馬越幸子のプラチナム契約解除は実質クビ?小倉優子への復讐が目的?

馬越幸子1

馬越幸子さんが所属事務所の「プラチナムプロダクション」から

契約解除されたことが判明しました。

小倉優子さんの夫の菊池勲さんとの不倫が報道されましたが

菊池勲さんは「不倫じゃない」と言っているらしい・・・。

これって、馬越幸子さんの小倉優子さんへの復讐なのでは?

小倉優子さんと馬越幸子さん・・・何かあったの?


sponsored link


生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

不倫報道内容と菊池勲氏の言い訳(馬越・動画

馬越幸子の復讐?

離婚は不可避?

元々夫婦の仲は上手くいってなかった

本日のまとめ(馬越・動画)

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。


馬越幸子2


目次にもどる

■不倫報道内容と菊池勲氏の言い訳(馬越・動画

「左の女性」が「馬越幸子」さん(25)ですね。可愛いですね・・・。

公式チャンネル「p-shops 公式チャンネル」より

2016年8月2日。週刊文春がまたしてもやってくれました。元グラビアアイドルでタレントの「小倉優子」さんの夫、美容師の「菊池勲」さんの不倫が報じられました。

報道によると、菊池勲さんは、小倉優子さんと同じ芸能事務所「プラチナムプロダクション」所属のアイドルグループ「ユルリラポ」の「馬越幸子」さん(25)と不倫していたそうです。

週刊文春記者は、7月28日、馬越幸子さんと一緒に、馬越さんのマンションから出てくる「菊池勲」さんを直撃。不倫について質問してみると、彼は不倫を否定

「(妻に)信じてほしい」

と言っていたみたいです。どうやら女好きで有名なお方だったらしいですね・・・・。

ちなみに、「馬越幸子」さんと「菊池勲」さんが「本当に不倫関係にあったのか?」を検証しました。よろしければ以下のリンク記事もお読み下さいませ。リンク記事は別タブで開きます

馬越幸子さんと、菊池勲さんは本当に不倫していたのか?」の記事はコチラ

菊池氏の「言い訳」続報

どうやら、菊池氏は妻の小倉優子さんに対して、今回の騒動について言い訳したみたいです。彼は馬越幸子さんのマンションで一体何をしていたのか?馬越幸子さんが言うには

「7月28日は、時間を潰すためにインターネットで『ネットフリークス』を見ていた・・・。馬越幸子さんは寝ていた・・・。」

・・・・だそうです・・・。「ネットフリークス」なら自宅で観ればいいだけですよね・・・。言い訳にもなっていません・・・・。何をしていたかは、想像に難くありません・・・。もしもネットフリークスを自宅で観ることが出来ない理由があるとしても、「同性の友人宅」・「ネットカフェ」にでも行けばいいだけです。わざわざ「後輩アイドルのお家」で観る必要もないですから。

それにしても最近は不倫報道が多いですね!!「ベッキー・ゲス川谷」「ファンキー加藤・NAON」「五十川敦子・高知東生」「宮崎謙介」。井上公造曰く、不倫ネタのほうが売れるから、不倫ネタを持ち込む記者が増えたそうですよ。

高知東生高島礼子が離婚!五十川敦子スピード再婚か?」の記事はコチラ

目次にもどる

■馬越幸子の復讐?

でも、菊池勲さん・・・どうして「馬越幸子」さんに手を出したのでしょうか?そして、馬越幸子さんも、どうして「菊池勲」さんを選んだのでしょうか?菊池氏も馬越氏も小倉優子氏も、全員同じ芸能事務所「プラチナムプロダクション」所属らしいじゃないですか。リスクの高い「不倫」をするなんて、どうしてなのでしょうか?

馬越氏は小倉優子氏に、何か恨みでもあったのでしょうか?

復讐?

どうして馬越幸子さんは、菊池勲さんなどという「リスク高すぎ」な人と不倫なんてしていたのでしょうか?まさか「既婚者」だと知らなかった・・・わけじゃないでしょうし。可能性としては2つしかないと思います。

・好きになっちまったから仕方ない。

・小倉優子に一泡吹かせたかった(復讐)

といったところでしょう。馬越幸子さん、もしかして、独特なキャラの小倉優子氏のことが嫌いだったのかな??まぁ、一生懸命ママさんやっていた小倉優子氏ですが、かつて「重盛さと美」さんをイビってた・・・なんて噂もありましたしね。

今回の騒動については、完全に「菊池勲」の方が悪いと思いますけど、もしかして、馬越幸子さんと小倉優子さん。犬猿の仲だったとか?

