植松聖の凶行!津久井やまゆり園での2004年の窒息騒動と事件詳細


とんでもない事件が起こりました・・・。

神奈川県相模原市、障害者支援施設「津久井やまゆり園」で起きてしまった凶行。

被害に合われた方は合計で39人。

犯人は植松聖(うえまつ さとし)26歳。

「津久井やまゆり園」の元職員だとのこと。

この津久井やまゆり園では、12年前に窒息騒動がありました。

この騒動と7月26日の事件。

何か関係があるのでしょうか?

量刑はどうなるのでしょうか


sponsored link


生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

事件の詳細

容疑者の自宅はどこ?

施設を退職した理由とは?

「にがり窒息事故」とは?

量刑は?

本日のまとめ

その他の記事

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。


相模原市事件2


目次にもどる

■事件の詳細

2016年7月26日

とんでもない事件が発生しました。

容疑者「植松 聖」の大学と高校、そして今後の裁判の予想と、刑が確定するまでどれくらいの時間がかかるのか、を調査しました。

よろしければ以下のリンク記事もお読み下さいませ。リンク記事は別タブで開きます

「植松聖容疑者の大学と高校は?量刑と裁判の流れ刑確定までの時間はどれくらい?」の記事はコチラ

事件の経過は以下のとおりです。

事件の時系列経緯

午前1時37分頃。

神奈川県相模原市緑区にある障害者施設「津久井やまゆり園」から100m離れたところに、植松聖容疑者の車が停車。

防犯カメラにその様子が映し出されていました。

車の後部バンパーは、事故にでもあったのか、外れかかっていました。

その様子を見た防犯カメラの持ち主は、植松聖容疑者に声をかけたそうです。

「大丈夫ですか?」

それに対して植松容疑者は、こう応えたそうです。

「大丈夫です。やまゆり園のものです。」

午前2時45分頃。

相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」から110番通報がありました。

「園内に侵入した男がいる。」

そして、現在わかっている限りで44人の方が被害にあわれました。

午前2時50分。

植松容疑者は、駆け足で自身の車に戻っていく様子が、先ほどの防犯カメラに映っていました。

犯人はその後、午前3時ころに津久井警察署に出頭。

津久井やまゆり園の元職員「植松 聖(うえまつ さとし)」容疑者・26歳。

「自分がやった」

「障害者なんていなくなればいいと思った」

「施設を辞めさせられて、恨んでいた」

と言っているみたいです。

容疑者と施設の関係

どうやら植松聖容疑者は、元々はこの「津久井やまゆり園」の職員だったみたいです。

施設を辞めさせられたことに恨みを抱いていたみたいですが、被害に合われた方は、職員ではなく、障害者の方々ばかり。

どうやら逆恨みをしていた様子。

ハンマーを使って、窓ガラスを割って施設内に侵入。

津久井やまゆり園には、どうやら24時間体勢で警備員が常駐しているようですが、元職員ということでその警備をかいくぐれたのでしょう。

どうやら植松聖容疑者は、止めに入った施設職員を結束バンドで拘束し、鍵の束を奪ったそうです。

この時、施設内には警備員1名、施設職員8名がいたといいます。

しかし、まさかこれほどの凶行に望んでしまうとは・・・。

あの「小金井アイドル事件」を思い出してしまいますね。

リンク記事は別タブで開きます。

「小金井事件の冨田真由が意識回復」の記事はコチラ

植松聖の自宅前には、たくさんの報道陣が張り込んでいるようですが、自宅はどこにあるのでしょうか?

目次にもどる

■容疑者の自宅はどこ?

報道によると、植松聖の自宅は、津久井やまゆり園のすぐ近くにあるとか・・・・。

津久井やまゆり園は「神奈川県相模原市緑区千木良」というところにあります。

その「津久井やまゆり園」から徒歩圏内に容疑者の自宅があるようですね。

自宅は施設から歩いて10分弱、距離にして500m程の、山中で民家が点在する地域にある一戸建てだといいます。

茶色の壁に、二階の部屋にはつきだしたベランダ。

植松聖容疑者は一人暮らしだったそうです。

近所の人の話では、植松聖容疑者は

「明るく挨拶をする、腰の低い好青年」

だったそうですが・・・。


sponsored link


目次にもどる

■施設を退職した理由とは?

 

なぜ退職させられたのか?

