トランプ大統領が戦争始めるとを予言した人物がいた!いつ開戦するの?

北朝鮮とアメリカの戦争が噂されている2017年

実はトランプ大統領が、戦争をすることを予言していた人がいた!

どうやらその予言者、開戦の時期についても予言しているみたいですよ。

誰?そして、いつ開戦するの?

・「核兵器の攻撃を受けたら避難場所や子供対策は?各対処方法を徹底解説」の記事はコチラ

sponsored link


「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

緊迫する北朝鮮情勢(ニュース・動画)

「トランプ大統領が開戦する」と予言した人物

本当に開戦するか?予言以外も合わせて、検証してみた!

本日のまとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■緊迫する北朝鮮情勢(ニュース・動画)

公式チャンネル「ANNnewsCHチャンネル」より

2017年5月21日、午後5時頃、北朝鮮がまたしてもミサイル一発を発射。

ミサイルは約500kmほど飛んだ後、日本海に落下。

約2000km上昇した、5/14発射のミサイルに比べると、それほど上昇はしなかったらしいです。

ミサイル発射に対して、日本は中国を通じて北朝鮮に抗議。

アメリカの動きについては、6月に空母ロナルド・レーガンが、空母カールビンソンと日本海で合流し、合同訓練を行う予定。

狂犬!と呼ばれたマティス国防長官が、5/19にコメントを発表

「北朝鮮に攻撃すれば、かつてない悲劇的な犠牲が出る」

と、武力行使に否定的な発言をしていました。

これによって、アメリカが武力行使に消極的だと判断した北朝鮮が、アメリカの足元を見た形で、ミサイルを発射したのでしょう。

北朝鮮とアメリカの「チキンレース」とも言われていた、今回の北朝鮮危機。

マティス国防長官の弱気発言は、まるでアメリカの「敗北を暗示している」ような気がします。

ただ、この弱気発言・・・狂犬と呼ばれた男の発言にしては、弱気に過ぎる気がします。

もしかしたら、これは北朝鮮にレッドラインを越えさせて、先制攻撃の口実を得るための、マティス国防長官の罠なのか?

真相はわかりませんが、もしもそうなら、マティス国防長官もトランプ大統領も本気ということになります。

・「北朝鮮ミサイル発射で何分後日本のどこに落ちる?どこに避難すれば?」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■「トランプ大統領が開戦する」と予言した人物

実は最近・・・「トランプ大統領が開戦することを予言している人物」が話題になっているみたいなのです。

その人物とは、「ホラシオ・ヴィレガス」さん。

自称「神の言葉を預かる者」だそうです。預言者ってヤツですね。

実はホラシオ・ヴィレガスさん・・・・大統領選挙で劣勢だったトランプさんの「大統領選挙勝利」を予言し、更には「シリアへの巡航ミサイルでの攻撃」も予言していた人なんですね。

トランプさんについて予言したこと・・・結構当たっているのです。

このホラシオさんが、ある予言をしています。

「2017年5月13日~10月13日、第三次世界大戦が勃発する」

イルミナティの王たる億万長者の実業家の手によって、この戦争は起こされる」

どうやら、ポルトガルのファティマという町に、「聖母マリア」が降臨したという「ファティマ事件」のちょうど100年後、2017年5月13日~10月13日の間に、戦争が起こるのだそうです。

「イルミナティの王」かどうかわかりませんが、「億万長者のビジネスマン」って、トランプ大統領のことですよね。

そして、トランプ大統領が目の当たりにしている「北朝鮮問題」って、核を絡めた問題ですから、「第三次世界大戦」の引き金にもなりかねませんよね。

この予言・・・・本当に当たるのでしょうか?

別な視点からも検証してみました。


「ファティマ事件」と「ファティマ第三の予言」について、詳しくは以下のリンク記事をご覧くださいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

・「北朝鮮戦争秒読みの2017年最新予言!真の危機は4月じゃなく5月?の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■本当に開戦するか?予言以外も合わせて、検証してみた!

ホラシオ・ヴィレガスさんの予言だと、第三次世界大戦は

2017年5月13日~10月13日

の間に勃発するんでしたね。

この間に、北朝鮮とアメリカの間で戦争が起こるのか?

もちろん第三次世界大戦の火種は、北朝鮮・アメリカのみではないでしょうけれど、この2カ国が最も可能性高いでしょうしね。

一部の有識者たちの予想によると、「2017年秋まで戦争はない」とのことです。

なぜなら、2017年秋に中国で「共産党大会」が行われるから。

その前に中国は、北朝鮮で戦争なんて絶対にさせない・・・中国の実績に傷がつくから・・・だそうです。

「共産党大会」の日程は、はっきり決まってはいませんが、おそらく2017年10月頃に始まり1週間くらい行われるでしょう。

共産党大会が終わったあとなら、中国もアメリカと北朝鮮の開戦に、それほど強く反対はしないと思われます。

ということは、ホラシオ・ヴィレガスさんの予言、2017年10月13日にギリギリ間に合うかも。

もしかしたら、2017年10月・・・・・北朝鮮で有事・・・なんてこともあり得るかもしれません・・・。

追い詰められたトランプさんなら・・・

経済評論家の上念司さんが、面白いことを言ってました。

トランプ大統領、どうやらFBI長官を罷免して、自らへの調査を妨害した疑い、がかけられているみたいなんですよね。

その為、可能性は低いらしいですが、韓国のパククネ前大統領と同じく、「弾劾裁判」の可能性も出てきたのだとか。

更には、選挙前に約束していた「選挙公約」も、軒並み実現に失敗しているのだそうで・・。

上念司さんが言うには、

「追い詰められたトランプ大統領が、世論の注目を自分から外にそらすために、戦争を引き起こすかもしれない」

下手したら「弾劾裁判」で大統領罷免となるかもしれないトランプ大統領・・・。

やけくそになって北朝鮮へ攻撃!

あり得ないことではないです。

ホラシオ・ヴィレガスさんの予言が、当たらないことを祈るばかりです。

・「北朝鮮崩壊2017!トランプがやりかねない最悪かつ最善のシナリオ」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・北朝鮮が5/21にまたしてもミサイル発射。

・トランプ大統領が戦争を起こす!と予言した人がいた。

・ホラシオ・ヴィレガスさんが、第三次世界大戦の勃発を予言。

・有識者たちも、一部では開戦の可能性を指摘している。

・もしかしたら、ホラシオ・ヴィレガスさんの予言は当たるかもしれない。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る