北朝鮮をトランプはなぜ潰さない?3つの理由を超わかりやすく解説!

危機感高まる「北朝鮮問題」

アメリカのトランプ大統領は、なぜ北朝鮮を潰さないのか?

実は、容易に戦争をすることが出来ない理由が「3つ」もあった!

その、戦争できない3つの理由とは?

超分かりやすく解説しました!!

・「北朝鮮ミサイル発射で何分後日本のどこに落ちる?どこに避難すれば?」の記事はコチラ

sponsored link


「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

トランプ大統領と北朝鮮の情勢(ニュース・動画)

手詰まりなアメリカと、やりたい放題の北朝鮮

北朝鮮を攻撃できない「3つの理由」

本日のまとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■トランプ大統領と北朝鮮の情勢(ニュース・動画)

公式チャンネル「ANNnewsCHチャンネル」より

北朝鮮がミサイル発射

2017年5月14日早朝、北朝鮮がミサイルを一発発射しました。

発射したミサイルは、上空2000kmまで上昇し、その後日本海に落下。

これまで4度立て続けに失敗していた北朝鮮のミサイル実験は、成功しました。

向上する北朝鮮のミサイル技術

今回北朝鮮が発射したミサイルは、「ロフテッド方式」なる方法で打ち上げられました。

「ロフテッド方式」は、ミサイルをほぼ垂直に打ち上げ、上空2000kmから落下してくるため、飛距離は短いが、高さを利用して高速で落下してくるため、ミサイルなどで迎撃しにくいもの。

北朝鮮のミサイル技術の向上に、日本はミサイル防衛体制の見直しを迫られています。

一言で表すと「北朝鮮は、更に危険な存在になった」ということ。

対する、トランプ大統領の動き

北朝鮮に対して「核とミサイルを放棄するように」と要求してきたアメリカのトランプ大統領・・・ミサイル発射に対して何をしているかというと、ロシアに対して「北朝鮮は危険だ」と、警告とも取れるコメントを残したのみ。

中国と連携して、北朝鮮に対して経済制裁をしてきたアメリカ。ロシアも味方に引き入れたいのでしょう。

武力行使をチラつかせ、朝鮮半島に空母「カールビンソン」や「ロナルド・レーガン」を向かわせたにもかかわらず、アメリカ軍は静観を続けています。

・「北朝鮮戦争秒読みの2017年!最新の日本危険エリアは柏崎と大阪!」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■手詰まりなアメリカと、やりたい放題の北朝鮮

 

やりたい放題な北朝鮮

5月14日・・・北朝鮮は、ミサイル発射を強行!

実は北朝鮮を取り巻く情勢は、北朝鮮にとって好転仕掛けていました。

アメリカとの非公式対談の実現」「韓国での親北朝鮮派・文在寅の大統領就任

北朝鮮は、これら好転した情勢を全てぶち壊しかねない、ミサイル発射を実行しました。

なぜミサイルを発射した?

北朝鮮からすると、アメリカとの対談や、文在寅の大統領就任があったからと言って、おとなしくしているわけにはいかなかったのでしょう。

ここでミサイル発射を強行すれば、「北朝鮮はアメリカを恐れていない・開戦も望むところ」という、強い意思を世界にアピールできます。

そうなると、世界の「アメリカが大嫌いな勢力」は北朝鮮に対して支援をしてくれるかも・・・。

または、「韓国の文在寅大統領が、ミサイル発射にどのような姿勢で望むのか?」を見定めるためだった・・・とも言われています。

手詰まりになるアメリカ

アメリカは、これまで「武力行使もあり得るぞ」という強気な姿勢をアピールしてきました。

しかし、実際に北朝鮮を潰すことはせず、中国に圧力をかけて、北朝鮮に経済制裁を実施させました。

武力・経済制裁の両方を巧みに使い、北朝鮮が「核とミサイル」を放棄するように仕向けたのでした。

それでも北朝鮮は、音を上げず、結局トランプ大統領は「対話路線」へと作戦変更。

対話に路線変更した直後の5月14日、北朝鮮はミサイルを発射して威嚇してきたのです。

どうしてトランプ大統領は、武力に任せて北朝鮮を潰さないのでしょうか?


sponsored link


目次にもどる

■北朝鮮を攻撃できない「3つの理由」

どうしてこれほどまでにコケにされても、アメリカは北朝鮮を潰さないのか?

そこには3つの理由があります。

長距離砲

北朝鮮は、韓国との軍事境界線に、数百から数千の「長距離砲」を配備して、韓国の首都・ソウルを狙っていると言われています。

この長距離砲群は、北朝鮮が攻撃を受けた際に、ソウルへ報復攻撃をするためのもの。

これを受けると、ソウルでは「数十万人が亡くなる」と言われています。

つまり北朝鮮は、ソウル市民を人質に取っているのです。

核兵器

韓国には最大で30個の核兵器があると言われています。

人類史上、核保有国が敵国から攻撃を受けたことはありません。

核兵器・・・この最強の兵器が、抑止力となって北朝鮮への攻撃を諦めさせているのです。

中国

中国が、北朝鮮を守っているから、アメリカは北朝鮮を攻撃できないのです。

中国にとって北朝鮮には、韓国と在韓米軍から国土を守るための「盾」の役割があります。

北朝鮮が盾になってくれているおかげで、中国は軍を南シナ海や尖閣諸島に集中させて、拡大路線を取ることが出来ているのです。

実際中国は、アメリカが北朝鮮に武力行使することに大反対!

もし北朝鮮に攻め込もうとしたら、中国はおそらくアメリカを、武力をチラつかせて止めようとするでしょう。

 

以上3つの理由から、アメリカは北朝鮮を武力で潰す事が出来ないのです。

しかし、最近アメリカが本気で武力行使を検討していると噂されています。

詳しくは、よろしければ以下のリンク記事を御覧くださいませ。

「核兵器の攻撃を受けたら避難場所や子供対策は?各対処方法を徹底解説」の記事はコチラ
「北朝鮮と中国の関係・歴史を分かりやすく簡単に説明!なぜ仲良しなの?」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・北朝鮮が5/14に、ミサイルを一発、発射した。

・アメリカは、北朝鮮の行為に対して、批判のコメントをしただけ。

・アメリカが北朝鮮を攻撃できないのは、長距離砲・核・中国の存在があるから。

・しかし、最近アメリカは北朝鮮を攻撃しようとしていると、噂がある。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る