女優の「美保純」さんが、この不倫騒動について面白い持論を展開していました。

「売名とか言うつもりはないと思いますけど、『うらやましい』っていうのがあるんじゃないでしょうか。『あの有名タレントさんの旦那様にちょっかいを出す』っていう横取りのつもりもあるのでは?」

恨みがあったわけではないけど、『妬んでいた』ってことでしょうかね。確かに小倉優子さんに比べたら、馬越幸子さんは知名度が低いですからね・・・。

ちなみに馬越幸子と菊池勲の不倫はいつから?についても考察しました。週刊文春でも「不倫開始時期」を報じていますが、拙僧はその時期に疑問を抱いています。結構長い関係だったのでは?よろしければ以下のリンク記事をご覧くださいませ。リンク記事は別タブで開きます

馬越幸子菊池勲不倫はいつから?実は結婚前から?」の記事はコチラ

馬越幸子さんは今回の騒動で、「反省しています」というコメントを残して事務所との契約を解除。実質クビになってしまったようです。もしも菊池勲さんの言うとおり、「不倫していない」のなら、気の毒です。でも「疑われても仕方ない」ことをやっちまったわけですから、芸能界という特殊なルールのある世界では、許されないのかな・・・。


sponsored link


目次にもどる

■離婚は不可避?

さて、小倉優子さんは菊池勲さんと離婚するのでしょうか?報道によると、小倉優子さんは7月30日に男性マネージャーも同席して、不倫について菊池勲さんから説明されたとか。小倉さんは大泣きしていたらしいです。どうやら離婚も視野に入れているとのことです。

このサイトでは「大したことない」と酷評している芸能リポーター、「井上公造」さんも、この不倫騒動の真偽をコメントしています。

「不倫してるかどうかはわからないが、(馬越の)自宅に通っていたのは本当」

文春で報じている以上の情報は持ってないみたいですね。つまり「しらねー」ってことね。まぁ、ベッキー騒動で「井上公造は大したことない」ってことが判明しましたし、そんなもんでしょう(^_^;)「井上公造は大したことない事件」については、以下のリンク記事をご覧くださいませ。リンク記事は別タブで開きます

ベッキーに川谷元妻が抗議文?抗議文じゃなかった?井上公造まさかの凡ミス!」の記事はコチラ

おそらくですが「子供のため」と言って離婚はしないんじゃないでしょうかね・・。お子さんがお腹にいる状態で、離婚ってのは考え難い気がします。

もし万が一離婚するにしても、おそらくお子さんが誕生して、育児が落ち着いたらになるのではないでしょうか。それまでは我慢するのでは?

目次にもどる

■元々夫婦の仲は上手くいってなかった

小倉優子さんと菊池勲さんは、元々夫婦関係がうまくいってなかったみたいですよね。5月3日、小倉優子さんが、「解決!ナイナイアンサー」というテレビ番組で菊池勲さんに対して不満を抱いていたことを白状してました。

どうやら菊池勲さんは月に1日くらいしか休日がないらしく、育児をほとんどしていないのだそうです。司会のナイナイ矢部浩之さんのイクメンぶりを耳にして、涙したエピソードを口にしていました。

子供が生まれてからは、喧嘩が絶えなかったという小倉優子さんと菊池勲さん。しかし、小倉優子さんが「夫はいないもの」と思うようになってからは喧嘩も減ったのだそうです。

「たまに育児してくれたらラッキー」

なのだとか・・・。

離婚はないだろう」と予想しましたが、今妊娠中のお子さんが誕生して、入園する年齢になったくらいで、もしかしたら離婚することになるのかな??

時間潰すために後輩アイドルの自宅に行ってネットフリークス観てた」なんて・・・・本当だったとしても、そんな時間があったら育児手伝えばいいのに・・・。こんな夫じゃ、ちょっと先が思いやられるから、離婚したほうがいいのかも・・・。

でも、小倉優子さんに、そこまでの決断力があるのかなぁ・・・?まぁ、既に「夫はいないもの」と思って育児をしている小倉優子さんですから、今更いなくなっても困らないのかも・・・。


本日のまとめ2


目次にもどる

■本日のまとめ(馬越・動画)

本日の記事をまとめますと

・小倉優子の夫・菊池勲に不倫報道。

・菊池勲氏は「馬越宅で『ネットフリークス』観てた」と言い訳。

・馬越は小倉優子に「一泡吹かせたかった」のかも。

・離婚はしないのではないだろうか・・・。

・元々、小倉・菊池は上手くいってなかった様子。

以上となります。

下の動画の「一番左の女性」が「馬越幸子」さんです。

公式チャンネル「maidigitvチャンネル」より

馬越幸子さん、可愛いですね。これじゃ、菊池勲さんが不倫しちゃうのも仕方ないのかな・・いやいや、不倫はいけません。特に妻の妊娠中の不倫なんて最悪です。お子さん達が、この事実を知って傷ついてしまう日が来ることでしょうけど、御仏の慈悲がありますように、拙僧は祈りたいと思います。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。


sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る