金子恵美が出産したのはどこか?仏様出動!山王病院が修羅場と化す!


会見前に金子恵美議員に謝罪した宮崎謙介さん・・・・。

山王病院の一室で今!!修羅場が現世に具現化する・・・。

仏様!!またまた出番ですぜ!!(๑•̀ㅂ•́)و✧


sponsored link


本日も「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございます。

拙僧は当寺院の住職と務めております「生臭坊主」と申します。

省略して「ナマズ」と呼ばれております。

■目次

金子議員が入院している病院はどこ?

修羅場はどんな感じだったのか?

本日のまとめ(宮崎謙介・動画

「宮崎謙介」関連記事

宮崎「金子先生・・・。不倫が・・。したいです」

金子「諦めたらそこで試合終了だよ」

なーんて会話がなされていたら面白いんでしょうけれど、世の中そんなに面白くありません(;^ω^)

お茶目やらかした宮崎謙介さんをイジり初めてすでに4つめの記事となりました・・・。

宮崎さん・・・ネタにしてすまん・・・。

南無阿弥陀仏・・・。

追記いたします。
金子恵美議員が2016年4月5日国会に復帰しました。
記者からの質問に対して、
「宮崎前議員が起こした事件で国政に影響を及ぼしたことは妻としてお詫び申し上げたい」
とコメント。
夫婦生活は続けるか?
という質問に対して、
「子供に関することでもありますので控えたい」
とし宮崎前議員に関する近況についてコメントは一切しなかった。
しかし後日「離婚はしない」という報道があった。
どうやら離婚については思いとどまった様子。

本日は

・修羅場の現場となった金子恵美議員の出産した病院はどこか?

・宮崎謙介さんの謝罪会見前にその修羅場病室でどんな会話と行動がなされたのか?

主にこのふたつを、御仏の慈悲にお縋りしながら調査推理したいと思います。

皆様よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。


山王病院3


目次にもどる

■金子議員が入院している病院はどこ?

さて金子恵美議員と宮崎謙介さんの修羅場の舞台は一体どこなのか?

金子恵美議員は2016年2月15日出産予定だったにも関わらず、切迫早産のため2月5日に出産。

無事男の子を出産なさいました。

週刊文春さまさまに不倫報道が掲載されたのは2月10日。

ちなみに不倫相手の詳細は、以下のリンクからよろしければお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

宮崎謙介議員が不倫したグラビアアイドルが誰かを仏様より文春様に!」の記事はコチラ

そして夫の宮崎謙介さんが議員辞職を発表した会見は、出産の1週間後の2月12日。

出産とは母体に多大な影響を及ぼす大仕事!!

おそらく金子恵美議員はその時も病院のベッドの上!!

会見前に

「恥をかいてこい」

と言って宮崎謙介さんを送り出した金子恵美議員・・・。

金子恵美先生・・女傑ですね・・・。

あんたもすげーよΣ(・∀・;)

話しを戻しましょう・・・。つまり修羅場の現場は、金子恵美議員が入院している病院の一室ということになります。

金子恵美議員はどこに入院してるの?

報道によると都内の病院としか報道されていませんでしたが、ネットの噂によると東京都港区赤坂の「山王病院」というセレブな病院だそうです。

この山王病院については

70年の歴史を持つ「お産の山王」

と言われているそうですね。

金子恵美議員が出産をするにはピッタリの病院だということです。

「お産の山王」でかかる費用は?

さすがはセレブのための病院。

お産と入院に必要とされる費用は、この病院の場合、少なくとも150万円。

現役国会議員を両親とするお子さんが誕生する病院なら、やっぱりこれくらいの費用がかかってしまうのでしょうね(;一_一)

しかし・・・。まさかこのセレブな病院の一室で、修羅場が巻き起ころうなんて、一体誰が想像したでしょうか・・・。

次はこの山王病院の一室で、金子恵美議員と宮崎謙介さんにより、どのような修羅場が引き起こされたのか??

それを調査推理したいと思います。

御仏の慈悲のあらんことを・・・。

南無阿弥陀仏・・・。


sponsored link


目次にもどる

■修羅場はどんな感じだったのか?

さて山王病院の一室にて、金子恵美議員と宮崎謙介さんの修羅場が勃発したことと存じますが、具体的にどんな様子だったのでしょうか?

