでしょうか?ちょっと考えてみましょう。


sponsored link


目次にもどる

■熱愛は本当か?

ローラさんと登坂広臣さんの熱愛は本当なのでしょうか?

ヒントとしては、「事務所のコメント」と「事後対応」にあると思います。

事務所のコメント

まるでマニュアルがあるかのような、何度も何度も耳にする台詞。「仲の良い友人」「プライベートは本人に任せています」。マニュアルがあるってことは、それほど考えなくてもいいということでしょう。そして、このマニュアルコメントには、「いかなる状況にでも対応することが出来る」という万能性もあります。

これって、つまり、報道が出た直後には事務所は何も知らなかった、ということでしょう。おそらくこの報道が出た直後に、本人に確認した、という後手後手の対応だったことが伺えます。

そして、おそらく事態は事務所が想像していた以上に厄介なものだったのでしょう。それは「事後対応」に現れています。

問題ありの事後対応

この熱愛が報じられてから、登坂広臣さんは東京都の豊洲で行われた映画の舞台挨拶に出席。しかし、ローラさんとの熱愛については何一つコメントをしなかったそうです。噂によると、報道各社に対して、登坂広臣さんの所属事務所がこの熱愛についての報道を止めたとか。つまり圧力をかけたってことね。

ローラさんからも、何のコメントもありません。もしもやましいことがないのなら、自分の口から弁明するのが1番です。しかし、コメントがない・・・。鳥越俊太郎さんも、女性問題が報じられた際に、コメントしませんでしたよね。そのため、女性問題は本当なのでは?と言われるようになりました。そして、参議院議員の青山繁晴さんは、週刊文春にて、金の問題を報じられましたが、バンバン事実無根と反論を行ないまくって、今では疑いの声が無くなったようです。

つまり、自らの口で釈明しないということは、疑惑を認めたに等しい、ということです。自分の口で釈明できないってことは、何か隠したいことがあるってことなんでしょうね。

ローラさんは8月10日、都内でイベントに参加。その時「交際は?」という質問をされて「笑顔で無言だった」とか・・・・。拙僧が観るところ、笑顔には全く見えませんでしたが・・・。怒っているようにみえましたよ・・・。「交際について無言のイベント動画」は以下のリンク記事をご覧くださいませ。リンク記事は別タブで開きます

ローラさん質問に無言の動画登坂さんとペアリング?」の記事はコチラ

結論

結論を言ってしまうと「本当に交際していたけど、報道がきっかけで破局させられた」ということではないでしょうか。

ローラさんは「有田哲平」さんとの熱愛が報じられた際に、自身の口で「アレは嘘なの」と熱愛を否定しました。登坂広臣さんも、2014年にモデルの東野佑美さんとの熱愛が報じられた際に、自らの口で否定しました。

しかし、今回はそれがありません。何故かと言うと、「下手に口にして、続報で嘘がバレたら大変」だから。ベッキーさんはゲスとの関係を「友達」と言った後、「熱愛を証明するLINE」が報じられて一気に追いつめられました。「口は災いの元」「沈黙は金」なんて言われていますが、おそらくコメントしたくても出来ないのでしょう。

つまり、コメントして続報が出ると嘘がバレるかもしれない状況に二人共置かれている。ということでしょう。熱愛は本当だった・・・だけどそれを認めると、事務所が嘘をついたことになってしまう。だから「交際してます」とはいえない。更には続報が出ると大変。もう二度と会えない。ということでしょう。

交際しているなら、せめて事務所には話しておけばよかったのに・・。いや、そんなことしたら「別れろ」って言われちゃうか(^_^;)

ちなみにベッキー騒動のについては以下のリンク記事をご覧くださいませ。リンク記事は別タブで開きます

ベッキーゲス不倫騒動」の記事はコチラ

目次にもどる

■この後どうなる?

この後どうなるのか?登坂広臣さんとローラさん、コメントしてくれるのでしょうか?してくれるわけ無いッス。コメントした瞬間、二人は信用を失い、ファンを失います。そして事務所も信用を失い、利益を大幅に減らすことになるのです。

このままコメントをしないで、ほとぼりが冷めるのを待つ、ということでしょう。

それでファンが離れていってしまうのは仕方ありません、と腹をくくっているのでしょう。

しかし、唯一の救いは「おそらく二人は二度と会うことはないだろう」ということ。

しかし・・・takahiroと武井咲の例もありましたしね・・・。EXILEって、結構タレント管理が緩いしねぇ(^_^;)ヤケクソになってやらかす、なんてこともあるかも・・・。まさか、結婚!!なんてことに・・・。ならないでね(;・∀・)」

takahiro・武井咲についての記事は以下のリンク記事をご覧くださいませ。リンク記事は別タブで開きます

takahiro板野友美はどうなった?武井咲とは?」の記事はコチラ

本日のまとめ2


目次にもどる

■本日のまとめ(登坂広臣・動画)

本日の記事をまとめますと

・ローラさんと登坂広臣さんの熱愛が報じられた。

・事務所が言うには「友人」らしい。

・おそらく交際は本当だけど、既に破局している。

・今後はほとぼりが冷めるのを待つのみだろう。

以上となります。

公式チャンネル「oriconチャンネル」より

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■「ローラ・登坂広臣熱愛に井上公造コメント」のリンク記事

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

ローラ・登坂広臣熱愛について井上公造がコメント」の記事はコチラ


sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る