ベッキーへの文春の駒が不発?井上公造凡ミス?抗議文ではなかった?

ベッキー13

川谷絵音さんの元妻がベッキーに対して抗議文を送ったと報道がありました。

しかし「抗議文ではない」との報道も・・・。

川谷元妻はベッキーさんをどう思っているのか?

そして今後ベッキーさんはどうなるのか?

泥沼裁判?それともコレで終わり?


sponsored link


生臭寺院」へようこそ

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

ベッキーに抗議文

川谷元妻の文春インタビュー内容

「抗議文ではない」サンミュージックが反論コメント

これからベッキーさんはどうなる?

本日のまとめ(ベッキー・動画

「ベッキー」関連記事

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。


ベッキー14


目次にもどる

■ベッキーに抗議文

川谷絵音さんの元妻がベッキーさんに対して抗議文を送ったそうです。

井上公造さんが「ミヤネ屋」で言ってました。

「騒動は終わってない。

タレント人生を左右する大きな出来事が起こる」

という言葉の真相はこの抗議文のことだったようです。

抗議文の内容は「謝罪よりも前に『金スマでの復帰を収録』行っていた事実についての抗議」ということだそうです。

「金スマ収録」が行われたのは4月末。

そしてベッキーの川谷元妻への謝罪は5月2日。

「金スマ放送」が5月13日。

順序を間違えてしまってる気がしますね。

これでは「川谷元妻の心の痛みを和らげるために謝罪した」のではなく「ベッキーが復帰するため楽になるために謝罪した」ということになりかねません。

おそらく川谷元妻は「謝罪は私のためではなくベッキーのためだった」と感じて抗議文を送ったのでしょう。

確かに「夫の不倫相手に会いたいか?」といえば、会いたくないに決まってますよね。

それでもベッキーさんは直接謝罪にこだわりました。

どうしてそれほどまでに直接謝罪にこだわったのか?

それは「川谷元妻を少しでも楽にするため」ではなく「復帰するために大衆への印象を良くするため」だったのでしょうかね。

拙僧にはわかりませんが出てくる報道をまとめてみると、そんな印象を抱かざるをえないですね。

目次にもどる

■川谷元妻の文春インタビュー内容

川谷元妻がベッキーさんに抗議文を送ったってことは、彼女はベッキーさんと和解していないってことになりますよね。

川谷元妻はこれまでベッキーさんに対してどういうコメントを出しているのでしょうか?

文春インタビューを読んで川谷元妻のベッキーに対する印象を確認してみましょう。

週刊文春1月19日号で離婚前の川谷さんの奥様がインタビューに応えてましたよね。

その内容をおさらいしてみましょう。

まずは川谷元妻と川谷さんの出会いについて。

「私の友達のミュージックバンドと川谷のバンド『インディゴ ラ エンド』のライブが一緒に下北沢で行われた日。

その打ち上げで川谷と知り合いました。

とても真面目そうな人でした。

私の好きな音楽のはなしをしました。

彼は私の話しをよく聞いてくれました。

交際は2012年から。デートはほとんどが自宅の近所でした。」

コレが二人の出会いだったようですね。

そしてインタビューは二人の結婚について。

「2014年クリスマス・イブに表参道で食事をしてから恵比寿のウェスティンホテルにチェックインしました。

そこで彼は手紙を書き出したんです。

そこには

『守りたいと思うことが増えた。ずっと一緒にいよう。子供がほしい』

と書かれていました。

日付が25日のクリスマスに変わる瞬間にプロポーズされたんです。」

そして2015年7月に入籍。

しかしベッキーと川谷さんとの出会いで狂い始めるわけです。

「結婚について川谷の事務所は何も言いませんでした。

しかし川谷が結婚の事実を公表しないように言っていたので私は納得しました。

それで結婚式も無理でした。

2015年10月頃からファンの目を気にして・・・それまで私がやっていた楽屋入りもやめました。」

2015年10月21日のイベントにベッキーさんが来ていたのは私も見てました。

その後川谷がベッキーさんと食事するときは私への報告もありましたしスタッフも一緒だったので変だとは感じませんでした。

ただ11月あたりから週一で食事していると知って流石に多すぎると思ってました。」

その後川谷さんは元カノからの求愛にあってドタバタしたみたいですが、この時は奥様を選択したみたいです。

川谷さんとベッキーさんの関係が深くなるにと川谷さんは離婚を決意し始めたみたいですね。

2015年11月21日に川谷から離婚という言葉が出ました。

理由は『一人になりたい』ということでした。

『離婚するしかない』と言われて驚きました。

彼は私の話しを聞き入れてはくれませんでした。

その時になって頭にベッキーさんが浮かんだんです。

クリスマス・イブはプレゼントを用意していましたが彼は帰ってきませんでした。」

(その時川谷さんはベッキーさんと幕張のホテルで密会)

そしてベッキーさんの謝罪会見。

「ベッキーさんの謝罪会見が行われた1月6日は私の誕生日だったんです。

会見ではスポンサーの方やファンの皆さんへの謝罪ばかりで私への謝罪がなかったことに正直言って驚きました。」

確かにベッキーさんは「川谷さんとはお友達であり交際していない」といてましたからね。

謝罪するわけにはいかなかったのかもしれません。

でも「疑われるようなことしてごめんなさい」くらいは言って欲しかったのでしょうね。

この川谷元妻のインタビューを観る限りではベッキーさんに対しての激しい怒りは見受けられない気がします。

しかし・・・どうなんでしょうか?

