蓮舫さんが都知事はありえない?舛添に口説かれてた?次の知事は誰?


民進党の蓮舫さんが都知事はありえない

舛添要一さんがプロポーズしてたことがあるって噂ですが・・。

舛添さん・・・愛人が4人もいたって報道されてましたけど

アンタって人は・・・。

都知事出馬を撤回してましたけど

勝ち目がないと悟ったのか?

舛添要一の女だった」と言われて敗北必死と判断?

どうして蓮舫さんではいけないのか?

そして次の都知事は誰になるのか?


sponsored link


生臭寺院」へようこそ

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

蓮舫さんが都知事選出馬を断念?

舛添要一さんにプロポーズされてた?

蓮舫さんはありえない?その理由は?

次の都知事は誰になる?

本日のまとめ(街頭インタビュー・動画

「舛添要一」関連記事

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。


蓮舫2


目次にもどる

■蓮舫さんが都知事選出馬を断念?

蓮舫さんは出馬しないのか?

2016年6月18日。

民進党代表代行の村田蓮舫さんこと「蓮舫」議員が東京都知事選に出馬しないと

毎日新聞で報道されました。

しかし実際には「態度保留」だそうです。

つまり6月18日の時点で「出るか出ないか現在検討中」ということですね。

日テレの報道によると蓮舫さんは民進党の枝野幹事長に対して

「国政を選択したい」

という理由で都知事選への出馬を断ったそうです。

それを聞いて焦った枝野幹事長は蓮舫さんに対して

参議院選挙の公示日である6月22日まで「都知事選への出馬を検討し続けるように」とお願いしたみたいです。

蓮舫さんは枝野幹事長にお願いされて「態度保留」へ。

蓮舫さんはこんなコメントを残しているみたいですね。

「次の世代に借金や負担ではなく可能性や未来を残したい。これは国政でしか出来ない私の志です。

その時々の政治状況でいろいろな役割を求められることも承知しているが

私は自分の志に素直でいたい。」

元々参議院議員で・・・7月10日の参議院選挙に出馬する予定だった蓮舫さん。

しかし予想外に東京都知事という強力な権力を持つポストが空いたので

蓮舫さんは「どっちにしようかな」と迷っているみたいですね。

この報道だけをみると

蓮舫さんは「都知事選」にはあんまり乗り気じゃないみたいな感じになっていますけど。

都知事選には出ないのでしょうか?

それともこの報道には何か裏があるのか?

考察してみましょう。

蓮舫さんは都知事選に出馬するの?

おそらくですが蓮舫さんは「東京都知事選挙」に出馬する気があるのではないでしょうか。

6月18日の時点で結構やる気満々なのではないかと思われます。

それではどうして「態度保留」なんて報道が流れたのか?

どうして枝野幹事長に「国政を選択したい」なんて言った・・・・事になっているのか・・・。

それはおそらく「東京都知事選挙」の特徴が原因だと思われます。

この「東京都知事選挙」なのですが

立候補を表明した順番が遅い人間が当選している」という特徴があるみたいなのです。

報道では「後出しジャンケン」なんていい方をしていますね。

例えば「2012年都知事選」では

猪瀬直樹」さんが2012年11月21日に出馬表明。

この出馬表明は都知事選で最下位だった「五十嵐政一」さんを除けば

最も遅い出馬表明でした。

猪瀬直樹さんの前任である「石原慎太郎」さんも

出馬表明をするタイミングはいつも遅めだったのです。

実際には「有力な候補が立候補を表明するのが遅く

「有力候補」の立候補を聞いた他の候補者たちが「勝ち目がないと悟って出馬を取りやめる」というだけだとは思いますけどね。

蓮舫さんの立候補の噂は比較的早い段階で報道されました。

コレでは「後出しジャンケン」に勝利できません。

なので蓮舫さんは勝利するために「態度保留」としたのではないでしょうか・・・。

一度「立候補断念」としておきながら「やっぱり立候補」・・・。

なんだかちょっと汚い手なきがしますが・・・・。

一応は「立候補断念」ではなくて「態度保留」ですからね・・・。

以上の理由から考えてみると、

蓮舫さんは「東京都知事選挙」に「本気で勝ちに行くつもり」なのではないでしょうか。

「本気で勝ちに行く」ということは「都知事選への出馬意欲満々」ということになります。

蓮舫さん・・・・6月22日の参議院選挙公示日と7月14日都知事選公示日まで

じっくりと引き延ばすおつもりなのではないでしょうかね・・・・。

ちなみに拙僧の予想はあんまり当たりませんのでそこんとこをご了承くださいませ(^_^;)

追記いたします。
蓮舫さんが「都知事選に出馬しない」と明確に表明致しました。
拙僧の予想はあまり当たらないと言っていたら、本当に当たりませんでした。
申し訳ありませんΣ(・∀・;)

 

目次にもどる

■舛添要一さんにプロポーズされてた?

