ベッキーの復帰反対の署名集めは不要?井上公造の予言通り強制退場?

ベッキー7

騒動の渦中にあるベッキーさん

反対派の署名活動をするまでもなく復帰は失敗?

井上公造さんの発言の通り

タレント人生を左右する事実」で退場となってしまうのか??


sponsored link


生臭寺院」へようこそ

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

ベッキーさんの復帰は成功?

復帰に反対する署名運動

署名するまでもなく復帰できない?井上公造さんの予言

ベッキーさんは今後どうなるのか?

本日のまとめ(ベッキー・動画

「ベッキー」関連記事

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。


ベッキー8


目次にもどる

■ベッキーさんの復帰は成功?

2016年5月13日。

金スマ」でベッキーさんが復帰なさいましたね。

本格的な復帰というわけではなかったようですが、それにしてもこの復帰は成功だったのでしょうか?

復帰して以前のような『ベッキーをテレビで観ない日はない』というような活躍を取り戻す」ということを成功の条件だとするなら、これは最初から失敗でしょう。

なんてったって「不倫」という社会的に許されないとされていることをしてしまったのですから。

今までのような活躍は残念ながら期待できないでしょう。

どうやらベッキーさんと事務所は、「矢口真里」さんの復帰を参考になさったようですね。

ベッキーさんと同じく不倫で芸能活動を休止した矢口真里さん。

彼女は17ヶ月も活動をお休みしていましたが、それでも世間のバッシングは消えず、今でもその煽りを受けています。

矢口真里さんの不倫騒動とCM打ち切り騒動については一番下の関連記事リンクからよろしければお読み下さいませ

ベッキーさんと事務所さんは、「どうせいくら休んでも批判が消えないのなら、早く復帰して違約金の支払いを終わらせたい」という思惑があったようです。

確かにそうかもしれませんね・・・。

匿名で意見を述べることが出来るネット社会で格差社会・・・。

批判が消えることはないでしょうからね。

「金スマ」復帰でTBS以外の局が怒り

当初の予定では7月に本格復帰ということだったらしいですが、それも暗雲が立ち込めている状況だとか。

ベッキーさんはTBS「金スマ」で一時復帰しましたが、この復帰の放送は他のテレビ局には内密に行われたそうです。

今までレギュラー番組を10本も持っていたベッキーさん。

TBS以外のテレビ局は「ベッキー復帰」という視聴率が取れる話題のネタを秘密裏に持って行かれたことにご立腹だという報道があります。

5月13日の「金スマ」の平均視聴率24%だったとか。

確かにSMAPの謝罪で話題になった「SMAP×SMAP」は平均視聴率31.2%でしたから。

これに比べると少ないですが、それでもこの24%分・・・TBS以外は視聴率をTBSに持って行かれたことになりますから、事前に相談も無く極秘に収録を行ったことはTBS以外のテレビ局からすると面白く無いでしょうね。