植松聖容疑者はどうして「津久井やまゆり園」を辞めさせられてしまったのか?

どうやらそれは、植松聖容疑者が引き起こしてしまった事件に理由があるみたいですね。

植松聖容疑者は2012年から「津久井やまゆり園」にて仕事を始めたそうです。

もしかしたら、大学を卒業後に就職したのかもしれません。

元々、植松容疑者は教師を目指していたみたいです。

親が教師だったため、自らも教師を目指したと言ってました。

今年2月19日「津久井やまゆり園」を退職したとか。

近所の人が言うには

「施設で入所者に暴力を振るったらしいけど・・・」

とのこと。

つまり、植松聖容疑者は、元々施設の入居者に対して、いい感情を抱いていなかった、ということなのかもしれません。

自主的に退職する、依願退職の形だったらしいですが、実質的には免職ってことでしょうね。

衆議院議長邸への手紙

津久井やまゆり園を退職する数日前の今年2月には衆議院議長公邸に、ある法案を制定するようにという要望書を持って行ったと言います。

その要望書、一度は受け取りを拒否されたらしいですが、2度めに受け取ったとか。

そのことについて、東京麹町警察署から、津久井警察署へ情報提供があったそうです。

狂気のお告げ

植松容疑者は、事件の直前に「お告げ」なることがあったと言っているみたいです。

「障害者がいなくなれば、世界は平和になる」

ちなみに、容疑者のツイッターには事件の前後につぶやきがあったらしく、こうコメントしてました。

「世界が平和でありますように」

自分でぶち壊しておいて・・・・なんてことを言っているのか・・・。

入所者に暴力を振るったって・・・・。

まさか、あの「にがり窒息騒動」のことでしょうか?

あの「窒息騒動」に植松聖容疑者が関係しているの?

目次にもどる

■「にがり窒息事故」とは?

 

窒息騒動

津久井やまゆり園では、過去に窒息事故が起こっていたのです。

どうやらこの「津久井やまゆり園」に入所者していたある女性に、体調管理のために「にがり」を飲ませていたらしいです。

「にがり」とは、豆乳を豆腐へと固形化するために使われる液体。

40倍に薄めると、便秘解消の効果が期待できるとのことです。

しかし、津久井やまゆり園では、にがりを薄めて飲ませるべきところを、間違えて原液を飲ませてしまった・・・。

被害に合われた女性は、お亡くなりになられたそうです。

騒動と植松容疑者の関係

まさか・・・・植松聖容疑者が施設を辞めさせられた理由って・・・・この「窒息事故」のせい???

調査してみましたが、窒息事故と、植松聖容疑者が施設を退職したことには、なんの関係もないみたいですね。

事故が起こったのは2004年。

つまり今から12年前。

植松聖容疑者は現在26歳ですので、事故当時14歳。

まだ義務教育中ですから・・・。

おそらく、植松聖容疑者は、津久井やまゆり園の入所者に、相当な逆恨みをしていたのでしょう。

暴力を振るって、辞めさせられた・・・。

精神的に、追い詰められていたということでしょうか・・・。

目次にもどる

■量刑は?

量刑はどうなるのでしょうか?

心神喪失という判決になるのでしょうか?

しかし、植松聖容疑者は、警備の目をかいくぐって、冷静に窓ガラスを割って、施設内に侵入しています。

凶器を複数用意していたらしいです。

更には、職員を結束バンドで拘束し、鍵を奪い、その後も犯行を続けているとのこと。

植松聖容疑者は、犯行後に、一直線に津久井警察署へ出頭。

冷静さが残っていることが伺えます。

さらには、上下とも黒のシャツとズボンだったということです。

夜の闇にまぎれて、侵入するため、黒の服だったのか。

それとも、予測される・・・汚れが目立たないように?

心神喪失は、ありえないと思われます。

彼は、おそらく極刑となってしまうでしょう。


本日のまとめ2


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・植松聖容疑者・被害者は現在45人

・容疑者の自宅は「神奈川県相模原市緑区千木良」に「やまゆり園」から徒歩10分の戸建て。

・施設を辞めさせられた理由は「入所者に暴力を振るった」らしい

・やまゆり園では、2004年にも、にがり窒息事故が起こっていた。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■その他の記事

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

小金井アイドル事件の容疑者が出演していたアイドルDVDとは?」の記事はコチラ

冨田真由の大学はどこ?」の記事はコチラ


sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る