ベッキー5月19日文春報道!抗議文はタレント人生左右する事なの?


芸能リポーター井上公造さんの予言はこれだった!

週刊文春がベッキーさんに対するスクープを掲載。

でもこれは「ベッキーのタレント人生を左右する大きな出来事」なのか?

復帰は遠のいたのか?


sponsored link


生臭寺院」へようこそ

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

5月19日週刊文春の内容

謝罪の前に収録済みで怒り!

抗議文は「タレント人生を左右する大きな出来事」なのか?

今後はどうなる?

本日のまとめ(ベッキー・動画

「ベッキー」関連記事

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。


ベッキー11


目次にもどる

■5月19日週刊文春の内容

井上公造さんが「ミヤネ屋」で予言していましたよね。

「騒動はまだ終わってない。」

「文春はまだ駒を持っている。

ベッキーさんのタレント人生を左右するような大きな出来事が今週起こる」

どうやら「ベッキーさんのタレント人生を左右する大きな出来事」が5月19日に起こるとのことでした。

この言葉の真相が判明しました。

週刊文春はこのように報道しています。

「ベッキーのフライング番組収録に川谷元妻が抗議文を送った」

つまり「直接謝罪」の前に既に「金スマ」の番組収録を行っていたことに対して抗議したのでしょう。

どういうことなのか・・・。

目次にもどる

■謝罪の前に収録済みで怒り!

ベッキーさんはこれまでテレビ復帰の条件として、「川谷元妻への謝罪」をあげてきました。

ベッキーさんが週刊文春宛に送った手紙にも、

「川谷さんの奥様への謝罪をしたいというのが1番の気持ち」

と言ってました。

しかし実際には「川谷元妻と二人きりで謝罪」をした時には、金スマ収録は終わってたわけです。

「金スマ収録」が行われたのは4月末。

「ベッキーさんが川谷元妻に謝罪」したのは5月2日。

「金スマ放送」が5月13日。

そして川谷元妻がベッキーの「金スマ復帰」を知ったのは「報道によって」。

さらには「ベッキー金スマ放送」についてベッキーの事務所から川谷元妻に連絡があったのは5月13日夕方。

つまり放送直前。

ベッキーさんが川谷元妻に謝罪した時には既に収録済み。

これでは「ベッキーさんの真意」が疑われても仕方ありません。

なぜなら川谷元妻は「自分への『申し訳ない』という気持ちからベッキーは自分に謝罪した」と思っていたはず。

それが謝罪の時には既に収録済みでは「謝罪はテレビ復帰のためで川谷元妻のためではない」と思われても無理ないでしょう。

本来なら川谷元妻はベッキーさんに会いたくもなかったでしょう。

自身の夫婦関係にトドメをさしちゃった人なのですから。

しかしそれでも川谷元妻は謝罪を受けたのです。

確かにベッキーさんは「川谷さんが既婚と知らなかった」のでしょう。

そして付き合う内に「既婚だが夫婦関係は破綻している」と思わされた。

その後報道で「川谷元妻には川谷さんへの気持ちがある」という事実を知った。

でもいくら「夫婦関係について真実を知らなかった」としても川谷元妻は被害がありますからね。

ちなみにベッキーさんの事務所はこのようにコメント

ベッキー本人も奥様が放送の事実を(ベッキーサイドの通知ではなく)報道で知ったことに大変申し訳なく思っております。

放送終了後も本人は奥様の心情を気にしております」

ところで気になることは「この抗議文報道はベッキーさんのタレント人生を左右するような大きな出来事なのか?」ということ。

次はその辺を考察してみましょう。


sponsored link


目次にもどる

■抗議文は「タレント人生を左右する大きな出来事」なのか?

これはこの先の展開にもよりますが、「抗議文」は「大きな出来事」かも知れません。

文春の報道では「川谷元妻が弁護士と相談して抗議文を送った」とあります。

弁護士と相談」ということは訴訟を起こすつもりがあるのでは?

もし万が一訴訟になったとしたらどうなるのでしょうか?

