宮崎謙介議員の不倫相手宮沢磨由がインタビューで謝罪!すげーぞ文春

宮沢磨由1

宮崎謙介さんのお相手の宮沢磨由さんがテレビのインタビューで号泣謝罪!!

それにしてもこの話題をスクープした週刊文春さまさま・・・。

すさまじい取材能力ですね・・。

御仏の慈悲がお有りなのでしょうね・・。


sponsored link


本日も「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございます。

拙僧は当寺院の住職を務めさせて頂いております「生臭坊主

省略して「ナマズ」と呼ばれております。

どうぞ心ゆくまでおくつろぎ下さいませ。

■目次

インタビュー内容

宮沢磨由さんの本心は?

本日のまとめ(宮崎謙介・動画

「宮崎謙介」関連記事

本日2016年2月15日放送の某番組で、不倫騒動の宮崎謙介議員のお相手である、元グラビアアイドルで元タレントの「宮沢磨由」さんが、涙ながらに謝罪をなさっておられました・・・。

彼女は以前は芸能人でしたが、現在は一般人ということになっていましたのでお名前は「A」さん

そしてお顔にはモザイクがかかっていました・・・。

かろうじてメガネをかけていたということだけはわかりました。

噂通り胸元は大きく膨らんでいたのが分かりましたが・・・。

拙僧はその謝罪インタビューを観て残念な気持ちが渦巻いてきましたね。

だって常識とは矛盾した発言が多すぎたんですもの・・(´・ω・`)

それにしても当寺院は、週刊文春さまさまに本当にお世話になっておりますね。

文春さまさまの取材能力は神がかっていますね。

御仏の半端じゃない御加護の力を感じずにいられません!!

しかし宮沢磨由さんはかなり後悔している様子でした・・・。

拙僧は残念でなりません・・・。

「不倫は友達!!怖くないよ!!(๑•̀ㅂ•́)و✧」

くらいのことは言って欲しかったのですが・・・。

それに比べて世の中には偉大な人物がいるものです!!

俳優の吉田鋼太郎さんは以前、自らの過ちについて、こうおっしゃいました。

なぜ!!あの時!!間違った場所で!!パンツを脱いでしまったのか!!

吉田さん!!

あんたはえらい!!

自らの不幸を語ることで、お身内を傷つけることになるのは覚悟の上で、自虐ネタで笑いをとったあなたは偉大です!!(^_^;)

本日は

・謝罪インタビューの内容

・宮沢磨由さんの現在の心境を推理

・今後宮沢磨由さんはどうなってしまうのか?

を調査予想してみたいと思います。

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。


宮沢磨由2


目次にもどる

■インタビュー内容

インタビューでは宮沢磨由さんのお名前は「A」さんになっていました。

ネットを使えてこの騒動に興味を持っている方なら、誰でも彼女が「宮沢磨由」さんであることは知っているのでしょうけれど、念のためということでしょうかね。

それではインタビューで彼女が一体何を語ったのか・・。

要点を押さえながらご説明いたします・・。

宮沢磨由さんのインタビューの内容は?通訳付きでお届け!

視聴者が気になることは4つ

1.彼女は騒動が表沙汰になる前までどういうつもりでお付き合いしていたのか?

2.騒動後の今現在において宮崎謙介さんをどう思っているか?

3.金子恵美議員に対してどう思っているのか?

4.宮崎謙介さんとの関係を今はどう思っているのか?

でしょうね。

それらに応えてくれていましたよ。

1.騒動が表沙汰になる前まで宮崎謙介さんとはどういうつもりでお付き合いしていたのか?

家庭を壊そうとか奥さんと別れてとはこれっぽっちも思っていなくて、純粋に彼に惹かれて頑張ってほしいなと思っていました。

癒やしの場があれば仕事や家庭のことも頑張れるだろうなと思ってました。

不倫とはわかっていたけれど止められない気持ちがありました。

家庭を壊そうとは思ってないけど気持ちが止められない????

ハァ????(@_@;)

バレたら家庭崩壊で議員職も危ういことはわかりきったことですから、この理屈は通用しません・・・。

つまりこの意味不明な宇宙語を通訳すると

「軽いノリで遊びのつもりでした。誰でも良かった・・・。バレなきゃ良いと思った」

ってところでしょうかね・・・。

2.騒動後の今現在において宮崎謙介さんをどう思っているか?

「いまも好きですとかっていう気持ちはないです。

最初は素敵な方だなと思いました」

この一見日本語に似た言語を直訳するとこうなるのでしょうね・・。

「バレちゃったので次に行きます・・・。」

これだけ大事件になっちゃったので付き合ってられない、というところでしょうね。

確かに相手の宮崎謙介さんが議員辞職しちゃったのですから、お付き合い続けてもいいことはないでしょう・・・。

3.金子恵美議員に対してどう思っているのか?

