伊藤綾子のVS嵐出演はいつ?いつから二宮和也と交際していたのか?


ジャニーズのアイドルグループ「嵐」のメンバー「二宮和也」さん(33)との交際が報道された

フリーアナウンサーの伊藤綾子さん(35)。

二人はいつから交際を開始したのでしょうか?

報道によると、二人は2014年5月に伊藤綾子さんが「VS嵐」という番組に出演した時から交際が始まった。となっています。

その後お互いに、自宅マンションを行き来することで、関係を進展させていったとか・・・。

拙僧は、この二人の交際報道には、懐疑的です。

しかし、もし万が一、交際が事実であったとするなら、いつから交際が始まったのか??

そして、この先どうなっていくのか?

更には、一部報道で言われている、「証拠写真の存在」について。

それらを調査推理してみたいと思います。


sponsored link


生臭寺院」へようこそ

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

二宮和也の熱愛報道の内容

交際はいつから?

結婚はあり得るのか?

交際報道は誤報?ジャニーズの策略?

本日のまとめ

「二宮和也」関連記事

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。


伊藤綾子2


目次にもどる

■二宮和也の熱愛報道の内容

2016年7月7日

週刊誌「女性セブン」が「嵐」の「二宮和也」さん(33)とフリーアナウンサー「伊藤綾子」さん(35)の熱愛を報道しました。

報道によると、伊藤綾子さんは、二宮和也さんが住む都内の超高級タワーマンションに連日通って、食事を用意している、とのことです。

この報道によると、伊藤綾子さんと二宮和也さんの出会いは、二宮和也さんが出演した2012年8月の「news every.」。

これまで二宮和也さんは女優の「長澤まさみ」さんや、モデルの「佐々木希」さんとの交際を噂されていました。

二人共、二宮和也さんよりも年下ですが、今回報道された伊藤綾子さんは唯一の年上。

どうやら、二宮和也さんにとって、伊藤綾子さんはとても居心地がいい存在だそうですね。

各社の関連報道

この「女性セブン」のスクープ報道に連動するように、報道各社は「二宮和也さんと伊藤綾子さん」について様々な報道を発信しています。

その内容は様々ですが、特に多いのは「伊藤綾子さんへ関係各所から怒り」の報道。

ジャニーズ事務所と言えば、所属アイドルの熱愛や結婚に対して、とても厳しいことで有名です。

赤西仁さんや田口淳之介さんは、結婚、交際するにあたって、事務所を退所せざるを得ない状況になるほどでした。

そのジャニーズ事務所と、非常に深い関係にあるのが「日テレ」。

その日テレが放送する「news every.」に出演しているのが、「伊藤綾子」さん。

日テレは、深い関係にあるジャニーズの人気アイドルとの熱愛報道をスクープされた「伊藤綾子」さんに対して、厳しい態度で接するだろう、と言われているみたいです。

伊藤綾子さんに対しては、ジャニーズ事務所が圧力をかけるだろうとも噂されています。

彼女は出演している番組から降板させられるだろう、と。

目次にもどる

■交際はいつから?

二宮和也さんと伊藤綾子さんの交際は、いつから始まったのでしょうか?

交際開始は2014年6月?

「女性セブン」の報道では、2014年5月放送の「VS嵐」伊藤綾子さんがゲスト出演したことがきっかけで、二人は交際をスタートさせたみたいですね。

5月放送ということは、おそらく収録はその1月前には終わっていたことでしょう。

つまり、収録は2014年4月頃から。

共演して、即座に交際開始、とはならないでしょうから、その数ヶ月後に交際が始まったのでしょうね。

おそらく、正式に交際が始まったのは、2014年6月頃ではないでしょうか。

理由は簡単で、2014年4月、二宮和也さんは、忙しい時期だったから

二宮和也さんの主演ドラマ「弱くても勝てます」が2014年4~6月に放送されていました。

このドラマのクランクインは3月、クランクアップは6月だそうですから、この撮影が終わった後、交際が始まったのでしょう。


sponsored link


目次にもどる

■結婚はあり得るのか?

二人の結婚はあり得るのでしょうか?

各社報道によると、伊藤綾子さんの指には、これみよがしに指輪が付けられていたみたいですし、伊藤さん自身、結婚には前向きだと言われています。

二宮和也さんも、結婚というものには前向きみたいですが、どうなるのでしょうか?

結婚はあり得えない?

