北朝鮮2017年現在の状況は?戦争秒読み状態となった3つの理由

北朝鮮問題で揺れる世界情勢。

2017年春現在の状況は?

戦争秒読み・第三次世界大戦の危機などとも噂される昨今。

なぜ突然北朝鮮危機が?

そこには3つの理由があった。

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

北朝鮮の2017年情勢(ニュース・動画)

北朝鮮危機となった「3つの理由」とは?

戦争は起こってしまうのか?

本日のまとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■北朝鮮の2017年現在の情勢(ニュース・動画)

公式チャンネル「ANNnewsCHチャンネル」より

2017年現在、アメリカと北朝鮮の緊張状態が続いてます。

アメリカの空母カールビンソンが朝鮮半島に居座り、もう1つの空母ロナルドレーガンが、6月に朝鮮半島へ到着予定。

北朝鮮はというと、ミサイル実験を連発!

5月14日に発射したミサイルは、上空2000kmまで上昇し、日本海に落下。

4月に行われた3回のミサイル発射は全て失敗した!と言われてきましたが、今回は成功。

ミサイル実験と核開発をやめない北朝鮮に対して、アメリカ・中国・日本が猛抗議。

アメリカのトランプ大統領は、「武力行使」をも辞さずの構え。

中国は、北朝鮮の生命線である「石油」の禁輸に踏み切る可能性をほのめかしています。

日本も独自制裁を検討し、北朝鮮を非難。

各国の抗議と制裁に対して、北朝鮮は猛反発!決め台詞である「火の海にしてやる」を連発して大騒ぎ。

核実験については、アメリカと中国の圧力が功を奏したらしく、5月現在・北朝鮮に、核実験を行う様子はないみたいです。

しかし、有識者の間では、「アメリカと北朝鮮が開戦する可能性は、かなり高い」と騒がれています。

・「北朝鮮戦争秒読みの2017年!最新の日本危険エリアは柏崎と大阪!」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■北朝鮮危機となった「3つの理由」とは?

なぜ今になって、北朝鮮危機が急激に盛り上がってしまったのか?

その原因は、主に3つあると考えられます。

「追い詰められたトランプ大統領」「北朝鮮の技術進歩」「中国の介入」

追い詰められたトランプ大統領

アメリカではトランプ大統領が誕生。

しかし、トランプは国内での問題を解決することが出来ず支持率低迷。

国内問題が、にっちもさっちも行かなくなった時、どこの国でもそうですが「対外的に強気に出て、注目をそらす」という手がよく使われます。

だからトランプ大統領は、シリアにミサイルを落とし、北朝鮮にも攻撃的になっている!と噂されています。

最近では、トランプ大統領は極秘情報をロシアに漏洩し、それを調査しようとしたFBI長官をクビに・・・・。

その調査を誤魔化すために、破れかぶれで北朝鮮に攻撃するのでは?とも噂されています。。

北朝鮮の技術進歩

北朝鮮の「核とミサイル開発」は、既に相当長い間続けられています。

最近では、核の技術も相当に進歩していると言われています。

何よりも、「ミサイル技術の進歩」が、アメリカを怒らせているようです。

北の「大陸間弾道ミサイル技術」が進歩すると、アメリカは本土を攻撃されかねませんからね。

北朝鮮の「ミサイル技術が危険域に達した」ことで、アメリカが動き出したのではないでしょうか。

中国の介入

これまで北朝鮮を守り続け「血の同盟」とまで呼ばれた中国が、北朝鮮に「経済制裁」を行っていますです。

具体的には「北朝鮮からの石炭の輸入禁止」を断行。

なぜ中国が今、北朝鮮に対して経済制裁を断行したのか?理由は、「アメリカの圧力に屈した」から。

先日の米中首脳会談で、中国はアメリカの圧力に屈し、北朝鮮への経済制裁を約束。

中国は以前から「北朝鮮の核開発」に反対していたので、おそらく「アメリカを後ろ盾にして、核開発をやめさせよう」という目論見もあるのでしょう。

しかし、中国の介入が、かえって北朝鮮を追い込む事となっています。

北朝鮮を暴発させることになりかねない・・かもしれません。

「北朝鮮と中国の関係・歴史を分かりやすく簡単に説明!なぜ仲良しなの?」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■戦争は起こってしまうのか?

アメリカと北朝鮮の戦争は、起こってしまうのでしょうか?

戦争勃発の確率は、「可能性はかなり高い」と言わざるを得ません。

理由は2つ。

「トランプ大統領が、開戦するまで追い込まれているから」

「北朝鮮が、対話で核とミサイルを放棄するわけがないから」

トランプ大統領が追い込まれている

先程の説明と似てしまいますが、トランプ大統領が追い込まれています。

大統領選挙で約束した政策、例えば「イスラム教徒の入国禁止」などに尽く失敗しているみたいですね。

そのため、結構支持率が低迷していると言われています。

以前「ブッシュ大統領」も、支持率低迷の最中に「イラクのフセイン政権」に戦争をふっかけていましたよね。

「内政面で失敗すると、対外的に強気に出る」

トランプ大統領の内政は、今後も失敗の連続だ!と予想されています。

そのため、北朝鮮相手に、トランプ大統領が暴発する可能性はかなり高い・・・・と言わざるを得ません。

北朝鮮に「対話」は無意味

アメリカと中国の、北朝鮮への要求は簡単

「核とミサイルの開発を放棄せよ」

これだけです。

しかし北朝鮮の言い分は、以下の通り

「自衛のために核とミサイルを開発している!それを放棄したら、北朝鮮はアメリカに滅ぼされる」

中国は「対話で解決せよ」と主張。

しかし、これまでアメリカは20年間、北朝鮮問題に対して対話での解決を試みてきました。

その結果が「北朝鮮の核と、大陸間弾道ミサイルの実験成功」という現実なのです。

日本からしても、拉致被害者救出は未だに実現していません。拉致被害者調査を約束した「ストックホルム合意」を、北朝鮮高官は

「日本が一方的に破棄した」

と主張していました。あまりにも馬鹿げた主張です!!

北朝鮮に対話は通用しません。そんなことはトランプ大統領もわかっているでしょう。

「核とミサイルを放棄させるには、武力行使しかない」

世界がそう気づくまでに、あまり時間はかからないと思われます。

遅くとも2年以内には、北朝鮮で有事が勃発してしまうでしょう。

・「北朝鮮戦争秒読みの2017年!最新の日本危険エリアは柏崎と大阪!」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・北朝鮮とアメリカの緊張状態が続いている。

・トランプ大統領は、内政低迷を誤魔化すために、北朝鮮を攻撃するかも。

・北朝鮮のミサイル・核の技術は、驚くべき速度で進歩している。

・北朝鮮戦争は、2年以内に発生するだろう。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る