「同じ女性として奥さまには出産という大事な時期に余計な心配や負担、心に傷を負わせてしまって申し訳ない」

「(金子議員の回復が遅れているのは)絶対に私のせい」

とのこと。

今度は石器時代の壁画なみに無茶苦茶な内容ですねー。

一応解読してみると

「バレちゃったので一応謝ります・・・。回復が遅れていることも一応謝っときます」

といったところでしょうかね・・。

バレたらこういう結果になることはわかりきっていたのですから、「バレなきゃ良い」と思っていたことは明らかでしょうし、まぁそういうことなのでしょう・・・。

4.宮崎謙介さんとの関係を今はどう思っているのか?

「私と出会わなければこんなことにならなかったのかなぁと思うと、私は出会わなければよかったなと思います。

出会う前に本当に戻りたいなと思います」

ふむふむ・・・。

宮沢磨由さんはどうやら事件の重要な点がわかっていないようですね・・・。

重要な点は宮崎謙介さんが筋金入りの女好きという点!!

「あなたじゃなくてもこうなっていたよ」

という助言をしてくれる人は周りにいないのでしょうかね?

つまりこのスピーカーから時々聞こえてくるノイズばりに意味不明な音声の解読を試みてみると

「バレるんだったら私じゃなくて違う女との関係でバレて欲しかった。よりによって私とは」

といったところでしょうね・・・。

悲劇のヒロインのつもりなのかもしれませんが、全く意味不明なインタビューでした。

できれば次からはわかりやすい通訳を付けてほしいものです(;^ω^)

しかしこれだけ常識と矛盾した内容の謝罪インタビューをしてるってことは、内心では実際どう思っているのか?実は違うのでしょうね・。

次は宮沢磨由さんの本心を推理してみたいと思います。

南無阿弥陀仏・・・。


sponsored link


目次にもどる

■宮沢磨由さんの本心は?

宮沢磨由さん。

インタビューでは涙ながらに後悔し反省し涙を流して、苦しい胸の内を語っておられましたが、どうなのでしょうか?

本当にそんな風に思っているのでしょうか?

被害を目の当たりにしてここまでの大事になるとは思っていなかったから、これだけ常識と矛盾した応えが帰ってくるのではないでしょうか・・・。

宮沢磨由さんも宮崎謙介さんも思慮の浅さが露骨に現れている気がします・・・。

被害がどれくらいのものになるかは、ある程度簡単に予想できるはずですから・・・。

どーせ不倫するなら覚悟決めてやって欲しかったですね。

不倫はいけないことだ!!あんたが悪い!!別れるべきだ!!といくら世間に言われても、宮沢磨由さんにはこう言って欲しかった!!

「だが断る!!」

どっかで聴いたことあるような台詞ですね~(^_^;)

こっちのほうが断然面白いと思いませんか?

拙僧は・・・思いますん・・・・(;^ω^)

宮沢磨由さんは現在一般人とはいえ。

ネット上ではお名前まで特定されてしまっています・・。

世間の風当たりが強くなるであろうことは容易に想像できてしまいます。

きっとこれからが本当に辛い日々でしょう。

拙僧も御仏に慈悲を乞うために祈ることにいたしましょう。

南無阿弥陀仏・・・。


まとめ1


目次にもどる

■本日のまとめ(宮崎謙介・動画

本日の記事をまとめますと

・謝罪インタビューの内容は後悔と反省の弁を続ける内容だった

・常識と矛盾した宮沢磨由さんは反省しているというよりも後悔しているだけという印象だった

・今後宮沢磨由さんは一般人とはいえ社会的制裁をかなり受けるだろうと思われる

以上となります。

公式チャンネル「FNNslineチャンネル」より

傷つけることを恐れていては何もできないとは思いますが、世間には法というものがありますからね。

法とは道徳も含めて申し上げております。

法の範囲を超えてしまうと、それは罪となってしまいます。

仏教においてもは大切だと言われています

仏法僧といって、非常に尊ばれます。

法を守って秩序を得ることで浄土へと近づく・・・。

法を大切にしましょう・・。

 

さーて!!日本酒でも飲みに行くとするかー♪(^ν^)

本日も「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございます。

よろしければまたお越し下さいませ。

本日はこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■「宮崎謙介」関連記事

よろしければこちら記事も合わせてお読み下さいませ

リンク記事は別タブで開きます。

宮崎謙介さんと金子恵美議員はでき婚?」の記事はコチラ
宮崎謙介の不倫相手は鈴木亜美?」の記事はコチラ
金子恵美が出産したのはどこ?」の記事はコチラ
宮崎謙介議員が不倫したグラビアアイドルは誰?」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る