川谷元妻が抗議文をベッキーさんに送ったということですが、その報道に対してサンミュージックと川谷元妻の弁護士がコメントを発表していますね。


sponsored link


目次にもどる

■「抗議文ではない」サンミュージックが反論コメント

2016年5月18日。

週刊文春ウェブニュースで「川谷元妻がベッキーに抗議文を送った」と報じました。

しかしそれに対してベッキーさんの事務所「サンミュージック」はコメントをしています。

それによると

「ベッキーは5月2日に川谷元妻と会い謝罪しました。

ベッキーの謝罪をうけて川谷元妻からは和解の言葉をもらった」

とのことです。
そして週刊文春の報道に対して「川谷元妻の弁護士のコメント」も一緒に公表されたそうです。

川谷元妻の弁護士のコメントはこんな感じ。

「週刊文春の『抗議文』報道はほとんどが事実。

川谷元妻が『金スマ』を見てショックを受けたことも事実。

しかし1点事実と異なる

『弁護士と相談したうえでベッキーさんに自分への謝罪と仕事復帰へのタイミングのズレへの違和感とテレビ放送内容について事務所に抗議文を送った

という点が異なる。

サンミュージック社長から放送前に川谷元妻は電話で『気分を害されたら連絡をください』と言われていた。

そのため川谷元妻は弁護士の前で手紙を書いた。

そしてその手紙は弁護士からサンミュージック社長へ届けられた。

その内容は川谷元妻の(金スマを観た)率直な気持ちを手紙に書いたもの。

抗議文ではない。

その時の気持ちを社長にわかってほしいという理由で手紙を書いた。

これで終わりにしたいということを弁護士から社長に伝えた。

そして弁護士のコメントには「5月2日の謝罪の様子」もあったそうです。

「謝罪が終わり部屋を出る時に川谷元妻はベッキーに対して

『これから私も頑張るのでベッキーさんも頑張って』

と言っていた。

川谷元妻は帰りに『ベッキーさんに言った言葉は私の本心』と弁護士に話した」

とのことです。

器の大きな女性ですね川谷元妻!!

ちょっと川谷さんとはつりあわないかな(^_^;)

しかしコレは本当なのでしょうか?

川谷元妻が抗議文を送ったのではない。

ということはこれで川谷元妻とベッキーさんとは完全に和解したということになりますが・・・。

これで大丈夫なのでしょうか・・・。

ちょっと気になるのは、この文春の新報道とそれに対する「サンミュージックと川谷元妻の弁護士のコメント」でベッキーへのイメージは好転するだろうということ。

川谷元妻がベッキーさんを応援している。

という印象をあたえることになりましたよね。

なんだか出来過ぎている気がしますが・・・。

目次にもどる

■これからベッキーさんはどうなる?

もしもこの文春の「抗議文報道」が「サンミュージック」が言うとおり、「抗議文ではない」としたら、「井上公造」さんがいう「タレント人生を左右する大きな出来事」は終息するでしょう。

というかそんな出来事おこってないことになりますね!!

しかし復帰となるとどうなるのでしょうか?

川谷元妻の気持ちが「ベッキーさんを応援する」ということが明らかにされた以上、復帰は難しくないかもしれないですね。

ということは噂されている通り7月復帰なのでしょうか?

早く負債を返済しなくてはいけない以上・・・復帰は急がれるでしょうね。

ではもしも「抗議文」であったとしたらどうでしょう?

そうしたらもしかしたら泥沼裁判になりかねませんね。

裁判が長期化したら復帰は絶望的でしょう。

復帰したとしてもかつての輝きは取り戻せないと思われます。

ベッキーさんも年齢が年齢ですし・・・。

しかし・・・・「サンミュージック」さんが川谷元妻の気持ちを上手く大衆に伝えましたね。

ちょっと出来過ぎている感は拭えない気がします。


松本人志4


目次にもどる

■本日のまとめ(ベッキー・動画

本日の記事をまとめますと

・週刊文春が「川谷元妻がベッキーさんに抗議文を送った」と報道。

・川谷元妻のインタビューにはベッキーさんへの怒りがあまり感じられない。

・サンミュージックが「川谷元妻の弁護士」のコメント入りで「抗議文ではない」と発表。

・今後騒動は終息するだろうが出来過ぎている感じがする。

以上となります。

公式チャンネル「maidigitvチャンネル」より

それにしても「井上公造」さんの予言は外れた気がしてなりませんね。

「タレント人生を左右する大きな出来事」なんて言ってたので「抗議文報道」があった時は拙僧「あんたすげーよ」って言っちゃいました。

ここにきてまさかの「井上公造大したことない説」大当たりですか!!

井上公造さん・・・・あんたって人は・・・。(^_^;)

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■「ベッキー」関連記事

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

ベッキー5月19日文春報道!抗議文はタレント人生左右する事なの?」の記事はコチラ

ベッキー川谷は身体の関係?井上公造の予言!文春の駒とはこれだ!」の記事はコチラ

ベッキーの復帰反対に署名運動まで!何人集まる?復帰できないかも?」の記事はコチラ


sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る