宮崎さんの発言からわかる修羅場の内容

ヒントとなるのは宮崎謙介さんの謝罪会見。

会見で宮崎謙介さんは金子恵美議員との会話について、いくつかおっしゃっておられます。

会見でおっしゃっておられたのは、お子さんが誕生なさった日の翌日の2月6日と、謝罪会見を行った2月12日。

この2日間の金子恵美議員と宮崎謙介さんの会話です。

まず2月6日の会話ですが、どうやら宮崎謙介さんは誕生されたお子さんのお顔をみて、罪悪感から不倫の事実を金子恵美議員に話したといいます。

そして2月12日。

謝罪会見の日。

「政治家としてケジメをつけてこい」

「政治家としての自覚が足りない」

「私が大変なときに」

という言葉を金子恵美議員はおっしゃったとか・・・。

まぁ修羅場だったのでしょうね・・。

金子恵美議員は産後の状態があまり良くないようで、回復しきってはいないようですが、そんな時に宮崎謙介さん、やっちまいましたねー・・・。

修羅場というのは、帝釈天と阿修羅の喧嘩、が語源だそうです。

自らの娘をさらっていった帝釈天に怒った阿修羅。

阿修羅は「自分が絶対に正しいのだ」と盲信し、帝釈天に何度も何度も戦いを仕掛け、

最終的に阿修羅は帝釈天の手で天界を追放された。

帝釈天と阿修羅の長い戦いの場を「修羅場」と呼ぶのだそうです。

おそらく金子恵美議員はいつまでもこの出来事を忘れないでしょう。

お子さんもこのコトを知る日が来るでしょう。

本当の修羅場はこれからでしょうね。

しかし宮崎謙介さん・・・。

あんたやっぱりすげーよ(;一_一)

ここからは修羅場の内容を推理

ここからは拙僧の勝手な推理となります。

以前拙僧がこの「生臭寺院」にて紹介した記事をお読みいただけるとわかっていただけると思いますが、拙僧は金子恵美議員と宮崎謙介さんは離婚なさると予想しております。

おそらくですが離婚のお話もなさったことでしょう。

しかし冷静さを失っているであろう現在、そのことはとりあえず置いておき、冷静に話せる日に改める、ということになったのではないでしょうか?

修羅場といえば灰皿やゴミ箱が飛び交う壮絶な場所。

そんなことを拙僧は想像してしまっていますが、産後に体調を崩しておられる金子議員。

そんなことはできないでしょう。

罵声を浴びせまくって騒ぎ立てる女の恐ろしい姿。

これも予想しにくいです。

なんてったって体調が万全ではないですからね金子議員。

ということは弱々しくか細い声で怒りを表現し、夫である宮崎謙介さんに厳しい言葉を投げかけるのではなく、そっとささやくように語っていたのではないでしょうか?

こりゃキツイっすねー!!

男からすればこれはしんどい!!

いっそのこと包丁でも持ちだしてくれたほうが良いかもしれません!!

身体の痛みが心の痛みを和らげてくれるってこともありますしね!!

宮崎謙介さん・・・・。

マジであんたやっちまったなー!!( ;∀;)

そんな姿見せられたら、変わるっきゃないでしょーよ人として男として父として!!

でもあえて拙僧は言いたい!!

宮崎さん・・・あんた変わっちゃダメだよ・・・。(๑•̀ㅂ•́)و✧

宮崎謙介さんにとって今はどん底かも知れません。

しかし「吉凶は、人によりて、日によらずという言葉があるそうですので、このどん底をチャンスに変えていってほしい!!

宮崎さん!!いつの日にかあなたがこの言葉を口にする日が来ることを祈っています!!

オヤジの全盛期はいつだ?

全日本の時か?

俺は・・・。

謝罪会見の時だったんだよ

かっこいぃーー!!(´;ω;`)

南無阿弥陀仏・・・。


まとめ1


目次にもどる

■本日のまとめ(宮崎謙介・動画

本日の記事をまとめますと

・金子議員と宮崎謙介さんの修羅場の舞台は赤坂の山王病院と思われる

・修羅場の内容はおそらく弱々しく語る金子議員の言葉に打ちのめされる宮崎謙介さん

・決して灰皿やゴミ箱は飛び交っていないし怒号もなかっただろう

以上となります・・。

公式チャンネル「FNNslineチャンネル」より

かなりおちょくる内容になっておりますので、不謹慎だ、と思われるかもしれません。

でも、祈りだけは本気でやらせていただきます。

金子議員と宮崎謙介さん。

そして宮崎謙介さんに裏切られた国民の皆様。

何よりも新しく誕生してくれたお子さんのために

拙僧は全身全霊で祈らせて頂きます。

本日も「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました

よろしければまた当寺院へお越し下さいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■「宮崎謙介」関連記事

よろしければこちらの記事も合わせてお読みくださいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

宮崎謙介さんと金子恵美議員ができ婚だったなら特技は連れ込み?喝!」の記事はコチラ
宮崎謙介の相手は鈴木亜美って嘘でしょ?まさか不倫はタレント限定?」の記事はコチラ
宮崎謙介議員の不倫相手宮沢磨由がインタビューで謝罪!すげーぞ文春」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る