テレビ局を怒らせてしまったという点。

以前のような活躍は見込めないという点。

以上2点からしても・・・この「金スマ復帰」は失敗だったのかもしれませんね。

目次にもどる

■復帰に反対する署名運動

ベッキーさんの復帰に対して、反対派の方々がネット上で署名を集めているそうです。

署名は匿名でも出来る形のモノだとか。

5月11日から始まったというこの署名活動。

5月15日には500人突破。

2016年5月17日未明時点で署名は580人まで集まっていますね。

「不倫報道」があった2016年1月から比べると沈静化しているのでしょうか。

少ない気がしますね。

この騒動の中で報道各社は「ベッキーの復帰に反対か賛成か?」というアンケートを実施していたそうです。

4月下旬まで「復帰反対」の意見は8割近くにもなっていたそうですが、5月13日の「金スマ」での謝罪で「復帰賛成」の意見は5割まで上昇。

復帰反対」は24%ほどで、「どうでもいい」という意見は2割超。

つまり「金スマ謝罪」が功を奏しているようなので、「復帰反対署名」の集まるスピードは鈍化しているのでしょう。

松本人志さんがこの騒動について「もう飽きた」と発言していたそうですが、視聴者もそう思っているようですね。

それならベッキーさん復帰へのハードルは低くなった、と事務所の人間は判断しているかもしれませんね。

復帰反対署名」は結果につながるものではないかもしれません。

しかし・・・・「復帰反対署名」という活動が、結果を出さなくとも、復帰反対派の目的は果たされることになるかもしれません。

理由は5月16日にテレビ番組「ミヤネ屋」で「井上公造」さんが放った、寒気がするような「予言」

「騒動はまだ終わっていない。」


sponsored link


目次にもどる

■署名するまでもなく復帰できない?井上公造さんの予言

5月16日のミヤネ屋にて、芸能リポーターの「井上公造」さんがある予言をして話題になっています。

井上公造さんの発言はこうです。

「騒動はまだ終わっていない」

「この事件は文春で始まり文春で終わる。

文春サイドはまだ駒を持っている。

と僕は断言できる。

ベッキーさんにとって今後のタレント人生を左右するような大きな出来事が今週待っていると思いますね。」

つまり週刊文春が発売される5月19日木曜日に重大なスクープがあるというわけです。

この発言に加えて、井上公造さんは「ベッキーさんに対するアドバイス」と思われる発言をなさっておられます。

そのアドバイスは次のようなもの。

「どこで(本格的に)復帰するとかは決まっていない。

簡単な挨拶でも良い。

囲み(取材)は無理かもしれないけど、ちょっとした質問でも受け付けたほうが良い」

つまりベッキーさんは記者の質問に応えた方がいい、ということを言いたいのでしょうね。

この「文春が持つ駒」とはなんなのか・・・。

考察してみましたので、

よろしければ一番下の「関連記事」の項目にあるリンクからお読み下さいませ。

タレント人生を左右する出来事」とは一体何なのか?

もしかしてタレント人生が終わってしまうような、重大な出来事なのでしょうか?

井上公造さんが言うには、5月19日の文春には「川谷さんの元妻の本音」なども載せられるとか・・。

もしもこれがベッキーさんのタレント人生を左右するような内容なら、復帰反対署名をするまでもなくベッキーさんの本格的な復帰は難しい事になってしまいます。

反対派の思惑は図らずも成功してしまうことになるなら、それほど反対反対と声を上げる必要もないのかもしれませんが・・・。

目次にもどる

■ベッキーさんは今後どうなるのか?

ベッキーさんの今後はどうなるのでしょうか?

これは「井上公造」さんの予言が当たるか。

それとも外れるかで、結果は分かれてくるでしょう。

もしも「井上公造さんの予言が当たったら」ベッキーさんは本格復帰を待たずに、ただでさえ失いかけている芸能界での居場所を、完全に失ってしまうかもしれません。

同じ芸能人の中にはベッキーさんの復帰を待っていると発言している仲間が少なくありません。

しかし・・・・この「予言」の内容がとてつもない大事なら、おそらくベッキー擁護派の芸能人たちも口を閉ざしてしまうでしょう。

反対にもしも「井上公造さんの予言」が外れたとしたらどうなるのか?

それでもベッキーさんの芸能活動は前途多難でしょうね。

ベッキーさんが出演している番組への苦情。

視聴率の低下などの影響は避けられないでしょうから、今までのような活躍は難しいでしょう。

誰もが騒動を忘れるまで、かなり長い時間が必要だと思われますので、ベッキーさんも矢口真里さんのような感じになるのかもしれませんね。

きっとしぶとく芸能活動を続ける事になるでしょう・・・。

批判に晒されながらもテレビに出演を続けるのではないでしょうか。

ベッキーさんには芸能界以外に生きられる場所がないでしょうから。


松本人志4


目次にもどる

■本日のまとめ(ベッキー・動画

本日の記事をまとめますと

・ベッキーさんの復帰は成功とは言えないかもしれない。

・復帰反対派による署名活動まで行われているが集まりは鈍化している様子。

・井上公造さんは「騒動は終わってない」と予言している。

・ベッキーさんは今後おそらく批判を受けながらも芸能活動を続けるだろう。

以上となります。

公式チャンネル「maidigitvチャンネル」より

ベッキーさん・・・。

今まで好感度No.1と言われていた彼女。

芸人でもミュージシャンでも役者でもない「タレント」さん。

好感度が命綱のタレントという肩書は、案外脆弱なものなのかもしれませんね。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■「ベッキー」関連記事

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ

リンク記事は別タブで開きます。

ベッキーと川谷は身体の関係?井上公造の予言!文春の駒とはこれだ!」の記事はコチラ

ベッキーの復帰反対に署名運動まで!何人集まる?復帰できないかも?」の記事はコチラ

井上公造まさかの凡ミス?抗議文ではなかった?」の記事はコチラ


sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る