それは「ベッキー騒動が延長ラウンドに入る」ということを意味しているのではないでしょうか。

訴訟というと「長期間行われるもの」というイメージが有るでしょう。

複数の訴訟が重なった例ではありますが「土屋アンナ」さんと「甲斐智陽」さんの訴訟は「2013年8月~2016年1月」と長期化しました。

あまりの心労に「土屋アンナ」さんが音を上げるほどでした。

もしもベッキーさんが訴訟を起こされたとしたらどうなるか。

これまでの復帰への苦労は水の泡。

少なくとも訴訟が終わるまで復帰は難しいでしょう。

なぜなら裁判所での争いが行われるたびにマスコミは騒ぐでしょう。

騒動沈静化は難しくなること必至です。

つまり復帰がほとんど不可能になってしまうということを意味するのではないでしょうか。

井上公造の予言!文春の駒はこれ」の記事でも書きましたがイメージが大切なタレントさん。

不倫で裁判なんて事になったらイメージは今以上に失墜するでしょう。

今後事態はどうなってしまうのでしょうか。

目次にもどる

■今後はどうなる?

ベッキーサイドとしては訴訟は絶対に避けなくてはいけません。

そして川谷元妻としては「テレビでベッキーを観るのは耐えられない」でしょう。

本来なら「二度と顔も見たくない」はずなのに。

この双方の希望が真っ向から対立している現状を打破するには方法は限られています。

例えば下世話な話になりますがベッキーサイドから「和解金の提案」などでしょう。

とにかくベッキーさんが復帰を果たさないと事務所やテレビは困ってしまうでしょうから。

ありとあらゆる手を使って裁判を阻止したいところでしょうね。

しかし・・・もしも万が一川谷元妻が復讐心で訴訟に踏み切ったとしたら・・・。

ベッキーさんの復帰はかなり先になると言わざるを得ないでしょうね。

川谷元妻からすると「ベッキーがテレビに出演を続ける」ということは「見たくなくても『ベッキー』の顔と名前を目にし続ける」ことですから。

川谷元妻が「ベッキーを可能な限り遠ざけて目にしないようにする」には、もしかしたら「訴訟」しかないかもしれません。

現実的に考えると事務所などの奮闘で裁判は避けられるでしょうが、川谷元妻の行動がこれで終わるとは限りません。

何がしかの動きがあるかもしれませんね。

例えばベッキー復帰の噂がたったタイミングでマスコミへ手紙を送るとか・・・・・・。

裁判だけでなくそれも含めてベッキーサイドは封じないと本格復帰は難しいかもしれません。

しかし!!文春の報道直後ベッキーさんの事務所「サンミュージック」が反論のコメント。「抗議文じゃない」????

井上公造がまさかの凡ミス?

一番下の『関連記事』からよろしければお読み下さいませ。


松本人志4


目次にもどる

■本日のまとめ(ベッキー・動画

本日の記事をまとめますと

・文春が「川谷元妻がベッキーの金スマ復帰に対して抗議文を送った」と報じた。

・「井上公造」さんが「ミヤネ屋」で言った「タレント人生を左右する大事」とはおそらく「抗議文」のこと。

・もしも「訴訟」を起こされたら確かに「タレント人生を左右する大事」になる。

・おそらく訴訟は回避されるだろう。

・しかし事態は泥沼化する可能性もある。

以上となります。

公式チャンネル「maidigitvチャンネル」より

下の関連記事1番上「井上公造の予言!文春の駒はこれ」で書きました

「東スポの報道」と「井上公造大したことない説」。

どっちも外れました。

「東スポの報道」が当たらなくって本当によかったと拙僧安堵しております。

ありがとう東スポ!!

「井上公造は大したことない説」が当たらず良かった・・・。

井上公造さん!!あんたすげーよ!!(^_^;)

と思ったら・・・「井上公造大した事ない説」が、まさかの大当たり???

詳しくは以下のリンク記事「文春の駒不発!井上公造凡ミス」記事をご覧くださいませ。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■「ベッキー」関連記事

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

ベッキーへの文春の駒が不発?井上公造凡ミス?抗議文ではなかった?」の記事はコチラ

ベッキー川谷は身体の関係?井上公造の予言!文春の駒とはこれだ!」の記事はコチラ

ベッキーの復帰反対の署名集めは不要?井上公造の予言通り強制退場?」の記事はコチラ

ベッキーの復帰反対に署名運動まで!何人集まる?復帰できないかも?」の記事はコチラ


sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る