wannacryの脆弱性に対する修正箇所はココ!Windows7とVistaはヤバイ?

世界同時サイバーテロ

利用されたコンピュータウィルスは「ランサムウェア・WannaCry」

古いOSの脆弱性を狙うコンピューターウィルス。

Windows7やVistaは、ヤバイのか?

どう修正すれば??


sponsored link


「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

世界同時サイバーテロ(ニュース・動画)

wannacryとは?

脆弱性の修正はどうすれば??

本日のまとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■世界同時サイバーテロ(ニュース・動画)

公式チャンネル「ANNnewsCHチャンネル」より

2017年5月12日、世界150カ国でサイバー攻撃が発生。

公共機関などのコンピューターが、突然ロックされ、身代金を要求されるという「ランサムウェア」に感染しました。

被害はヨーロッパが最も多く、日本でもJRや日立などの大企業が、この「ランサムウェア」の被害があるようです。

今回のサイバーテロの手口は、メールなどを利用して拡散され

「コンピューターが突然ロックされる。

3日以内に300ドルの身代金を、ビットコインで要求される

3日を過ぎると、7日目まで期日を延長されるが、2倍の身代金を要求される

要求に従わなかった場合、パソコンのデータが消去される」

というもの。「身代金支払い」は推奨されておらず、「バックアップデータ」を利用するようにとのこと。

「ランサム」とは「身代金」という意味らしく、金を要求する悪質なもの。

どうやら5月15日までに、20万件の被害が明らかになっているようです。

政府は、「送り主不明なメールは開かず、そのまま削除するように」と注意喚起をしています。

目次にもどる

■wannacryとは?

今回のサイバーテロで使用されたウィルスは、どうやら「WannaCry」という名前の「ランサムウェア」だそうです。

これはどういう特徴があるのか?

「WannaCry」は、「トロイの木馬」というタイプのウィルス。

「トロイの木馬」とは、「トロイ戦争」で有名な「トロイの木馬」らしく、一見すると「害のない代物」に見えるが、データを開くなどの引き金を引いてしまうと、中に隠されていたウィルスが活動を開始してしまう代物。

今回のサイバー攻撃では、不特定多数のコンピューターに対して、メールが送られ、その中にあるリンクをクリックしてしまうと、感染するタイプでした。

このトロイの木馬の、特徴としては、「引き金・トリガーを引くのは、犯人ではなく、被害者本人」ということがあげられるでしょう。

つまり、最も簡単な「WannaCry」の防ぎ方としては、「怪しいメールやファイルは開かない」ということ。

古いOSが標的にされた

「WannaCry」の特徴はもう1つあります。

それは「古いタイプのWindowsが標的にされている」ということ。

Windowsの脆弱性・・・・つまり、弱点を突くことで、被害が発生してしまう「WannaCry」

既にサポートが終了している「XP」「」「Server 2003」などで、被害が拡大しているみたいです。

Windows「」や「Vista」が被害を受けた!という報道はありませんが、注意が必要でしょう。

現在、Windows10では、被害が出ないことを確認しているということです。

でも、どうすれば、この「WannaCry」の被害を防ぐことができるのでしょうか?


sponsored link


目次にもどる

■脆弱性の修正はどうすれば??

では、Windows「XP」「」「Server 2003」、そして「」「Vista」を、どのように修正すれば、「WannaCry」の被害を受けずに済むのでしょうか?

XP」「」「Server 2003」はサポートが終了しています。

が・・・・どうやらマイクロソフトは、「WannaCry」の被害を受けてしまう可能性のあるOSに対して、一時的なサポートを復活させているみたいです。

しっかりと日本語でのサイトも用意されていました。

よろしければ、以下のリンクからご確認くださいませ。

マイクロソフト・ランサムウェア WannaCrypt 攻撃に関するお客様ガイダンス」はコチラ

コチラのサイトで、「XP」「」「Server 2003」、そして「」「Vista」についての修正箇所を解説してくれています。

ただ、「7」と「Vista」については、上手に翻訳されていないみたいなので、かなりわかりにくいです。

というわけで、「マイクロソフト・アップデートカタログ」も一応用意しました。

「XP」「8」「Vista」のWindowsアップデートカタログはコチラ

「7」のWindowsアップデートカタログはコチラ

これらアップデートを利用したとしても、サイバー攻撃のレベルが上がることもあり得ますので、どうか自己責任でお願い致します(T_T)

被害が出ても、拙僧は責任取れないッス(T_T)

何よりも、基本中の基本として「怪しいメールや添付ファイル、サイトを開かない」ということが大切になるでしょうね。

目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・世界中で、サイバー攻撃が発生した。

・サイバー攻撃の内容は、ランサムウェア「WannaCry」で、身代金を要求する

・攻撃対象は「古いタイプのWindows」

・修正箇所について、マイクロソフトが解説している。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る