二人の結婚はないでしょう

赤西仁さんや田口淳之介さんのように、仕事よりも結婚を取るのなら、可能性はあります。

しかし二宮さんに限って、今の地位を捨てて、女性を取る、ということはありえないでしょう。

そして、二宮和也さんの熱愛報道に対して、ジャニーズ事務所が激怒しているとも言われています。

おそらくですが、無理矢理にでも破局させられるでしょう。

報道では、ジャニーズ事務所は既に、伊藤綾子さんに対して圧力をかけているとも言われています。

何よりも、二宮和也さんのファンたちが、伊藤綾子さんに対して強烈なバッシングをしているようですし、結婚は不可能でしょう。

伊藤綾子さんは、これからどうなってしまうのでしょうか?

目次にもどる

■交際報道は誤報?ジャニーズの策略?

この交際報道について、拙僧は「誤報」だと思っています。

何よりも物証がないので、誤報であると思っている人は多いみたいです。

実は「証拠写真」があった?

一部報道で気になる情報を見つけました。

実は、伊藤綾子さんと二宮和也さんが交際している「確かな証拠」が存在しているというのです。

その証拠とは「写真」。

その写真をみれば、伊藤綾子さんと二宮和也さんが交際していることは一目瞭然なのだそうです。

つまり、「二人の交際は真実」ということですね。

しかし、写真はジャニーズ事務所に握り潰されたとか。

ジャニーズ事務所は、女性セブンと取引した、と言われています。

つまり、「写真掲載を控える代わりに、伊藤・二宮の熱愛記事は掲載する」という取引。

それによって、ジャニーズ事務所は、二宮和也さんの報道に対して「いくらでも言い逃れが出来る」、更には「伊藤綾子と破局させることが出来る」というのです。

まさに一石二鳥の取引ですね。

実際、二宮和也さんのファンたちは、伊藤綾子さんに対して激しいバッシングをしているみたいです。

その影響で、伊藤綾子さんのブログが閉鎖に追い込まれていますしね。

作戦成功、といったところでしょうか・・。

よろしければ、この熱愛報道が誤報であるとする理由をまとめた記事を、目次「二宮和也関連記事」のリンク記事にご覧くださいませ。

証拠写真なんてない?

それにしても、この「証拠写真はあった」という報道。

なんだか嘘っぽい気がしますが・・・。

上記リンク記事で詳細をご説明していますが、女性セブンの「熱愛記事」は、ちょっとお粗末なものでした。

報道各社が、寄ってたかって女性セブンの記事を擁護しているだけなのではないでしょうか?

どうして報道各社がそんなことをするのか?理由は簡単で、「この熱愛報道に便乗するため」。

この報道が真実なら、確かにスクープです。

この報道に便乗することで、マスコミ各社は利益を挙げることが出来るでしょう。

しかし、あっという間に沈静化されてしまうと、そのチャンスが失われます。

そのため、もっともらしい理由を後づけして、女性セブンの熱愛記事を信憑性のあるものにしようとしているのではないでしょうか。

つまり、この熱愛報道は、やっぱり誤報なのではないでしょうかね。

もっとも、拙僧の稚拙な推測は、全く当たりませんので、偉そうなことは言えないんですけどね(^_^;)

この推測が外れても、どうか勘弁していただきたいッスΣ(・∀・;)

ちなみに二宮和也さんと伊藤綾子さんが密会していた、二宮和也さんの自宅マンションがどこなのか、特定してみました。

よろしければ目次「二宮和也関連記事」からご覧くださいませ。


本日のまとめ2


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・伊藤綾子と二宮和也の熱愛報道が出た。

・二人の交際はおそらく2014年6月頃から。

・結婚はおそらくありえない。

・この熱愛報道は「二人を破局させるために、事務所が報道させた」と噂されている。

以上となります。
しかし、もしもこの報道が「誤報」であるなら、伊藤綾子さんはとんでもない災難に見舞われていますね。

コレが芸能界の恐ろしいところでしょうね。

独自のルールが有る世界・・・・。

表面は華やかでも、中身はドロドロ・・・。

世間ではよくある世界なのかも知れませんが・・・俗世間から隔離された現役僧侶の拙僧には、よくわからないッス。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■「二宮和也」関連記事

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

伊藤綾子二宮和也の熱愛報道が誤報である3つの理由」の記事はコチラ

二宮和也の自宅マンションはどこ?」の記事はコチラ

二宮和也の交際報道に事務所コメントがない理由は、伊藤綾子を追い詰めるため?」の記事はコチラ


sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る