さて・・・蓮舫さんなのですが

前任の舛添要一都知事からプロポーズされていた・・・なんて報道がありました。

舛添さん・・・・あんたって人は・・・。

舛添さんが蓮舫さんにプロポーズ??

1991年12月19日放送の「ルックルックこんにちは」という番組で

舛添要一さんが蓮舫さんにプロポーズしていた」と報じていたことが

25年後の2016年6月17日放送の「スッキリ!」で判明しました。

その詳細はというと・・・政治学者だった舛添要一さん(43)が

当時タレントだった蓮舫さん(24)歳に対してこんなことを言っていたみたいです。

「僕と一緒に代議士の道を目指そう」

「政治家の妻はどうですか?」

それに対して蓮舫さんは

「選挙カーに乗って白手袋をして手を振る・・・イマイチですね」

として求婚を断ったそうです・・。

・・・・。

裏技小技離れ技のない口説き文句な気がしますが・・・。

それでもこの口説き文句で3回結婚・・・・愛人4人の実績を挙げた方ですからね舛添さん・・・。

拙僧・・・何にも言えないッス(^_^;)

3回の結婚と4人の愛人・・・3人の隠し子と2人の子供

舛添さんはこれまで3回の結婚を経験していますね。

1度めは1978年。

ヨーロッパに留学していた舛添要一さんは

現地で国際問題研究所の研究員をしていたフランス人女性と結婚。

しかし結婚生活は3年で破綻・・・。

1981年に離婚してしまうことになります。

2度めの結婚は1986年

現在国会議員を務めている「片山さつき」さんとお見合い結婚。

しかし舛添要一さんの管理が厳しすぎたらしく

帰りが遅くなってしまうって怒鳴り散らされるなどのことから

わずか2年で離婚。

そして蓮舫さんに振られた5年後。

1996年に現在の雅美夫人と結婚し長女と長男を授かったわけです。

しかし舛添要一さんには他にも3人の婚外子がいますね。

そして4人の愛人がいたとか・・・。

1人目の愛人は舛添要一さんが教鞭を執っていた「東京大学の生徒」さん。

この関係は片山さつきさんにバレてしまったらしいですね。

しかも同時期に2人目の愛人がいたとか・・・。

その東大生の愛人が片山さつきさんと離婚する前年の1988年に「長男」を出産。

更には2人目の愛人がその後「長女」と「次女」を出産。

さらにはこの時他にも2名の愛人がいたとか・・・。

つまり合計4人の愛人がいたってことですね。

舛添さんには雅美夫人との間に高校生の長女と中学生の長男がいます。

つまり先に産まれた婚外子3人と合わせて合計5人の子供がいるわけです。

少子高齢化の日本に貢献したという意味では

舛添さんの功績は大きい・・・のかな???

舛添さんの長男

ところで舛添さんの婚外子の長男さんについて片山さつきさんがあるコメントを残しています。

片山さつきさんは「東京都知事選挙に出馬しようとする舛添要一さん」についてこう言っています。

「舛添氏は障害を持つ婚外子に対する慰謝料と扶養が不十分だ。解決されていない」

このコメントは舛添要一さんが都知事選に立候補した際に、安倍晋三総理が「舛添氏の応援」を片山さつきさんにお願いした時のもの。

片山さつきさんは婚外子への責任を果たしていない舛添さんの応援を断ったみたいです。

この婚外子長男は現在20代後半

大人なのに舛添さんが扶養し続けなくてはいけない理由は

障害を持っているためなのかもしれませんね。

舛添さんが金に汚い理由は・・・・この若いころのヤンチャが理由なのかもしれませんね。

ファンキー加藤さんも・・・これから苦労することになるかもしれませんね。


sponsored link


目次にもどる

■蓮舫さんはありえない?その理由は?

ネット上では

「蓮舫さんはありえない」

「断固反対」

「ふざけるな」

なんて声が大きいみたいです。

後述します「都知事選人気ランキング」でも

蓮舫さんは7位となっています。

どうして蓮舫さんではダメなのでしょうか?

その理由はどうやら蓮舫さんのあの迷言が理由のようですね。

「世界一になる理由は何があるんでしょうか?2位じゃダメなんでしょうか?」

という言葉。

この言葉は2009年11月13日。

民主党政権で行われた事業仕分けでの文部省の予算仕分け。

次世代スーパーコンピュータ開発の予算削減を決定した際の蓮舫さんのコメントですね。

ネット上では

「2位では当選できないんですよ」

「2位ではダメなんです!都知事になれませんから!」

なんて揶揄する声が挙がっているみたいですが・・・。

実際にはこのコメント・・・。

「計算処理速度1位のコンピューターを作製するだけではなくて

国民の税金を活用しているのだから、オンリーワンを目指す努力をしてほしい。」

と言っていたらしいのですが

前後のコメントがカットされて報道されちゃったみたいです。

それでも・・・・都民の印象はあんまり良くなかったみたいですね。

研究員の皆さんは

「コンピューターで1位になれないと日本は二流国家になってしまう」

「コンピューターというスペックが1位でないと様々な競争分野で一気に不利になってしまう」

と反論しているみたいですからね。

そんな非難が殺到してしまうコメントをした蓮舫さんに対して

拒絶反応を示している都民は多いみたいですね。

このコメントがあったため

都民は蓮舫さんの都知事選出馬に対して批判の声をあげているのでしょう。

ちなみに蓮舫さんのこのコメントの1年半後の2011年6月21日

日本のスーパーコンピューター「京」が世界一になったそうです。

蓮舫さんのコメントは研究員を発奮させる起爆剤になったみたいですね。

そういう意味では・・・蓮舫さん・・・実績があると評価出来るかもしれません・・・。

目次にもどる

■次の都知事は誰になる?

拙僧の勝手な予想ですが、

次の東京都知事は「小池百合子」さんではないでしょうか。

ちなみに拙僧の予想は全く当たりませんので

どうかお許し下さいませ(^_^;)

6月18日現在のアンケート

小池百合子さんのランクは3位。

蓮舫さんは7位だそうですね。

このアンケートによると

1位「橋下徹」

2位「桜井俊」(桜井翔の父)

3位「小池百合子」

4位「池上彰」

5位「宇都宮健児」

6位「東国原英夫」

7位「蓮舫」

1・2位の「橋下徹」さんと「桜井俊」さんは「絶対出馬しない」と言ってます。

池上彰」さんと「東国原英夫」さんも出馬しないとコメント。

「東国原英夫」さんは「叩けば埃が出るからダメ」と自分で言っちゃってます。

小池百合子さんは現在のところ「どこからも要請されていない」と言っていますが

結構やる気満々なのではないでしょうか。

その理由は以下のとおり。

都知事選でライバル視されている小池百合子さんが蓮舫さんのコメントを引用していました。

2016年6月18日。

リオオリンピック重量挙げ走行会に参加した小池百合子議員。

5人の代表選手に対してこんなコメントをしています。

「2位じゃダメなんです。皆さん1位になりましょう」

このコメントをみる限りでは

小池百合子さん・・・蓮舫さんをライバル視しているみたいですね。

ということは・・・・小池百合子さんは都知事選に出馬する気があるということではないでしょうか。

もしも小池百合子さんに「都知事選への出馬の意欲がない」のであれば

蓮舫さんをこれほどまでに意識したコメントはしないと思います。

そして先程申しました通り、

「都知事選」は後出しジャンケン。

小池百合子さんは現在のところ出馬に対して否定も肯定もしていません。

これは都知事選での勝利を意識しての行動なのではないでしょうか。

先ほどのランキングをみる限りでは

1・2位は出馬を否定。

ということは小池百合子さんが現状1位です。

「東京都知事・小池百合子」ということになる気がしますけどね・・。


松本人志4


目次にもどる

■本日のまとめ(街頭インタビュー・動画

本日の記事をまとめますと

・民進党の蓮舫さんが「東京都知事選挙」への態度を保留とした。

・舛添さんは蓮舫さんを口説いてたらしい。

・蓮舫さんに対して拒絶反応を示す声がネット上では多い様子。

・おそらく次の都知事は「小池百合子」さんではないだろうか。

以上となります。

公式チャンネル「oriconチャンネル」より

拙僧は俗世を離れた僧侶です。

通常僧侶が政治の世界に介入することはいけないこととされていますが

どうか許して下さいませ(^_^;)

織田信長の時代だったらヤキ入れられてるでしょうけどねΣ(・∀・;)

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■舛添要一「関連記事」

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

舛添さん逮捕の可能性は?」の記事はコチラ

舛添さんは韓国人?」の記事はコチラ

舛添さんの妻の雅美夫人の実家は大富豪?」の記事はコチラ


sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る